セコムの環境保全活動|CSRの取り組み|セキュリティのセコム株式会社-信頼される安心を、社会へ。-

基盤的CSR~社会から信頼される企業として~

セコムの環境保全活動

中長期目標と実績

地球温暖化は、強大な台風や集中的な豪雨、異常な熱波、海面上昇などの気候変動を招き、農作物への被害、生態系への影響などにより、社会全体の持続的な発展を脅かす恐れがあります。このためセコムは、2008年からCO 2排出の削減をKPI(主要業績評価指標)として地球温暖化防止に取り組んできました。2016年度の車両とオフィスの地球温暖化防止活動による環境保全効果は、775トンありました。しかし、温室効果ガスの排出実績は、事業拡張と気候の影響により対前年比2.8%増加し81,533トンでした。

中長期目標の策定

短期目標(従来の削減目標):2020年度まで、CO2>排出を、毎年1.5%継続的に削減する。中期目標:2030年度の温室効果ガス排出を、 2013年度比で35%削減する。長期的にめざす姿:2050年に向けて温室効果ガス排出の80%削減をめざす

世界196の国と地域が合意した「パリ協定」の発効ならびに日本政府の「地球温暖化対策計画」を踏まえ、従来の2020年までの削減目標に加えて、SBT(科学的な根拠に基づいた削減目標)を考慮して、セキュリティ事業グループの新たな2030年中期目標を策定しました。

さらに、世界の平均気温の上昇を2℃未満に抑えるために、2050年に向けてセコムグループ全体で温室効果ガス排出の大幅削減を目指します。

中期目標と実績

グラフ:中期目標と実績
  • 温室効果ガス排出量は、毎年報告年度のCO 2換算係数を用いて算出。
  • (株)アサヒセキュリティがグループ入りしたため、2013年度に遡って修正しています。
グラフ:2016年度 CO2排出量の内訳(車両燃料使用量、電力使用量)

地球温暖化防止対策 ~スコープ3の算定と温室効果ガス削減~

温室効果ガス(Green House Gas)の排出量は、GHGプロトコルという世界的に認められた算定ガイドラインによると、「スコープ1、2、3」に区分され、排出量の範囲を示します。

スコープ1は自社の事業活動による直接排出。スコープ2は電気の使用のように事業所では排出がないものの発電所での間接的な排出。スコープ3はサプライヤーによる部品製造や物流の外部委託など、社外における間接排出が含まれます。

セコムは2013年度からサプライヤー各社にセコム向け商品・サービスに関する温室効果ガス排出量(スコープ1,2,3)の算定を依頼しています。当初は数社からの回答でしたが、地球温暖化防止活動の協業への理解が進むにつれて、年々算定に参加していただく会社数は増え、2017年度は購入金額ベースで約76%を占めるサプライヤー各社から、温室効果ガス排出慮の算定を報告いただいています。

また、セキュリティ事業におけるスコープ1,2,3排出量は、検証機関による温室効果ガス排出量の第三者検証を受けています。

環境保全コスト・効果 - セキュリティ事業グループ -

セコムでは、環境保全に要した投資額・費用と効果を定量的に把握して、より適切な環境保全活動を行うために「環境会計」に取り組んでいます。詳しくは、「ESGデータ 環境編」の3ページをご覧ください。

セコムのCO2排出量。セコムのCSRの取り組みについて紹介しているページです。セコムは、経済面、環境面、社会面の活動を通じて、「企業と社会が共に持続的に発展することが重要である」という考え方を根底におき、創業以来、事業を通じて社会・環境課題の解決に努めています。