防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2016年10月12日
セコム株式会社
セコム上信越株式会社

9月23日から25日まで開催
「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」で
セコムの最新セキュリティシステムを提供
「セコム・ドローン検知システム」「セコム気球」を使った警備を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)とセコム上信越株式会社(本社:新潟県新潟市、社長:竹田正弘)は、9月23日(金)から25日(日)まで開催された「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」に「セコム気球」と「セコム・ドローン検知システム」の最新セキュリティシステムを導入しました。
 世界的にテロ事件が頻発している昨今、各国要人が参加する国際会議や多くの観客が集まるスポーツイベントなどにおけるさらなるセキュリティ対策が喫緊の課題となっています。
 これらの課題を解決するセキュリティ対策として、「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」に最新セキュリティシステムを使用しました。

(1)「セコム気球」で上空から地上を警戒

「セコム気球」を運用し、「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」の会場となった軽井沢プリンスホテル周辺に係留。「セコム気球」に搭載されたパンチルトズームカメラで上空から警戒にあたりました。

「セコム気球」に搭載されたパンチルトズームカメラで会場周辺を警戒

(2)「セコム・ドローン検知システム」で不審ドローンを監視

「セコム・ドローン検知システム」では、監視エリア内に侵入したドローンをレーダーが自動的に検知すると同時に、3D指向性マイクがレーダーで検知した方向の音を集音。レーダーと連動した近赤外照明付高速パンチルトズームカメラが飛行物体を自動で追跡し、ライブ映像を監視卓に表示することができます。
 本システムを、会場に設置し、不審なドローンの早期発見・対処を支援しました。

問い合わせ先

本件に関するお問い合せは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 竹内 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.