SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2012年度試合日程/結果 > プレシーズンマッチ第1戦 観戦記のタネとゲームフォト

プレシーズンマッチ
2012-2013

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦


ゲームフォト

試合結果ナビゲーション

プレシーズンマッチ第1戦

セコムラガッツ  42 明治安田生命  21
開催日 2012年6月3日(日) キックオフ 14:00
天候 晴れ/微風 開催地 明治安田生命グリーンランド
レフリー 鈴木 正史(日本協会A1) 観客数 30人

観戦記のタネ

雪解け間近の北の空を仰ぎ見つつ2月18日、どこよりも早く始動した2012年のセコムラガッツ。
この10年、不動の2番としてスクラムの屋台骨を支えてきたHO安藤敬介。
32歳の若さでジャージーを脱ぐとそのまま新監督に電撃就任した。
強化中止からの3シーズンを振り返り、いまチームにテコ入れが必要な部位にメスを入れる。
厳しい環境の中でやっている、それが言い訳になり、むしろ甘えとなり、規律や信念がぶれ始めた過渡期。
なんのために戦う。誰のために走る。
昨季の3勝3敗という不本意な結果が、ラガッツの現状を如実にあらわしていた。
いま一度チームを束ね、「熱源」というスローガンに相応しいラガッツを取り戻すため。
春合宿は遠出せず、地元・狭山に巣ごもりの基礎体幹強化。
そして6月、初めての対外試合を迎えた。
相手は昨年の開幕戦でよもやの大敗を喫した明治安田生命。
この時期、昨年との違いを見せ付ける場。リベンジは果たさねばならない宿命。
序盤はラガッツの新バックスラインが豪快に火を噴く。
ルーキーCTB湯上裕盛がしなやかに、されど馬力ある突進でトライを奪う。
自ら角度のないゴールも次々に決め、キッカーとしても計算できることを証明してみせた。
FWも負けていられない。ポスト安藤の座を海老沢洋と争う吉田竜二が密集サイドをえぐりトライ。
釜石から移籍して2年目。フィールドプレーには定評のある吉田が得意のプレーでアピールする。
あっという間に21−0、ワンサイドゲームにしてみせた。昨年までとはまるで違う。
しかし、ここからつまらないミスを失点に直結させてしまう悪癖が顔をのぞかせる。
前後半で失ったトライは3つ、21失点。
後半3トライを積み増し、スコアの上ではダブルスコアにまとめたラガッツ。
それでも指揮官は笑顔で合格点をつけた。
初戦、攻める姿勢。こだわりたかった部分を試合で表現できた。感じたのはたしかな手ごたえ。
明確なターゲットを見据え、日々の地道な強化は続く。
【the author BRAVO.K】

ゲームフォト

1.LO 立道裕昭
LO 立道裕昭
2.WTB 秋葉友幸
WTB 秋葉友幸
3.PR 木下貴之
PR 木下貴之
4.LO 沢口高正
LO 沢口高正
5.CTB 湯上裕盛
CTB 湯上裕盛
6.CTB 湯上裕盛
CTB 湯上裕盛
7.CTB 姫野拓也
CTB 姫野拓也
8.LO 沢口高正
LO 沢口高正
9.No.8 西川 匠
No.8 西川 匠
10.FL 小俣圭輔
FL 小俣圭輔
11.No.8 西川 匠
No.8 西川 匠
12.WTB 益子仁紀
WTB 益子仁紀
13.SO 松本 卓
SO 松本 卓
14.LO 丸山隆正
LO 丸山隆正
15.WTB 秋葉友幸
WTB 秋葉友幸
16.HO 海老沢 洋
HO 海老沢 洋
17.No.8 西川 匠
No.8 西川 匠
18.SH 池田裕道
SH 池田裕道
19.WTB 石橋秀基
WTB 石橋秀基
20.PR 中村功知
PR 中村功知
21.HO 海老沢 洋
HO 海老沢 洋
22.HO 吉田竜二
HO 吉田竜二
23.CTB 姫野拓也
CTB 姫野拓也
24.監督 安藤敬介
監督 安藤敬介
【PHOTOGRAPHED BY AKI NAGAO】
試合結果ナビゲーション

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部