SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2013年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第5戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2013-2014

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦


ゲームフォト

mixiチェック
試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第5戦

セコムラガッツ  14 大阪府警察  12
開催日 2013年9月1日(日) キックオフ 13:00
天候 雨/弱風 開催地 JR西日本神戸総合グラウンド
レフリー 東野 竜平(関西協会) 観客数 80人

観戦記のタネ

開幕を2週間後に控えた、本番前最後のプレシーズンマッチは、片道5時間の日帰り遠征となった。
まだトップリーグに籍のあった、2006年以来となる関西でのゲーム、時折激しい雨に見舞われた。
相手は17年ぶりの対戦となる大阪府警察。昨季はトップウエストAで、3位の中部電力と僅差の4位。
サイズがあり、それなりにタレントも揃う。攻守とも独特のスタイルを築き、手を焼くチームも多い。
リーグ戦では秋田・八橋遠征がある。チームとして経験しておきたかった遠征の足枷、ハンデ。
案の定、序盤はラガッツの動きが悪い。明らかに走れていない。チャンスは作るがスコアできない。
11分、ゴロパントをインゴールで抑えられ先制トライを許すと19分にはブラインドをあっさり抜かれる。
0−12でハーフタイム。リーグ一のロータックルを標榜するラガッツより府警のタックルは低く刺さった。
こういうじりじりした展開を打破できなければ、本番で格上に勝つシーンをイメージするのは難しい。
「自分で走ろうと思わないと走れない」「ボールをガンガン動かす」「ボール争奪の喧嘩で勝ってこい」。
明快な指示のもと、積極果敢なアタックでチャンスを作りはじめたラガッツ。リザーブ8人を順に投入。
それでも、ここでパスしておけばというシーンで突進、ハンドリングミス。どうしてもスコアを奪えない。
試合時間は残り1分。ここから劇的なドラマが待っていた。キャプテンCTB今村六十が執念の突進。
途中出場のWTB益子仁紀がタックルを外しながら、追撃のトライ。5−12、だがもう時間がない。
プレースキッカーの本郷伸太郎は、ドロップキックでゴールを決め7−12。レフリーはノータイムを宣告。
次にゲームが途切れたらそこで試合終了だ。府警のキックオフで再開。ラガッツはクリーンキャッチ。
もう蹴れない、もう切れない。自陣から回してつないで前進を重ねるのみ。堪らず府警がペナルティ。
ラガッツは速攻を仕掛ける。こちらも途中出場のCTB湯上裕盛がラインを突破。ゴールラインに迫る。
ラストパスを受けたのはFB加藤祐太、ず抜けたスピードでディフェンス網を切り裂き、中央にトライ。
12−12、同点。キッカーの本郷が落ち着いてゴールを決め14−12、逆転。そしてノーサイドを迎えた。
「まちがいなく良い方向に進んでいる。我々には帰る家があるから思い切って戦える」(安藤敬介監督)
今季、トップチャレンジ進出も狙える位置の相手とのマッチメークを実現させたのは姫野拓也だ。
ラガッツ不動のCTBとしてバックスを率いる姫野。その実兄が大阪府警察にいた。背番号5、姫野慶太。
たがいに33歳と31歳になって、初めて実現した兄弟対決。「いやぁ、不思議。しびれました 笑」(姫野)。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

01.PR山賀敦之
PR 山賀敦之
02.青野淳之介トレーナー
青野淳之介 トレーナー
03.SH池田健斗
SH 池田健斗
04.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
05.CTB姫野拓也副将
CTB 姫野拓也 副将
06.LO丸山隆正
LO 丸山隆正
07.SO松本聖
SO 松本聖
08.OB西田和夫氏
OB 西田和夫 氏
09.WTB石橋秀基
WTB 石橋秀基
10.FB加藤祐太
FB 加藤祐太
11.FL渡邉庸介
FL 渡邉庸介
12.CTB姫野拓也副将
CTB 姫野拓也 副将
13.SH向井康洋
SH 向井康洋
14.WTB益子仁紀
WTB 益子仁紀
15.SO小野木匠
SO 小野木匠
16.FL森耕太郎
FL 森耕太郎
17.FL佐藤雄太
FL 佐藤雄太
18.WTB益子仁紀
WTB 益子仁紀
19.WTB本郷伸太郎
WTB 本郷伸太郎
20.PR海老沢洋
PR 海老沢洋
21.CTB湯上裕盛
CTB 湯上裕盛
22.FB加藤祐太
FB 加藤祐太
23.FL佐藤雄太
FL 佐藤雄太
24.CTB今村六十 主将
CTB 今村六十 主将
【PHOTOGRAPHED BY AKI NAGAO】
試合結果ナビゲーション
mixiチェック

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部