SECOM RUGGUTs

2008年
トップイーストリーグ11

●第1節
●第2節
●第3節
●第4節
●第5節
●第6節
●第7節
●第8節
●第9節
●第10節


試合日程/結果

セコムラガッツ  43 JALウィングス  6
トップイーストリーグ11 第1節 開催地 セコムラグビーフィールド
開催日 2008年9月6日(土) キックオフ 17:00

 9月6日(土)に行われました「トップイーストリーグ11」開幕戦JALウィングスとの試合は43−6と幸先よい白星スタートを切りました。
セコムラグビー部1:NO8タワケ選手
ゴール前での強さを発揮したNO8タワケ選手
セコムラグビー部2:CTBカラン選手
決定力の高さを見せつけたCTBカラン選手
セコムラグビー部3:NO8フィマオノ選手
後半に交代出場。流れを変えたNO8フィマオノ選手
 試合開始直後は、JALが試合のペースを掴む展開で、ペナルティゴールで先制されます。しかし、その後はミスが目立つも着実に相手陣に攻め込みトライを重ねていきます。前半10分、敵陣ゴール前ラインアウトモールからNO8タワケが左中間にトライ(FB長井G成功)、7−3と逆転すると、前半15、32、39分とFWを中心としてトライを奪い前半スコア24−3として折り返します。
 前半目立ったのは新加入NO8ジョネ・タワケ選手でした。南半球の世界最高峰プロリーグ「スーパー14」でも活躍した期待の新戦力が挨拶代わりのパフォーマンスを見せました。
 「豪州とはラグビーの質も考え方も違います。日本のプレーに慣れるにはもう少し時間が掛かるでしょうが、まずはチームメートの特徴を理解し、セコムの目標とコーチの狙いをよく理解して戦っていきたいです」(タワケ選手)。明るい性格で、すでにチームのムードメーカー的存在のタワケ選手です。今季のラガッツ浮沈の鍵を握る一人といっていいでしょう。
 後半は、前半と同様にJALのペナルティゴールが成功し、24−6と詰め寄られます。後半開始から流れの悪かったラガッツを奮起させたのが、途中出場のNO8フィマオノとCTBカランでした。入替後、そこからラガッツに3本のトライが生まれます。
 NO8タワケから交代したNO8フィマオノが、自陣ラガッツボールペナルティの速攻から背後へショートパント、同じく後半から登場したCTBカランがルーズボールをインゴールに持ち込み左中間にトライ(FB長井G成功)、31−6とし得点差を広げます。後半25、39分とまたもCTBカランが2本のトライ、この試合計3本のトライを決めラガッツに必要不可欠な決定力をアピールしました。
  前半はFWによる得点、後半はBKが活躍する試合内容になりました。最終スコア43−6として次週の試合へと移ります。試合途中では、ゲリラ豪雨の降る場面もあり、ミスやキックが多く目立ちましたが、終了間際には、アップテンポなラガッツらしいラグビーを展開する事ができました。
 次回は、9月14日(日)群馬県・高崎浜川陸上競技場で日野自動車との対戦になります。皆様の厚いご声援を宜しくお願いいたします。




セコムラグビー部4:勝利を祝う選手達
開幕戦を白星で飾った部員達

セコムラガッツ   JALウィングス
前半 後半 得点 前半 後半
4 3 T 0 0
2 2 G 0 0
0 0 PG 1 1
0 0 DG 0 0
24 19 3 3
43 合計 6
8 反則 14
セコムラガッツ アキ JALウィングス
トライ ゴール ペナルティゴール ドロップゴール プレーヤー ノート ポジション トライ ゴール ペナルティゴール ドロップゴール プレーヤー ノート
    山賀 敦之  (PR)     荒木 直文 
    安藤 敬介前15分 (HO)     塩川 貴之 
    田村 義和  (PR)     保坂 真哉 
    西川 匠  (LO)     國崎 康生 
    生沼 知裕  (LO)     吉川 祐介 
    小松 元気  (FL)     藤本 智久 
    渡邉 庸介  (FL)     露木 健也 
    ジョネ タワケ前10,32,38分 (NO8)     オファ  トペニ前37分シンビン
    神尾 卓志  (SH)     安藤 洋功 
    升本 草原  10(SO)     大下内 健治 
    石橋 秀基  11(WTB)     松永 康司 
    アンドリュー ブラウン  12(CTB)     川端 栄二 
    姫野 拓也  13(CTB)     アラスカ タウファ 
    鈴木 貴士  14(WTB)     大河原 亮高 
    長井 達哉G4/7,PG0/1 15(FB)     新村 恒芳2/2
    種本 直人  16(R)     宮地 紳也 
    小松 学  17(R)     由野 正剛 
    堀越 健介  18(R)     堀切 輝一 
    ジョシュア フィマオノ  19(R)     山畠 昇 
    樋口 勝也  20(R)     升舘 廣範 
    ティモシー カラン後19,25,39分 21(R)     鈴木 亮介 
    白藤 友数  22(R)     阿部 達也 
凡例
後半11分2.安藤 → 16.種本 交替 後半20分9.安藤 → 20.升舘
後半12分8.タワケ → 19.フィマオノ 後半26分14.大河原 → 22.阿部
12.ブラウン → 21.カラン 後半30分1.荒木 → 16.宮地
後半18分1.山賀 → 17.小松学 後半35分6.藤本 → 19.山畠
後半20分6.小松元 → 18.堀越 後半39分3.保坂 → 17.由野
後半23分13.姫野 → 22.白藤   
後半26分9.神尾 → 20.樋口   

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部