防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2016年10月26日
セコム株式会社

国際的な環境NGOのCDPが実施した“気候変動への対応に関する調査”で
最高評価の「気候変動Aリスト」企業に認定

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、国際的な環境NGOのCDPが実施した企業の気候変動への対応に関する調査において、最高評価の「気候変動Aリスト」企業と認定されました。

「気候変動Aリスト」とは、その企業活動が気候変動対応と戦略において世界のリーダーであると評価された企業に与えられるものです。
 本年、運用資産総額100兆米ドルに達する827の機関投資家を代表してCDPから送付された気候変動質問書に対して、自社の気候変動情報を開示した企業のうち世界で193社(国内では22社)がAリストに認定されました。

セコムは、「安全で快適な暮らしの基盤が地球環境の保全である」との認識のもとに、あらゆる事業活動において地球環境保全に配慮した行動を実践してきました。これまで、オフィスおよび車両に起因するCO2の排出削減活動を行ってきましたが、環境情報の開示においてもグループ企業だけでなく主要サプライヤーを含めた温室効果ガス排出量(スコープ3)の算定を行うなど、サプライチェーン全体での温室効果ガスの削減に努めてきました。これらの取り組みと成果が評価され、昨年の「気候変動情報開示先進企業(CDLI)」の認定に続いて、今回、最高評価のAリストに選定されたものと考えます。

また、昨年のCOP21での“パリ協定”締結並びに日本政府の「地球温暖化対策計画」を踏まえ、今年は「2030年度の温室効果ガスの排出量を、2013年度比で35%削減する」との中期目標を策定しました。今後も社員一丸となって環境課題への取り組みを継続し、持続可能な社会の実現を目指します。

(参考)CDP(旧称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)

2000年にイギリスで設立され、企業や都市の環境情報を測定・開示・管理・共有するグローバルシステムを提供する国際的な環境NGOです。100兆米ドルの合計運用資産を有する827の機関投資家を代表し、気候変動、水資源、森林などに関する質問書を通して全世界で5,800以上の企業・団体・都市に環境と資源に関する情報開示を求め、環境への影響を軽減する対策を働き掛けています。
 なお、本年度のCDPの調査結果「CDP気候変動レポート2016」はhttps://www.cdp.netにて公開されています。
 気候変動Aリスト企業の一覧とスコアは下記URLよりご確認ください。
https://www.cdp.net/en/research/global-reports/tracking-climate-progress-2016

問い合わせ先

プレスリリースに関するお問い合わせ

セコム株式会社 コーポレート広報部 安田・金平 TEL:03-5775-8210

CDP「Aリスト」認定に関するお問い合わせ

セコム株式会社 社会・環境推進部 深谷 E-mail:csr@secom.co.jp

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.