女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第263回 通勤・通学中に地震発生!覚えておきたいシチュエーションごとの対処法

第263回 通勤・通学中に地震発生!覚えておきたいシチュエーションごとの対処法

今日9月1日は「防災の日」。地震や台風などの災害についての認識を深め、対処する心構えを準備するための日として制定されました。未曾有の大災害として今も記録に残る「関東大震災」(大正12年)が起きた日に由来しているそうです。自分や大切な人の命を守ることができるよう、防災の知識を身につけておきたいですね。

2018.9.1更新

画像

いつどこで発生するかわからない大地震。
自宅や会社に災害時の備えをしている方は多いと思いますが、通勤・通学中など、移動中に地震が起きることも考えられます。
2018年6月18日に発生した大阪北部地震は、朝の通勤・通学時間と重なり、駅や路上でも混乱が起きました。
今回は、移動中のさまざまなシチュエーションごとに「身を守る行動」をご紹介します。

もしもこんな場所で地震が起きたら?

[シチュエーション1]住宅街を歩いているとき

住宅街は建物が密集していて、ブロック塀や門、自動販売機や電信柱など、倒壊の危険性があるものがたくさんあります。また、屋根瓦やガラスなどの落下物にも気をつけましょう。
頭をバッグや上着などでガードして、ブロック塀や建物のそばからすぐに離れる
・切断して垂れ下がっている電線には触れない
・大きな揺れが収まったら、公園や広場など、近くに建物がない広い場所に避難する

[シチュエーション2] オフィス街や繁華街を歩いているとき

オフィス街で心配なのは、ビルの窓ガラスや外壁のタイルなどの落下物。繁華街では、店の看板やネオンなどが落下・転倒したり、古い建築物が倒壊したりすることが考えられます。
・その場で立ち止まらず、頭をバッグや上着などでガードしながら建物からできるだけ離れる
・大きな揺れが収まったら、公園や広場など、近くに建物がない広い場所に避難する
・近くに広くて安全な場所がなければ、耐震性の高い鉄筋コンクリートのビルに避難する

[シチュエーション3] 地下街にいるとき

地上より揺れが少なく、比較的安全な場所である地下街。建物内のようにフロアそのものが押しつぶされるようなリスクは少ないので、慌てて外に出ようとパニックにならないことが大切です。一般的な地下街には60mごとに非常口が設置されています。ひとつの出口に殺到すると危険です。状況を見極め、行動するようにしましょう。
・ショーウインドーのガラスや展示物からは離れ、通路の中央や太い柱のそばなどに身を寄せる
・揺れが収まってから、落ち着いて避難
・係員の指示があれば、それに従う

[シチュエーション4] エレベーター内にいるとき

エレベーターは、安全機能が備えられた設計になっていますので、慌てずに行動しましょう。また、避難するときは、エレベーターは使用しないようにしましょう。
・揺れを感じたら、すぐに行き先階のボタンをすべて押し、最初に停止した階で降りる
・自動的に最寄り階で停止するエレベーターの場合は、扉が開いた階で降りる
・万が一、閉じ込められたら、非常用のインターホンで通報して、救助が来るのを待つ

[シチュエーション5] 電車やバスに乗っているとき

電車やバスでは、揺れを検知すると直ちに停止することになっており、急ブレーキになる場合もあります。また、避難時は乗務員の指示に従いましょう。
・立っている場合は、手すりやつり革をしっかり握って転倒しないようにする
・座っている場合は、姿勢を低くして頭をバッグなどでガードする
・揺れが収まっても窓を開けて外に出るなどせず、その場で乗務員の指示を待つ

[シチュエーション6] 車を運転しているとき

急ブレーキによる玉突き事故やスピンなど、交通事故のリスクが考えられます。落ち着いて操作することが大切です。
また、緊急車両通行の妨げになるので、避難時は車を使用しないようにしましょう。
・ハザードランプを点灯して徐々に減速し、前後の車に注意しながら道路の左側に停車
・エンジンを切って、揺れが収まるまでは車外に出ず、カーラジオで災害情報を確認する
・避難するときはキーをつけたままにし、窓は閉めてロックはしない
・連絡先のメモを残し、車検証などの貴重品を持って徒歩で避難

いざ地震が起きると、知識として知っていても、そのとおりに行動できないこともあります。
まずは、日常にあるシチュエーションごとに、防災行動を具体的にイメージしてみることが大切です。

いつもバッグに入れておきたい防災アイテム

自宅やオフィス、学校には防災グッズを準備していても、移動中に手に入らず困ってしまうことも考えられます。"もしも"に備えて、最低限必要のアイテムをバッグに入れておくと安心です。

<あんしん防災アイテム>
□ スマートフォンのモバイルバッテリー
□ 常備薬
□ 緊急連絡先のメモ
□ 生理用品
□ 非常食(キャンディなど)
□ 飲料(飲みかけのペットボトルでもOK!)
□ ミニライト
□ ホイッスルもしくは防犯ブザー
□ バンソウコウ
□ ウエットティッシュ

注目コラム pick up !