SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2015年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第4戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2015-2016

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦
●第10戦


ゲームフォト

mixiチェック
試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第4戦

セコムラガッツ  24 東京ガス  71
開催日 2015年6月7日(日) キックオフ 12:00
天候 晴/微風 開催地 東京ガス大森グラウンド
レフリー 前田 輔(日本協会A1) 観客数 250人

観戦記のタネ

東京ガスという相手は云うまでもなく強敵だ。選ばれし素材が揃い、高卒ラガーも鍛え上げられている。
高速でワイドなパス回し、よく走りグラウンドを広く使い、バックスでフィニッシュまで持っていくスタイル。
ラガッツはなかなか太刀打ちできずにいる。相手のペースに飲まれ、自分たちのラグビーができない。
昨季は0-84、一昨季は8-60、その前の対戦が0-76、その前も0-76。完膚なきまでに叩かれてきた。
今年こそは成長の爪痕を残したいチャレンジマッチ。だが開始34秒、電光石火の先制トライを献上する。
ノーキックでペナルティから速攻、そのスピードに対処する間もなく、相手のリズムでゲームが動く。
ラガッツはHO吉田竜二が抜け出し敵陣深くに入るも、二人目のフォローが遅れてターンオーバー。
FL藤田大吾の好タックルからチャンスを作るも、ゴール前マイボールのラインアウトを取られる始末。
FB松本聖からWTB本郷伸太郎、二人でつないで裏に抜けるもノックオン。前半を5-42で折り返した。
ハイパフォーマンスな集団にならなくてはならない。世界に通用するスキルを習得している段階。
だが、スキルの前にいつまでもマインドが欠乏していては、勝てるチームには到底なれっこない。
負けて笑う。下のボールをセービングする前に足が出る。その程度のチームがここで勝てるわけがない。
100点ゲームも覚悟した後半、交代で入ったメンバーがひたむきにプレーして反撃きっかけを作る。
後半26分、敵陣ゴール前のスクラムでコラプシングを奪うとNo.8山下誉人が速攻を仕掛けトライ。
ディフェンスも耐えた。後半は25分まで相手を2トライに抑えた。低いプレー、泥臭い方がカッコいい。
30分にはCTB貴島良太がインターセプト、一度は奪われるが、CTB石橋秀基が再びパスカット。
入社14年目の36歳、今季からCTBに挑戦するベテランは40分にもインゴールに飛び込み2トライ。
相手のギアが上がった終盤に失点がかさみ、11トライを奪われる大敗となったが見せ場は作った。
24-71、どんな局面でも、相手でも、体を張れる選手と軽いプレーに走る選手の差が如実に出ていた。
自分からタックルにいかないと止まらない。どんなリスクがあるか、試合を頭でイメージできないと辛い。
4戦を終えて勝ち星は格下相手のひとつのみ。秋の本番までに埋めるべき課題は時間との戦いになる。
それでも昨季の公式戦で一度もなし得なかった4トライを奪ってみせた。成長を感じながら前を向く。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

1.SO貴島良太
SO 貴島良太
2.PR中島崇裕
PR 中島崇裕
3.HO吉田竜二
HO 吉田竜二
4.HO吉田竜二
HO 吉田竜二
5.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
6.WTB加藤祐太
WTB 加藤祐太
7.WTB加藤祐太
WTB 加藤祐太
8.CTB姫野拓也
CTB 姫野拓也
9.FB松本聖
FB 松本聖
10.FB松本聖
FB 松本聖
11.SH鳥飼雅文
SH 鳥飼雅文
12.LO 西川匠
LO 西川匠
13.FL撫佐俊介
FL 撫佐俊介
14.SH向井康洋
SH 向井康洋
15.CTB石橋秀基
CTB 石橋秀基
16.CTB石橋秀基
CTB 石橋秀基
17.CTB石橋秀基
CTB 石橋秀基
18.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
19.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
20.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
21.WTB森井涼太
WTB 森井涼太
22.SO小野木匠
SO 小野木匠
23.FL黒木亮次
FL 黒木亮次
24.LO兼村広大
LO 兼村広大
【PHOTOGRAPHED BY Aki NAGAO】
試合結果ナビゲーション
mixiチェック

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部