SECOM RUGGUTs

2006年オープン戦

秋シーズン

●第1戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  33 東京ガス  31
オープン戦 第1戦 開催地 セコムラグビーフィールド
開催日 2006年5月27日 (土) キックオフ 13:00

もぎとった白星、新しいラガッツはじまる

若手の戦い──群雄割拠のトップリーグを勝ち上がるため

写真1:田村選手
写真2:アパヌイ選手
写真3:川口選手
写真4:ノックス

 新チームが始動してから2ヶ月が経った。これまでやってきた練習の手を一旦止めて、徹底的にカラダづくりに費やしてきた4月。「まだまだ途中段階だが、ビルドアップ、食事管理の意識付けは選手自身でできるようになってきた」(阿部祐大普及担当)。
 春シーズン、組まれたカードはわずか4試合のみ。少ないアピールチャンスを生かして、チームの柱に名乗りを挙げるのは誰か。


 立ち込める雲が今にもグラウンドを押しつぶしてきそうな真っ黒な空。憎たらしい雨が降っては止み、時折激しさを増す天気の中、ラガッツの初戦が幕を開けた。日本人5人、外国人3人、初々しさの中に闘志がみなぎる新戦力の顔が、ずらりピッチの上に並んだ。
「春は、若手メンバーを多く試合に出場させたい。その中にベテラン、中堅、新外国人を入れながら、チームとしてうまく機能していければ」(仲野哲也アシスタントコーチ)。
 前半、いきなり指令塔候補が見せた。NPCサウスランド州代表で活躍した新戦力、リチャード・アパヌイ。巧みにキックを操り、東京ガスに傾く流れを断ち切り、徐々にゲームのペースを変えていく。2トライを先行されたラガッツは28分、WTB石橋秀基のトライで反撃を開始すると、今季FLからCTBにコンバートされた姫野拓也のトライで逆転に成功。まだ戦術も何も練習していないチームがようやく落ち着きを取り戻す要因を作った。
 前半終了間際に再びリードを許したが、後半、ラガッツのボールの回りが俄然よくなる。SOに2年目の小原義巧が入り、CTBにはなんと大学以来という長井達哉を起用。FBジェームズ・リチャーズが最後尾からのカウンターで面白いようにラインブレイクすると、WTB正木健介の連続トライで突き放す。ジェームズは南アフリカからやって来た22歳の新鋭。自ら切れ込んだかと思えば、ディフェンスをひきつけて外へのラストパスも見事。状況によっては裏へのキックもある相手にしたら嫌なタイプのランナーだ。
 結局、最後はFWのセットプレーが乱れ、2点差に迫られてのノーサイド。「組織的なディフェンスよりも、個人のハードなタックルやコンタクトプレーが見たかった。そういった意味で物足りなさを感じたし、若手は遠慮せずにもっと思いきり自分を出してほしい。ただ、チャンスで一気にトライを取れたし、勝ってスタートできたのは大きい」(脇屋洋一アシスタントコーチ)。
 新人の中で光ったのはフル出場のFL高根修平。チームの中で最も選手層の厚いポジションだが、兼ね備えた走力は噂以上。法政らしくない、といったら全国のファンから怒りを買いそうだが、まともに当たるより、スルスルと抜けていく自分の動きを持った選手。ブラインドサイドで飛び抜けた仕事量をこなした齊藤泰裕同様、今後が楽しみな選手の一人だ。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   東京ガス
前半 後半 得点 前半 後半
2 3 T 3 2
2 2 G 2 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
14 19 19 12
33 合計 31
22 反則 6

セコムラガッツ position 東京ガス
小松 学 → 中井 高志 (PR) 進藤 崇
安藤 敬介 → 川口 和晃 (HO) 新井 弘之 → 岡本 知樹
田村 義和 (PR) 小関 大介
生沼 知裕 → 鈴木 学 (LO) 中谷 聡
丸山 隆正 (LO) 大屋 尊政
齊藤 泰裕 → 堀越 健介 (FL) 山口 優人
高根 修平 (FL) 掛川 剛 → 箱崎 友己
小松 元気 → S.カペリ (NO8) R.ロバートソン
神尾 卓志 → 樋口 勝也 (SH) 穂坂 亘 → 熊谷 良
R.アパヌイ → 小原 義巧 10(SO) 今森 甚
石橋 秀基 → 正木 健介 11(WTB) 伊藤 優希
姫野 拓也 → 長井 達哉 12(CTB) 田中 豪人 → 中川 友和
及川 英典 → 升本 草原 13(CTB) 根岸 靖信
河村 雄二 14(WTB) 野原 邦夫
下瀬 央輔 → J.リチャーズ 15(FB) 速水 直樹
[セコム得点者]
トライ 正木2(後15・22分)、石橋1(前28分)、姫野1(前34分)、カペリ1(後4分)
コンバージョン アパヌイ2/2、長井2/2、ジェームズ0/1
[東京ガス得点者]
トライ ロバートソン2(前8・後32分)、伊藤1(前16分)、山口1(前38分)、ペナルティトライ1(後40分)
コンバージョン 速水3/5

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部