防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

CM紹介リリース 2016年11月26日

日本中からSOS。その時頼りになるのは、
孤高のヒーロー「スーパーグレート」より、やっぱりセコム!
セコム新テレビCM 『ヒーローの憂鬱 拠点数No.1』編 11月26日(土)からオンエア開始!

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山泰男)は、「セコム・ホームセキュリティ」の新テレビCM『ヒーローの憂鬱 拠点数No.1』編(30秒、15秒)を制作し、11月26日(土)から全国でオンエアを開始いたします。

セコムは、1981年に日本初の家庭用安全システム「セコム・ホームセキュリティ」の販売を開始し、現在は117万4000件(2016年9月末現在)のお客さまの安全を守っています。

今回の『ヒーローの憂鬱 拠点数No.1』編では、架空のヒーロー「スーパーグレート」が登場し、「スーパーグレート」の能力とセコムのサービス体制を比較し、セコムの信頼感をコミカルに訴求する仕上がりとなっています。

セコム テレビCM 『ヒーローの憂鬱 拠点数No.1』編ストーリー

ある日、「スーパーグレート」の基地に日本中からSOSが届きます。「スーパーグレート」の秘書が、興奮気味にそのことを伝えますが、「スーパーグレート」は、特に慌てる様子もなく、「私ひとりがすべての現場に行く方法はない」と開き直ります。

そこで秘書が、忍者の分身の術を提案。「スーパーグレート」もその気になって、秘書に教えられた忍者のポーズで「ニーーン」と大声で念じますが、そこにいるのは「ニーーン」のポーズで固まったままの「スーパーグレート」一人です。

そこで、画面が一転し、現場に急行するセコムの車両(ビートカー)が映し出され、次に業界No.1 の拠点数(約2800ヵ所)で日本全国をカバーするセコムのサービス体制が日本地図を使って表現されたところで、「一方、セコムなら、駆けつける力が違う」のナレーションが重なり、セコムの充実したサービス体制をしっかりアピールします。

新CM制作の意図

今回のCM制作にあたっては、これまでのCMで訴求してきた「信頼感」に加え、「親近感」も感じていただけるように心がけました。また、ここ数年のCMがセコムのブランドイメージを印象的に訴求する企業広告であったのに対し、今回は明確に「セコム・ホームセキュリティ」の優位性を訴求することを狙いとしました。そして、そのためのアプローチとして、架空のヒーローを登場させ、そのヒーローとの比較でセコムだからご提供できる“価値”を具体的にご紹介する手法をとりました。

実は、この手法はセコムにとって馴染み深いもので、過去には長嶋茂雄さんが本物の象を散歩させ、同じく散歩中の犬と比較し「番犬」ならぬ「番象」でセコムの安心感を訴求したCM「番象」編(1993年)があります。また、セコムに「番犬」としての役割を奪われて、ちょっと切ない犬の姿を役者の並樹史朗さんが、ユーモラスに演じた「番犬」編(2007年)などがあります。「番象」編は20年以上たった今でもお客様との会話に出てくることがあります。また「番犬」編は当時ネットを中心に好評を博すなど、どちらのCMも「セコム・ホームセキュリティ」の拡販に大きな役割を果たしました、そして今回は、比較の対象を現代風にパワーアップし、ヒーロー「スーパーグレート」となった次第です。

撮影レポート

「スーパーグレート」の撮影は、10月末に、横浜市にあるスタジオで行われました。そこは、倉庫のような巨大なスタジオで、室温もかなり低めでしたが、ピッチリのヒーロースーツに身を包み、強烈な照明の下で演技をする「スーパーグレート」は、時折体から湯気を出しながらの熱演でした。

監督経歴、受賞歴

今回のCMは、商品やサービスの特長をコミカルに表現するCM作りで、特に定評のある佐藤渉監督にお願いしました。

佐藤 渉監督プロフィール

2006年モンスターフィルムス入社
現在TYOクリエイティブセンターに所属
2013年Spikes Film Craft direction 金賞
2015年AdFest Film Lotus 金賞
2016年AdFest Film Lotus グランプリ、Cannes Lions film lions銀賞
ACCでディレクターとしてクラフト賞を受賞

CM放送予定

下記の提供番組に加え、11月26日(土)〜12月11日(日)の間、全国主要エリアでスポットCM(15秒)を実施します。

◎提供番組(2016年11月25日現在)*30秒バージョンで放送。すべて全国放送です。

  提供番組名 曜日 時間 局系列
地上波 ひるおび! 午前10時25分〜午後1時55分 TBS系列
ぴったんこカン・カン 午後7時56分〜午後8時54分 TBS系列

なお、以下の提供番組では、現在放送中のCMを継続して放送します。

報道ステーション 木曜日 午後9時54分〜午後11時10分 テレビ朝日系列
真相報道バンキシャ 日曜日 午後6時〜午後6時55分 日本テレビ系列

また、下記セコムホームページ内CM特設サイトで新CMをご覧いただけます。
http://www.secom.co.jp/cm-special/

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.