ダイバーシティの推進|CSRの取り組み|セキュリティのセコム株式会社-信頼される安心を、社会へ。-

基盤的CSR~社会から信頼される企業として~

「人財」の重要性

お客様と直に接するスタッフの知識や技能は、サービスの質や信頼性に直結します。セコムのセキュリティ事業の強みは、「よく訓練されたプロフェッショナルな人材」と「高度な技術力と情報通信基盤」を組み合わせることによる「安全・安心」のサービスであり、「人財」は欠かすことができない重要な要素です。

ダイバーシティの推進

セコムでは、多様な人材や価値観を取り入れ、新たな価値創造に活かすことが重要であるとの考えのもと、女性の活躍推進をはじめ、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。2017年10月には、「ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言」を行い、性別や国籍、年齢などを問わず、多様な社員一人ひとりを尊重し、それぞれが能力を最大限に発揮できる環境づくりを推進しています

<ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言>

  • セコムは、企業理念が浸透し規律を維持した組織のもとで、社員一人ひとりの違いを尊重し、人財の多様性を重視します。
  • セコムは、あらゆる社員が自信と誇りを持ち、元気に明るくイキイキと活躍できる企業を目指します。
  • セコムは、社員一人ひとりの更なる成長と、それぞれの強みの相乗効果を高めることで、革新的な価値創造に挑み続けます。

女性の活躍推進

社会全体で、女性が個々の能力を発揮し、さらに活躍するためには検討すべき課題が多くあると言われています。セコムでは、男女問わず全社員の意識改革を行うことが重要であると考え、「D&I推進担当」のもと、全国に配置した「女性の活躍推進担当」を中心に取り組みを加速させています。

画像:「女性の活躍推進サイト」

「女性の活躍推進サイト」

  • 専門セクション「D&I推進担当」による推進活動の実施
  • 社内ネットワーク形成・情報共有化のため、専用の社内サイトを開設
  • 広報誌・社内サイトなどによる社内のロールモデルの周知
  • 全社員の意識改革により、女性社員のみが行う慣行業務の廃止
  • 社内会議・各種プロジェクトにやる気がある女性を積極的に登用
  • 情報の共有化や研修などの人材育成による、女性の職域拡大
  • 上記の宣言は、厚生労働省のポジティブ・アクション「女性の活躍推進宣言」へ掲載しています。

セカンドステージプロモーション制度、高年齢社員の短時間勤務制度

セコムの定年は60歳ですが、社員のさまざまな人生設計に応じた選択肢のひとつとして、50歳から60歳の間で、本人の意志で自由に定年時期を選択できる「セカンドステージプロモーション制度」を導入しています。この制度により、退職金が優遇され、新たな仕事にチャレンジすることができます。また、本人と会社のニーズが合致した場合は、セコムをはじめとするグループ各社への再就職を、積極的に支援しています。

さらに、定年再雇用社員に対しては、「短時間勤務制度」を設置し、高年齢社員の短時間勤務を実施することで、より働きやすい環境を用意しています。

障がい者の雇用促進、活躍推進

特例子会社*のセコムビジネスプラス(株)を設立し、雇用を促進しています。また、ダイバーシティ基本方針に基づき、必要に応じて手話通訳者の手配や支援機器・ソフトを配置するなど、個別にきめ細かく対応しています。

さらに、障害というダイバーシティを活かした新たな価値を創造し、企業の成長に資する新たな障がい者雇用モデルの確立などを目的とした一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム(ACE)に参画しています。

  • 特例子会社...障がい者の雇用を促進する目的で作る子会社のこと。

新たな障がい者雇用モデルの構築をめざして

写真:新たな障がい者雇用モデルの構築をめざして

セコムでは、障がいというダイバーシティを活かした新たな価値を創造し、企業の成長に資する新たな障がい者雇用モデルを確立することなどを目的とした活動にも参画しています。

障がい者が活躍できる職場環境の積極的な構築をめざし、企業連携やロールモデルの検討・紹介、産官学との連携などの活動を通じて、勤務意欲のある障がい者に対する就労支援の実現に取り組んでいます。

ダイバーシティの推進。セコムのCSRの取り組みについて紹介しているページです。セコムは、経済面、環境面、社会面の活動を通じて、「企業と社会が共に持続的に発展することが重要である」という考え方を根底におき、創業以来、事業を通じて社会・環境課題の解決に努めています。