林 俊映
入社年月日 2006年
大学の専攻 機械工学
現所属グループ ファームウェア開発1G
これまでのキャリア 2006年 T-AXシステムの開発

2007年 DXシステムのマルチ回線対応

2008年 新DXシステムの開発

2009年 AXシステムのBB対応

2010年 NXシステムの開発開始

2011年 Gカスタムの開発

2012年 Gカスタムの機能追加

2013年 NXシステムの開発

2014年 指静脈認証システムの開発

2015年 小型飛行監視ロボットの開発

 


Q1 志望動機を教えてください。

幼い頃からもの作りが好きで、自分の学んできたことを生かしたもの作りのできる仕事に就きたいと思っていました。そんなとき、多くの人々に安心・笑顔を届けることができ、社会に役立つ商品の開発をしているセコムを知りました。
もの作りを通して社会に貢献できる環境であり、自分自身、高いモチベーションを持ち続けることができると感じ、セコムに決めました。

Q2 仕事内容を教えてください。

ハードウェアの基本的な制御を行うため、機器に組み込まれたソフトを開発しています。 仕様設計を作成しているチームから提示された仕様書に基づいて、ファームウェア開発作業を行います。また、仕様書を受け取るだけではなく、ファームウェア開発1Gの意見も伝え、仕様変更要求等のフィードバックも行っています。写真:林 俊映

Q3 職場の雰囲気を教えてください。

個人作業が多いため、活気に溢れた職場というよりも落ち着いた雰囲気です。定期的にチーム内で勉強会を開き、お互い指摘し合うことでチーム全体のモチベーションを 上げています。 また、リーダーシップをとれる人が多いので私も前向きな目標を持つことができます!

Q4 入社後に技術アップを図るため、どんなことをされていますか?

ソフトの知識や経験が全くなかった自分がソフト開発チームへの配属となり、当初は大きな不安を抱えていました。しかし、資格がなくても全く問題ありません!
定期的に行われる勉強会や社外セミナーへ参加することができるので、着実に技術力を身に付けられています。自分が行きたいと思っているものは上司の承認を得て参加していますが、上司も積極的にセミナーに参加するよう勧めてくれます。まだまだ半人前ですが日々、経験を積み成長をしていきたいと思っています。

図:林俊映 ある一日のスケジュール

↑このページの先頭へ