伊與田 正晃
入社年月日 2007年
大学の専攻 バイオエンジニアリング
現所属グループ ソフトウェア開発G
これまでのキャリア 2007年 ATM盗撮検知システムの開発

2008年 振り込め詐欺防止システムの開発

2010年 NVRシステムの開発

2013年 韓国エスワンにて3D監視カメラシステムの
     開発

2014年 小型飛行ロボットシステムの開発

 


Q1 仕事内容を教えてください。

画像処理技術を利用し、侵入者を自動検知するための画像センサーシステムを開発しています。現在の仕事は、画像センサーの性能を改善するための新しいシステム仕様の作成や試作したシステムのソフトウェアチェック(修正が必要な場合、プログラミングすることも)です。

  

Q2 プライベートの時間の過ごし方を教えてください。

仕事の後や休みの日は同期や寮のメンバーとお酒を飲みストレスを発散させています。寮住まいなので、部屋や食堂に集まることが多いです。寮には留学生もいて、国際色豊かです。また、大学の友人と会ったり、留学経験を活かし翻訳や通訳のボランティア活動に参加したりすることもあります。写真:伊與田 正晃

Q3 入社後の研修について教えてください。

入社と同時に研修センターに集合し、「入社時研修」が始まります。
この研修では、社会人としてのマナーを始め、セコム社員として基盤となる考え方・商品知識・現場業務についての講習を受けます。私は、セキュリティ業界には全く馴染みがなかったので、研修で学んでいくこと全てが新鮮で勉強になりました。また、座学だけではなく実際に体を動かして学ぶ講習も多く、メリハリがある密度の濃い研修であったと思います。
そしてなによりもこの研修で、同期や教官たちと寝食を共にし、学んでいく中で、これから一緒に会社を盛り上げていきたいという大きな目標を持つことができました。

数ヵ月後には「フィールド(現場)研修」があります。
フィールドの仲間と行動を共にして、業務を体験します。セコムのモノづくりは、常に現場を意識する必要があります。これから自分たちが開発する機器やシステムが現場でどのように使用されているかを理解したり、現場社員の意見を聞いたりして、今後の業務に役立てていきます。現場の第一線で活躍するプロ意識の高い先輩社員に出会えたことは、大きな収穫になりました。

Q4 学生の皆さんへメッセージをお願いします。

周りに流されずに自分に合った企業を探してください。 よく言われることですが、就職活動は恋愛に似ていると思います。自分のスキルも大切ですが、相性やタイミングも重要です。相手のことをよく理解した上で積極的に活動を進めていきましょう。
そして最後はやはりパッションです!頑張ってください。

図:伊與田正晃 ある一日のスケジュール

↑このページの先頭へ