写真:小松菜

小松菜は江戸っ子!?関東風雑煮に欠かせない!

クセのない味わいで、和え物、煮物、炒め物など幅広く使われる小松菜。東京都江戸川区の小松川地区で作られていたことから、江戸時代に「小松菜」の名がついたと言われ、古くから関東地方では親しまれ、正月の関東風雑煮には欠かせない食材です。現在も東京、埼玉、千葉など関東地方での生産が盛んで、生産量の上位を関東地方が占めています。
ハウス栽培も盛んで、1年中店頭に出回りますが、旬は12~3月の冬。「冬菜」「雪菜」とも呼ばれています。寒さに強く、霜にさらされることにより、葉が厚くやわらかくなり、甘みも増しておいしくなります。

特徴を活かした品種改良が盛ん

関東で主に栽培されてきた小松菜ですが、全国各地に特有の種類があります。福島県の「信夫(しのぶ)菜」、新潟県の「大崎菜」、大阪の「黒菜」などが、その地方で親しまれています。
やわらかくクセのない小松菜は、その特徴を活かした品種改良も盛んです。小松菜とキャベツをかけ合わせた「千宝(せんぽう)菜」は、葉がやわらかく甘みがあります。小松菜と青梗菜をかけ合わせた「べんり菜」、ターサイとかけ合わせた「ちょうほう菜」は、その名の通り、漬物から炒め物まで手軽に使えます。また、「つまみ菜」は、小松菜を若芽のうちに摘み取ったもの。そのまま生でサラダにしたり、おひたしや漬物などにも利用されます。

写真:小松菜

カルシウムと鉄分の含有量は、ほうれん草以上!

小松菜は栄養価の高い食材です。特にカルシウム鉄分は、同じく栄養価の高い食材として知られるほうれん草よりも多く含まれています。カルシウムは骨や歯を上部にしたり、ストレスへの抵抗力を高めるはたらきがあります。鉄分は貧血を予防しますが、小松菜には鉄分の吸収を高めるビタミンCも豊富に含まれているので、より効果が期待できます。
皮膚や粘膜を強くし、身体の抵抗力を高めて風邪を予防するβカロテンも豊富。βカロテンは油と一緒に摂取すると吸収が高まるので、炒め物にすると良いでしょう。体内の余分な塩分を排出し、高血圧を予防するカリウムも豊富です。

葉に厚みがあり、みずみずしいものを選ぼう!

小松菜を選ぶときは、葉に厚みがあり、緑が濃くてみずみずしく、茎の根元がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。根付きのものは、根がしっかりと長いものが良品です。葉先が少し変色しているものは、露地栽培ものなので、味が良い証拠。外葉がしなびていたり、黄色く変色しているものは鮮度が落ちているので避けます。
保存するときは、乾燥に弱いので濡らした新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で根元を下にして、立てて保存します。ほうれん草よりも保存が利かないので、2日ほどで食べきるようにしましょう。食べきれないときは、固めにゆでて食べやすい大きさに切り、小分けにして冷凍保存すると便利です。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん


スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

クセがなくて食べやすい小松菜。アクが少ないので下ゆでが不要で、そのまま鍋や汁物の具にしたり、炒め物も素早くできる便利な食材です。新鮮なものは加熱せずにそのままサラダにしてもおいしくいただけます。葉と茎では火の通り方が違うので、火の通りにくい茎の部分から調理すると、均一に仕上がります。小松菜はカルシウムを豊富に含みますが、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDを多く含むキノコ類や卵などと一緒に食べると良いでしょう。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ