SECOM RUGGUTs

2007年
トップイーストリーグ11

●第1節
●第2節
●第3節
●第4節
●第5節
●第6節
●第7節
●第8節
●第9節
●第10節
●プレーオフ

2007-8年トップチャレンジシリーズ2

●第2節
●第3節


試合日程/結果

セコムラガッツ  81 栗田工業  7
トップイーストリーグ11 第6節 開催地 セコムラグビーフィールド
開催日 2007年11月3日(土・祝) キックオフ 13:00

セコムラグビー部1:CTBブラウン選手
弾けるスピードとステップでこの日4トライを挙げたCTBブラウン
セコムラグビー部2:LO鈴木学選手
NZ留学からの帰国後1ヶ月、格段にチームにフィットしてきたLO鈴木学
セコムラグビー部3:鈴木健選手
SO鈴木健は周りを動かすだけでなく、自らも果敢に前に仕掛けた
 11月3日(土)にトップイーストリーグ11第6戦、セコムラガッツ対栗田工業との試合が行われ、ラガッツが81−7、13トライの猛攻で勝利を収めた。リーグ戦も残り5試合、折り返しに差し掛かり、ようやくラガッツのエンジンが掛かり始めた。
 先制点は8分にラガッツ、連続攻撃で敵陣22m付近のラックからCTB及川の飛ばしパスでWTB鈴木(貴)が抜けFB長井にリターンパス、そのまま左中間にトライを決めて5−0とする。しかし12分には栗田、スクラムからボールがこぼれたところをNo8ミラーにブラインドサイドを突破されそのままトライを許してしまい、5−7と逆転されてしまう。
 ただここから今日のラガッツはトライを奪う意識が違った。16分にNo8フィマオノがラインアウトモールからブラインドサイドを突破し左隅にトライ、12−7と逆転をすると、圧巻はこの日インサイドCTBに入ったブラウン。24分、28分、37分とSO鈴木(健)とのコンビネーションと瞬間的な加速を武器に三連続トライを挙げ、7−29として前半を終えた。
 そして迎えたハーフタイム、ベイデンヘッドコーチから「今までの試合では前.後半80分間を通して良いプレーをし続けられた試合がなかったけれど、今日は後半の40分間もこのままの勢いでいこう!」と送り出されたラガッツはその指示通り、後半も怒涛のトライラッシュを見せた。
 3分にはBKに展開しCTBブラウンがラインブレイクをすると、ショートパスを小刻みにつないで最後はFB長井がトライ。10分には相手ゴール前のペナルティからFWがスクラムを選択すると、しつこくこだわってプッシュオーバートライを狙い、最後は認定トライを奪い取った。23分HO種本、30分にはCTBブラウンがこの日4トライ目を挙げて、後半23分までで53−7と大きく引き離した。
 そしてこの日のラガッツはとどまることを知らない。先発の15人のみならずここから途中出場の選手が活躍を見せ、トライを貪欲に奪って行く。35分WTB河村、37分FL堀越、41分WTB鈴木(貴)、最後はこの日CTBに入った田原が得意のステップで次々に相手ディフェンダーを交わしこの日13個目のトライを決めてノーサイド、最終スコア81−7で5勝目を挙げた。
セコムラグビー部4:NO8高根選手
途中出場でNo8の位置に入り抜群のスピードと腰の強さを見せた高根
セコムラグビー部5:WTB河村選手
仕事量を意識したWTB河村は、しっかりと1トライを決めて役割を果たす
ベイデンヘッドコーチ
 ラガッツは、この試合、ディシプリン(規律)を守り、ゲームプランを着実に実行し、練習で取り組んだことを試合においても確実にできるようになってきた。試合毎に、全ての側面においてプレーのレベルアップをし続けることを目指している。
 選手個人のことでいえば、SO鈴木(健)とLOの鈴木(学)がここ最近、どんどんとレベルアップしてきているが、この試合は、やはりCTBブラウンのプレー。相手を上手く抜いて、何度もチャンスメイクをした上に、自身でも4トライを決め活躍してくれた。  
キャプテン鈴木貴
 今回の栗田戦は80分間を通して、今までの試合で一番内容が良かったと思う。
 アタック、ディフェンスともに前へ出て、相手にプレッシャーをかけ続けられた。だいぶメンバー全員が、前に出ること、そしてボールを外に動かすことを、意思統一できてきている。そして何よりも、80分間、集中して、自分たちのラグビーができていたことが収穫。今回のような良いテンポ、リズム、これがセコムラガッツのラグビーだと実感した。
 けれど勿論、反省すべきところもあった。
 最初の得点後に、簡単に相手にトライを取られてしまったこと、一回反則した後に連続して反則を取られ続けたところ、そして幾つかの細かいミス。
 今回は反則も少なく(8個)、ミスもそれほど多くはなかったので、あとは一つひとつのプレーの精度をどれだけ上げられるか。この試合を最低限として、これからの試合に臨んでいきたい。

セコムラガッツ   栗田工業
前半 後半 得点 前半 後半
5 8 T 1 0
2 6 G 1 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
29 52 7 0
81 合計 7
8 反則 18
セコムラガッツ アキ 栗田工業
トライ ゴール ペナルティゴール ドロップゴール プレーヤー ノート ポジション トライ ゴール ペナルティゴール ドロップゴール プレーヤー ノート
    小松 学  (PR)     小玉 学 
    種本 直人後23分 (HO)     中川 大輔 
    田村 義和  (PR)     森 庸亮 
    沢口 高正  (LO)     後藤 一将 
    鈴木 学  (LO)     伊藤 徹 
    堀越 健介前37分 (FL)     クレイグ ディ ゴルディ 
    岡本 信児  (FL)     森 勝巳 
    ジョシュア フィマオノ前16分 (NO8)     ポール ミラー前12分
    小池 善行  (SH)     藤井 貴之 
    鈴木 健  10(SO)     山岡 宏哉 
    石橋 秀基  11(WTB)     坪井 淳 
    アンドリュー ブラウン前24,28,37,後30分 12(CTB)     松本 英人 
    及川 英典  13(CTB)     高木 弘之 
    鈴木 貴士後41分 14(WTB)     中村 直紀 
    長井 達哉前8,後3分,8/13 15(FB)     畑 賢1/1
    上野 進  16(R)     三浦 久直 
    山賀 敦之  17(R)     山田 紘也 
    マシュー ウィンデル  18(R)     来嶋 新 
    高根 修平  19(R)     寺井 大介 
    大野 達也  20(R)     森 雄一郎 
    田原 章太郎後43分 21(R)     川尻 大 
    河村 雄二後35分 22(R)     松本 卓也 
    認定トライ後10分 -       
凡例
後半11分4.沢口 → 18.ウィンデル 交替 後半14分4.後藤 → 18.来嶋
8.フィマオノ → 19.高根 後半20分11.坪井 → 22.松本
後半19分11.石橋 → 22.河村 後半23分1.小玉 → 16.三浦
13.及川 → 21.田原 後半30分10.山岡 → 20.森雄
後半23分9.小池 → 20.大野 後半38分13.高木 → 21.川尻
後半26分1.小松 → 17.山賀 17.山田 → 3.森庸
2.種本 → 16.上野 7.森勝 → 19.寺井

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部