防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2016年11月7日
セコム株式会社

スポーツ・ムーブメントの盛り上げを加速するために
ラグビー部「セコムラガッツ」をシンボリックチームに認定
仕事とスポーツ競技の両立を志し、アマチュアリズムを突き通す

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、スポーツ・ムーブメントの盛り上げを加速していくため、社会人ラグビー部「セコムラガッツ」をシンボリックチームに認定し、全社を挙げて支援していくこととしました。

「セコムラガッツ」は、セコムグループの仲間として働く社員を中心に構成されており、1985年の設立以来「仕事とスポーツ競技の両立」を志し、社内の士気高揚に努めてきました。2003年には国内最高峰の「ジャパンラグビートップリーグ」創設期メンバーとして参画(通算3期所属)を果たし、現在は「トップイーストリーグDiv.1」で活動を行っています。「ラグビー」の愚直に前へと突き進む競技性は、創業以来、目標に向かって進化し続けてきたセコムの企業風土に合致しており、まさにセコムのシンボルであるといえます。

2008年度シーズン終了後、人材の育成、仕事との両立という創部当初の趣旨と、プロ化が進むラグビー界の流れとの違いもあり、一旦はチームの強化を中止しましたが、本年より新たにシンボリックチームに認定し、自社のスポーツチームを通じた社会貢献活動にも力を注いでいきます。人々の健康や充実感が増し、豊かな生活を営むことのできる「安全・安心」なコミュニティを醸成するため、「セコムラガッツ」は企業と地域、社会をつなぐプラットフォームとなり、スポーツ・ムーブメントの盛り上げにつながる新しい価値観を創出し、スポーツマンシップを強力に推進していきます。

セコムでは、公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会(東京都港区、会長:岡村 正)に、ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーとして協賛し、2014年度から女子日本代表(15人制・セブンズ)、2016年度からは男子日本代表(15人制・セブンズ)の活動を支援しています。さらに2016年度からはスーパーラグビー日本チームの運営法人である一般社団法人 ジャパンエスアール(東京都港区、代表理事:田代芳孝)にも協賛し、世界最高峰のリーグに挑戦する「サンウルブズ」のオフィシャルスポンサーとして活動を支援するなど、国内のラグビーカテゴリー全体を包括的に支える体制を構築してきました。

来たる2019年、ならびに2020年、さらにその先を見据えたスポーツ・ムーブメントを巻き起こし、セコムの仲間がその大舞台で活躍することを目標に掲げ、夢の実現に向けて全社一丸となって取り組み、熱い感動の渦を呼び起こしていきます。

参考資料

(1)チーム概要

■チーム名称セコムラガッツ
■名称の由来2003年の「ジャパンラグビートップリーグ」参入時に社内公募により決定。ラグビーそのものを意味する「Ruggur」と闘志・根性を意味する「Guts」を組み合わせた造語。「セコムらしく、闘志あふれるプレー」を体現。
■グラウンド所在地セコムラグビーフィールド
〒350−1335 埼玉県狭山市柏原富士塚308−1
■ウェブサイトwww.secom.co.jp/rugguts/
■ソーシャルアカウントtwitter.com/RUGGUTs
facebook.com/rugguts
■創部1985年
■過去最高位2005年「ジャパンラグビートップリーグ」10位
■全国タイトル2002年、2004年国民体育大会優勝(埼玉県代表単独チーム出場)
■チーム理念真摯に、紳士たれ。
■2016年度スローガンDiscipline(規律)

(2)チームジャージー


ホームゲームジャージー(1st)


ビジターゲームジャージー(2nd)

*写真のモデルは2016年度キャプテンの岡健二選手

(3)年度別チーム戦績

年度 所属リーグ 順位 シーズン後
1985 関東社会人4部 優勝 6 0 昇格
1986 関東社会人3部 優勝 6 0
1987 関東社会人3部 優勝 6 0 昇格
1988 関東社会人2部 3位 4 2
1989 関東社会人2部 優勝 6 0 昇格
1990 関東社会人1部 4位 4 3
1991 関東社会人1部 5位 3 4
1992 関東社会人1部 8位 1 6 降格
1993 関東社会人2部 2位 5 1
1994 関東社会人2部 優勝 6 0 昇格
1995 関東社会人1部 5位 2 4 *1分け挟む
1996 関東社会人1部 7位 2 5
1997 関東社会人1部 2位 6 1
1998 関東社会人1部 4位 3 4
1999 関東社会人1部 優勝 6 1 昇格
2000 東日本リーグ 7位 1 6
2001 東日本リーグ 4位 3 4
2002 東日本リーグ 5位 2 5 トップリーグ参戦
2003 トップリーグ 11位 3 8 降格
2004 トップイースト 優勝 9 0 昇格
2005 トップリーグ 10位 2 9
2006 トップリーグ 13位 2 11 降格
2007 トップイースト 2位 9 1
2008 トップイースト 5位 6 4
2009 トップイースト 11位 1 10
2010 トップイーストDiv.1 11位 3 8 降格
2011 トップイーストDiv.2 4位 3 3
2012 トップイーストDiv.2 優勝 7 0 昇格
2013 トップイーストDiv.1 10位 1 8
2014 トップイーストDiv.1 10位 0 9
2015 トップイーストDiv.1 10位 0 9
2016 トップイーストDiv.1 9位 1 6 *第7節終了時

問い合わせ先

本件に関するお問い合せは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 梶谷 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.