セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 「あんしんプラットフォーム」構想に基づくセコムグループの取り組み > 国際会議、大規模スポーツイベントで「安全・安心」を提供

〈戦略的CSR〉〜社会課題の解決に向けて〜
国際会議、大規模スポーツイベントで「安全・安心」を提供

外国からの要人が参加する国際会議や多くの観客が集まる大規模なスポーツ競技大会・イベントでは高いレベルのセキュリティが求められます。セコムでは国や地方自治体、イベント主催者にセキュリティを提供し、安全な開催に貢献しています。

「G7伊勢志摩サミット」と関係閣僚会合でセコムの最新セキュリティシステムが活躍

写真:セコム飛行船

「G7伊勢志摩サミット」では
「セコム飛行船」が会場周辺を警戒

写真:「セコム気球」

「G7茨城・つくば科学技術
大臣会合」で上空から
会場周辺を警戒する
「セコム気球」

写真:常駐警備員

常駐警備員がウェアラブルカメラを装着して巡回を実施
(「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」)

2016年5月に開催された「G7伊勢志摩サミット」およびそれに付随して開催された関係閣僚会合のうち、「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」、「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」において、セコムの各種最新セキュリティシステムが採用され、安全な運営に貢献しました。

「G7伊勢志摩サミット」では開催前の2日間、三重県志摩市で係留型「セコム飛行船」を飛行させ、不審者・不審船などの監視を行いました。

同じく5月の「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」では「セコム気球」を初めて実運用し、会場上空に係留。そのほか「セコム・ドローン検知システム」、会場周辺の監視カメラの無線ネットワーク化、巡回警備員へのウェアラブルカメラ装着なども行いました。

9月開催の「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」では「セコム気球」と「セコム・ドローン検知システム」を採用いただきました。

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 「あんしんプラットフォーム」構想に基づくセコムグループの取り組み > 国際会議、大規模スポーツイベントで「安全・安心」を提供

ページの先頭へ

ホームセキュリティ防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラ防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書