セコムは、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー(セキュリティサービス&プランニング)として、「安全・安心」な大会運営に貢献します。

SCROLL

セコムとオリンピック・パラリンピックのあゆみ THE HISTORY of SECOM with Olympic and Paralympic Games

1964年の東京オリンピックの選手村の警備からはじまり、セコムは、過去のオリンピック・パラリンピック競技大会でも、「安全・安心」な大会運営に貢献しています。

1964 東京オリンピック Tokyo 1964 Olympic Games

1962年の創立2年後の1964年10月、東京オリンピックが開催。前年の12月から、東京・代々木の選手村の警備を担当しました。無事故でこの大役を果たしたことから、社会に警備保障会社の存在が広く知られることになるとともに、高い評価と信頼を得て、飛躍のきっかけとなりました。

1972 札幌冬季オリンピック Sapporo 1972 Olympic Winter Games

1972年2月、北海道札幌市で札幌冬季オリンピックが開催されました。札幌冬季オリンピックでは、競技会場の駐車場や周辺の交通整理などの警備を担当。連日マイナス10度以下の厳しい天候の元での警備になりましたが、東京オリンピックに続き、無事故で幕を閉じ、その重責を果たしました。

1998 長野冬季オリンピック・パラリンピック Nagano 1998 Olympic and Paralympic Winter Games

1998年2月、長野県長野市で長野オリンピック・パラリンピックが開催されました。日本で3回目(夏季1回、冬季2回)の開催となったこの大会でも、選手村をはじめとした27の運営・競技会場で警備を行いました。

2012 ロンドンオリンピック・パラリンピック London 2012 Olympic and Paralympic Games

2012年7月から開催されたロンドンオリンピック・パラリンピックでは、卓球やレスリング、柔道、フェンシング、ボクシング、ウェイトリフティングなど7種目の競技会場となった「エクセル」の警備を行いました。

2020 東京オリンピック・パラリンピック