SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2015年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第7戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2015-2016

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦
●第10戦


ゲームフォト

mixiチェック
試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第7戦

セコムラガッツ  53 ブルーシャークス  14
開催日 2015年7月5日(日) キックオフ 14:00
天候 曇り/無風 開催地 県営熊谷ラグビー場
レフリー 川尻 竜太郎(日本協会A1) 観客数 530人

観戦記のタネ

30周年行事という完全なるホームアドバンテージに後押しされ、選手は今季初めて躍動した。
絶対に負けられない試合でありながら、前後半でメンバーを総入れ替え。33選手を送り込んだ。
まずは前半の15人。主導権を握り、なるべくリードを広げてから後半にバトンをつなぎたい。
序盤は7分、WTB今井優大がスペースで勝負し先制トライ。14分にはモールを押し込み立道。
湯上裕盛のゴールは外れたが先手を取れた。メンバー当落選上の選手にとってはサバイバル。
ケガから復帰の丸山隆正、トップリーグを知るベテランすらレギュラーは自分でつかむしかない。
ところが25分、モールで1トライ返され、反撃ののろしを上げられると、その丸山がシンビンに。
チームバランスは崩れ、苦しい時間帯が続く。それでも41分、決めたのはFL藤田大吾だった。
よく走り、相手の動きを見て出足を止める。タックルも素晴らしいが周りのフォローも忘れない。
この1トライが効いた。前半を19-7とリードして折り返すと後半のメンバーが一気に爆発した。
キックオフから継続して攻め立てる。FB本郷伸太郎が豪快に突進しノーホイッスルトライ。
2分にはライン際を駆け抜けWTB川崎康隆、11分にはLO西川匠のトライで36-7と突き放す。
怒濤の連続アタック。立ってつなぎ、真っ直ぐに前に出る。こんなラガッツを見たかった。
1トライを返されるも勢いに乗るラガッツはNo.8山下誉人が強さを見せてインゴールを陥れる。
37分にはゴール裏へ転がしたボールを拾ってWTB谷口崇人がトライ。スピード感のある猛攻。
39分には古巣との対戦に鼻息荒い本郷がこの日2トライ目。計9トライ、53点の大勝となった。
試合前に行われたOBマッチはロスタイムの劇的勝利でNECを下し、イベントに花を添えた。
スクールの子どもたちも見守る中、選手は勝利が義務付けられた試合でのびのびとプレーした。
昨年の同時期、狭山で一つ下のリーグに所属するブルーシャークスに7-33と惨敗を喫した。
思えば昨年はあそこから歯車が狂った。試合前夜、藤田は語っていた。
「どんなメンバーでも、どんな試合展開でも、負けたらあかん試合。格下には負けたらあかん」
結果が違っていたら、今年もラガッツは何かを失っていたかもしれない。今年は勝ちきった。
身内もサポーターも大人も子どももOBも、今年のラガッツには期待を抱いたはずだ。
この日の模様は7月9日(木)、テレビ埼玉「ごごたま」の中のスポトピのコーナーで紹介される。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

1.LO西川匠
LO 西川匠
2.No.8 杉本耀
No.8 杉本耀
3.SH 鳥飼雅文
SH 鳥飼雅文
4.LO 立道裕昭
LO 立道裕昭
5.PR 中島崇裕
PR 中島崇裕
6.CTB姫野拓也
CTB 姫野拓也
7.SO松本聖
SO 松本聖
8.山賀敦之総監督
山賀敦之総監督
9.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
10.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
11.WTB川崎康隆
WTB 川崎康隆
12.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
13.PR武田将也
PR 武田将也
14.FL撫佐俊介
FL 撫佐俊介
15.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
16.PR武田将也
PR 武田将也
17.長井達哉スキルコンダクター
長井達哉スキルコンダクター
18.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
19.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
20.WTB森井涼太
WTB 森井涼太
21.FB本郷伸太郎
FB 本郷伸太郎
22.集合写真
集合写真
23.集合写真
集合写真
24.WTB益子仁紀
WTB 益子仁紀
【PHOTOGRAPHED BY HIROKI TAKAMI】
試合結果ナビゲーション
mixiチェック

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部