技能とサービス向上のための取り組み|CSRの取り組み|セキュリティのセコム株式会社-信頼される安心を、社会へ。-

基盤的CSR~社会から信頼される企業として~

「人財」の重要性

お客様と直に接するスタッフの知識や技能は、サービスの質や信頼性に直結します。セコムのセキュリティ事業の強みは、「よく訓練されたプロフェッショナルな人材」と「高度な技術力と情報通信基盤」を組み合わせることによる「安全・安心」のサービスであり、「人財」は欠かすことができない重要な要素です。

技能とサービスの向上のための取り組み

セコムは、お客様に高品質のセキュリティサービスを提供するために、「安全のプロ」としての業務遂行能力・技術力・お客様へのサービスのさらなる向上をめざす人材育成に取り組んでいます。

グレード教育制度

セコムのセキュリティスタッフ*は、「安全のプロ」として、実務知識や高度な技術力、正確な業務遂行能力を身につけていなければなりません。そのため、セキュリティスタッフには、それぞれの業務に必要な知識や技能を高める「グレード教育」を実施しています。スタッフの習得の度合いは、適時行う審査によってグレード1から4までの4段階であらわされ、スタッフ一人ひとりが真のプロフェッショナルの証である最高位のグレード4をめざして、日々知識と技能を高めています。審査の結果は、給与や昇級に反映されます。

  • セキュリティスタッフ...セキュリティサービスを提供する現場で仕事をしている緊急対処員、常駐警備員、現金護送隊員のこと。

システム行動コンテスト

「システム行動」とは、セキュリティスタッフがお客様の安全と、自らの身の安全を確保するために定められた一連の行動のことです。セコムでは、長年の経験を生かした独自の「システム行動」を確立し、お客様に安心感を与えるとともに犯罪を抑止するものとして、日々「システム行動」の訓練を行い、技能の向上に努めています。その成果を確認するために、2012年度は全国No.1を決める「システム行動コンテスト」を開催しました。上位者は、社内表彰制度により表彰され、コンテストの結果は昇級に反映されます。

写真:システム行動コンテスト

寸分違わぬ正確な基本動作を披露

写真:システム行動コンテスト

基本通りの巡回業務を披露

セキュリティドライビング、安全・安心運転達成賞

写真:セキュリティドライビング、安全・安心運転達成賞

車両事故の撲滅はセキュリティ業務の根幹

社会の安全を脅かし、人の生命を危険にさらす交通事故や違反は、反社会的行為として厳しく追及し、撲滅しなければなりません。

一方で、お客様のもとへ駆けつけるための車両の走行は、セキュリティ業務の根幹と言えます。そこで、セコムグループでは、全社員に対して社会の安全を脅かす車両事故を撲滅するための「セキュリティドライビング」を実施し、一定の走行距離で無事故無違反を達成した社員を表彰しています。

また、これまでの個人表彰に加え、2012年度からは1年間を通じて無事故・無違反を達成した事業所を表彰する「安全・安心運転達成賞」を新設しました。

技能とサービス向上のための取り組み。セコムのCSRの取り組みについて紹介しているページです。セコムは、「企業と社会が共に持続的に発展することが重要である」という考え方を根底におき、社会・環境課題の解決に努めています。