SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2015年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第8戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2015-2016

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦
●第10戦


ゲームフォト

mixiチェック
試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第8戦

セコムラガッツ  38 中国電力  38
開催日 2015年7月11日(土) キックオフ 15:00
天候 晴/無風 開催地 コカ・コーラウエスト広島スタジアム
レフリー 落田 佳宏(関西協会A2) 観客数 300人

観戦記のタネ

涼しい気候の続いた関東から早朝のフライト。広島は晴天、気温33度の中、春のチャレンジマッチ。
中国電力は昨季トップキュウシュウ2位、トップチャレンジで釜石シーウェイブスに10点差の惜敗。
実力上位の相手にファイトし勝利を手にすることができるか。5時起床の当日遠征が始まった。
序盤は開始早々の3分、帝京大から加入のルーキーNo.8河口駿の個人技で先制トライを奪われる。
20分にはハイパントからスピードあるバックスにカウンターを浴びて追加点。0-12と追いかける展開。
攻め込みながらスコアできないラガッツは24分、CTB貴島良太が相手のトリックプレーを読んだ。
ドロップアウトからのキックオフで逆に展開してきたボールをインターセプトし、そのままトライ。
勢いづいたラガッツは敵陣での試合運びを続け38分、FL森耕太郎が角度でラインブレイクしトライ。
本郷が難しいゴールキックを決めて12-12の同点に追いついた。悔やまれるのはこの後だ。
前半終了間際。ゴール前5mのスクラムでブラインドを空けるとこのにボールを運ばれ簡単にトライ。
結局12-17とリードされてハーフタイムを迎えた。後半は風下。キックを使わず攻め続けたい。
後半立ち上がり、ラガッツは中盤での相手ペナルティからSH向井康洋がチョン蹴りから速攻。
ディフェンスをかいくぐりながら、ゆらゆらと前進するとそのままインゴールまで持ち込んでトライ。
ゴールも決まり19-17と逆転に成功する。さらにこの日はフォワードが優勢でゲームを支配した。
7分、連続攻撃からPR武田将也がトライ。モールからトライを返され同点になるも迎えた22分。
ヤンボールスクラムを押してペナルティを奪うと再び速攻。No.8山下誉人が突進し、CTB姫野拓也へ。
姫野がステップを切ってトライ、31-24と再び勝ち越すも26分、中国電力河口のトライで再び同点。
とどめを刺して勝利をつかみたい。勝って成長したい。34分、SO松本聖が抜け出しゴール前へ。
ラック、途中出場のNo.8杉本耀が飛び込む。トライ、貴島のゴール決まり38-31と三度勝ち越し。
このまま逃げ切れるか。しかし40分、ラガッツが取られるときはいつも簡単だ。ゴール真下にトライ。
38-38、ドロー。死闘と聞けば響きはいいが最後は大味だった。勝ちきれなかったが負けなかった。
春は2勝5敗1分けという成績でフィニッシュ。誉められた数字ではないが、自信は手にした。
トップイースト勢相手には全敗だったが、これまで歯が立たなかった領域の相手に善戦した。
勝てずに成長するのはこれが最後。ここからは勝利のみを追求する。シーズンまで残り2カ月。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

1.梅月信吾バックスコーチ
梅月信吾バックスコーチ
2.FB加藤祐太
FB 加藤祐太
3.SH向井康洋
SH 向井康洋
4.SH向井康洋
SH 向井康洋
5.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
6.PR武田将也
PR 武田将也
7.WTB本郷伸太郎
WTB 本郷伸太郎
8.WTB本郷伸太郎
WTB 本郷伸太郎
9.WTB納谷大将
WTB 納谷大将
10.SH鳥飼雅文
SH 鳥飼雅文
11.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
12.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
13.PR中島崇裕
PR 中島崇裕
14.CTB姫野拓也
CTB 姫野拓也
15.SO松本聖
SO 松本聖
16.WTB納谷大将
WTB 納谷大将
17.LO海老沢洋
LO 海老沢洋
18.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
19.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
20.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
21.CTB貴島良太
CTB 貴島良太
22.CTB貴島良太
CTB 貴島良太
23.SO松本聖
SO 松本聖
24.小俣圭輔総務
小俣圭輔総務
【PHOTOGRAPHED BY Yuca Shiga】
試合結果ナビゲーション
mixiチェック

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部