SECOM RUGGUTs

ルールガイド


ルールガイドタイトル
フィールド
フィールド図
ポジション
フォワード
プロップ スクラム最前列で身体を張るPRは猪突猛進型に見えるが、近年は高いパス能力とフィットネスも必要とされる
【イノシシ】
フッカー 身体を張りながらも冷静にゲームを考えることが要求される。ラインアウトスローなど細かいスキルも求められる
【チンパンジー】
ロック ラインアウト・キックオフの中心となり、空中戦の鍵を握る
【キリン】
フランカー 狙った獲物は逃さない。運動量に注目
【ジャッカル】
ナンバーエイト パワーとスピードでボールを前に運ぶ
【ゴリラ】
バックス
スクラムハーフ 小気味いい動きでボールを裁き、ボールがあるところに顔を出す神出鬼没なプレーヤー
【ネズミ】
スタンドオフ チームメートに指示を与え、ゲームをコントロールする百獣の王
【ライオン】
センター ボールキャリーにタックルに、アタック・ディフェンスのキープレーヤー
【バッファロー】
ウィング ボールをもったらそのスピードで一気にゴールラインへ
【ダチョウ】
フルバック グランド全体を見渡し、空いているスペースを狙いすます
【タカ】
ポジション図
得点
試合時間:前後半40分ハーフ。計80分間行う。
トライ5点
攻撃側が相手側のインゴールにボールをグラウンディングすることで得点となる。
コンバージョン2点
トライ後、トライした側がゴールポストに向けてキックし、ゴールポストのクロスバーを越えれば得点が加算される。
◎トライ 5点+コンバージョン 2点=7点
ペナルティゴール3点
反則(ペナルティ)が起こった地点からゴールキックを行うことができる。ゴールポストのクロスバーを越えれば得点となる。
ドロップゴール3点
プレーの最中に、一度地面にボールを落とし、バウンドしたボールをキック(ドロップキック)がゴールポストのクロスバーを越えれば得点となる。
用語
スクラム
スクラム
ラインアウト
ラインアウト
モール
モール
キックオフ
試合開始、ハーフタイム後の試合再開時、また得点後にハーフウェイラインからドロップキックを蹴って行う。
スクラム
ノックオンやスローフォワードなどが起きた後に、両チームのFW8人ずつが組み合って行うプレー。8人と8人の力がぶつかり合う迫力のあるシーン!!
ラインアウト
ボールやボールを持っている選手がタッチラインの外へ出た場合に、両チームが2列に並んで行うプレー。そして、タッチライン外からボールを投げ入れる選手(スローワー)の投入ボールを奪い合う。ボールを奪い合う選手(ジャンパー)を下からリフトすることで空中での戦いとなる。
モール
ボールを持った選手が相手1人以上に捕まり(ボールを保持したチーム2人と相手チーム1人)、空中にボールがある密集した状況のことを言う。特にラインアウトにおいて、戦術的にモールプレーが用いられることが多い。
ラック
ボールが地面上にあり、その上に両チーム1人以上が立って組み合っている状況を言う。ラック内にあるボールは、足を使って掻き出すことは可能だが、手を使用してはいけない。
フリーキック
フェアキャッチ(自陣ゴール前22mライン内で、相手のキックしたボールをキャッチしながら「マーク」と叫ぶこと)や軽い反則が発生した際に、反則を犯していないチームへ与えられるキック。
ゴールキックを選択することはできない。
ペナルティキック
ノットリリースザボールや危険なプレーなど重い反則が発生した際に、反則を犯していないチームへ与えられるキック。
反則を犯した地点から
・ゴールキック
・スクラム
・タッチへ蹴りだす
・タップキックから攻撃
を選択。
反則を犯したチームは、素早く10メートル下がらなければならない。
10メートル下がらずプレーした場合は反則となる。
→ ペナルティキック 【ノット10メートルバック】
ノーサイド
試合終了を意味する。
アドバンテージ
反則が起きた際に、反則を犯していないチームに有利な状況(アドバンテージ)であった場合、レフリーは直ちに笛を吹かず、競技を継続することを言う。
反則
ノックオン
ボールが選手の手または腕にあたり、ボールが前方(相手デッドボールライン方向)に進んでしまうこと。
 → スクラム
スローフォワード
選手が前方(相手デッドボールライン方向)にボールを投げること。
 → スクラム
ノットストレート
【スクラム】スクラムに真っ直ぐボールを投入されなかったこと。
 → フリーキック
【ラインアウト】ラインアウトに真っ直ぐボールを投入されなかったこと。
 → スクラム又は、相手ボールでのラインアウト
ハンド
 ラックやスクラムの中にあるボールを手で使い取り出す、掻き出す行為。
 → ペナルティキック
オフサイド
 選手がボールを持ってプレーした場合に、その選手の前方にいる味方の選手はオフサイドプレーヤーとなり、プレーに参加できません。オフサイドに位置する選手がプレーした場合、その選手は反則になりる。  また、防御側はスクラムなどのセットプレーやラック・モールの場合では、オフサイドラインを超えてプレーした際に反則となる。
 → ペナルティキック
オーバーザトップ
 ラックでボールの上に倒れこみ、相手チームのボール獲得を妨害する行為。
 → ペナルティキック
ノットリリースザボール
 タックルされた選手は地面に片膝もしくは両膝が付いた場合直ちに、ボールを離さなければならない。ボールを離さず保持し続けていた場合反則。
 → ペナルティキック
コラプシング
 スクラムやモールを故意に崩す行為。
 → ペナルティキック
シンビン
 危険な行為や度重なる反則をした場合に、イエローカードが出され競技時間10分間の一時的退出となる。
 ‘Sin’が罪、‘Bin’が箱、置場という意味。
ハイタックル・スティファームタックル
 相手の首を腕で引っ掛ける危険なタックルのことをいう。
 → ペナルティキック
スタンピング
 地面に倒れている相手選手に対して、足で踏みつける行為。
 → ペナルティキック
ルールガイド ゲームプラン
ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部