グローバル展開|CSRの取り組み|セキュリティのセコム株式会社-信頼される安心を、社会へ。-

戦略的CSR~社会課題の解決に向けて~

グローバル展開

セコムグループはセキュリティをはじめ防災、メディカル、地理空間情報サービス事業を海外にも展開し、現在19の国と地域で「安全・安心」を提供しています。海外でも高まる安心ニーズに対して地域に応じたサービスを展開し「ANSHIN」を世界の共通語にしたいと考えています。

英国セキュリティサービスの提供体制を強化

写真:英国セコムPLCのコントロールセンタ
英国セコムPLCのコントロールセンター

2017年3月、英国のセコムPLCは北アイルランドでオンライン・セキュリティシステムの販売・設置・保守を行っているスキャンアラーム社の全株式を取得しました。

これにより、英国全土でセキュリティサービスを直接提供できる体制を構築しました。

台湾で「セコムドローン」が海外初飛行

台湾にあるグループ会社、中興保全股份有限公司は、2017年9月に「世界情報技術産業会議」のパラレルイベントとして、ショールームで自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」の海外初となるデモンストレーション飛行を実施しました。

  • 世界情報技術産業会議:IT産業の応用と発展の促進を目的とする国際会議。

中国家電メーカー・ハイアール社と業務提携

写真:中国・青島市で行われた調印式
中国・青島市で行われた調印式

セコムは2017年5月、中国・青島を本拠地とする海爾集団(以下、ハイアール)と中国のホームセキュリティ市場開拓の戦略的パートナーシップを結びました。セコムの高品質なセキュリティサービスとハイアールの高級マンション・住宅市場での営業力を活かし、商品開発などを共同で進め、中国のご家庭に安全を提供します。

ミャンマーで「セコム気球」が海外初運用

ミャンマーにあるグループ会社、ミャンマーセコム(株)は、2017年9月に開催された「第14回世界華商大会」でセコムグループとして海外初の実運用となる「セコム気球」で上空から警戒を行い、安全な運営に貢献しました。

  • 世界華商大会:世界中で活躍する華商と開催国の財界・国民との交流に寄与することを目的に開催される会議。
グローバル展開。セコムのCSRの取り組みについて紹介しているページです。セコムは、経済面、環境面、社会面の活動を通じて、「企業と社会が共に持続的に発展することが重要である」という考え方を根底におき、創業以来、事業を通じて社会・環境課題の解決に努めています。