SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2015年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第1戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2015-2016

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦
●第10戦


ゲームフォト

mixiチェック
試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第1戦

セコムラガッツ  7 中部電力  38
開催日 2015年5月17日(日) キックオフ 13:00
天候 晴/微風 開催地 中部電力日進総合グラウンド
レフリー 丸山 智一(岐阜協会) 観客数 300人

観戦記のタネ

3月7日に始動したラガッツ。5年でトップリーグ昇格を掲げた新チームの初陣は愛知遠征から始まった。
中部電力との試合は公式戦、練習試合問わず創部30年にして、初めての顔合わせとなる。
この日はマッチメークに尽力いただいたセコム中部本部の社員を中心に100名を超える応援団を結成。
久々の生観戦を楽しんだ。中部での試合は2004年トップチャレンジまでさかのぼる。実に10年ぶりだ。
中部本部長である福満純幸執行役員は、セコムラグビー部の一期生。後輩たちの成長に目を細めた。
昨季は1試合平均失点が53.6点。ディフェンス強化に励んできた成果がどこまで見られるか。
序盤、小気味よくボールを動かし敵陣に入ったラガッツは8分、敵陣ゴール前ラインアウトからモール。
一気に押し込むがオブストラクションで先制ならず。その後危ないシーンが続いたが好タックルで凌ぐ。
0−0の均衡が破れたのは前半29分、中部電力のモールを止めきれずとうとう先制トライを献上する。
直後のプレーでアクシデントが発生。LO丸山隆正が相手と接触でラグビー人生初の脳震盪に。
翌日の検査で脳に異常はなかったが、前半のうちにルーキー・兼村広大を投入する布陣となった。
反撃に転じたいラガッツはターンオーバーを繰り返すも、ボールを奪ってからの切り返しが上手くない。
SHからのキック、SOからのキックがダイレクトでエリアを戻され、自陣でプレーする時間が延々続いた。
終了間際に2トライを追加され、0−19と点差を拡げられてハーフタイムを迎えた。
後半もモールを押し込まれて先に失点。後半4分で26点差をつけられてしまう。
17分にもトライを奪われ、前半途中まで堪えていたディフェンスが機能しきれない。
一矢報いたいラガッツは20分、後半から入ったHO新井幸輝がビッグゲイン。ゴール前まで迫る。
最後はCTBに入っていた加藤祐太がインゴールへ運びトライ。ようやくスタンドから歓声が上がった。
せっかく休みの日にラガッツを一目見ようと集まった観客には物足りなさも映っただろう。
それでも、チームはスタートして10週目。まだ試行錯誤の段階にあり、悲観することは何もない。
次に愛知に来たときは、もっともっと強くなったラガッツの姿を見せられるはずだ。
課題を確実に克服、同じ過ちは繰り返さない。勝ちも負けも本番に向けた大切な過程とすればいい。
ルーキーで唯一スタメン出場を果たしたのは明治出身のNo.8山下誉人。持ち味の突破力を発揮した。
だがスタンド観戦の母は「なんやのん、あんなどんくさい走りして」。関西のおかんは目が肥えている。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

1.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
2.WTB納谷大将
WTB 納谷大将
3.WTB納谷大将
WTB 納谷大将
4.FB加藤祐太
FB 加藤祐太
5.HO吉田竜二
HO 吉田竜二
6.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
7.No.8山下誉人
No.8 山下誉人
8.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
9.SH向井康洋
SH 向井康洋
10.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
11.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
12.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
13.HO新井幸輝
HO 新井幸輝
14.CTB貴島良太
CTB 貴島良太
15.LO兼村広大
LO 兼村広大
16.WTB谷口崇人
WTB 谷口崇人
17.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
18.CTB湯上裕盛
CTB 湯上裕盛
19.CTB秋葉友幸
CTB 秋葉友幸
20.岡本信児ヘッドコーチ
岡本信児ヘッドコーチ
21.No.8杉本耀
No.8 杉本耀
22.福満純幸氏(OB)
福満純幸氏(OB)
【PHOTOGRAPHED BY Shinya TANAKA】
試合結果ナビゲーション
mixiチェック

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部