SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  78 横河電機  7
夏のオープン戦 第7戦 開催地 横河電機武蔵野グラウンド
開催日 2005年8月28日 (日) キックオフ 16:00

前日の悪夢吹き飛ばす快勝、若手がのびのびプレー

2年目の小嶋、新加入の堀越・姫野のフレッシュ第3列がトライ競演

写真1
写真2
写真3
写真4

 前日、クボタに大敗したラガッツ。切り替えの難しい連戦の中で、その後遺症など微塵も感じさせないパフォーマンスを演じた。「きのうやられただけに、みんな相当気合入ってたんとちゃうかな」(長井達哉)。前後半通じて12トライの猛攻を浴びせ、横河電機を圧倒してみせた。


 夏休み最後の日曜日、早いもので8月ももう終わり。どこか郷愁を感じさせる季節だが、この暑さはもうしばらく続きそうな気配。そして、ゲームでもラガッツが打ち上げ花火の競演だ。
 キックオフからしばらくもたついたが、ミスの多いチームメートに痺れを切らしたように、SH大野達也が自ら密集サイドを走り抜け先制トライ。これをはじまりの合図に鈴木貴士、堀越健介が得意のランプレーで矢継ぎ早にインゴールを陥れた。
 三洋電機時代から派手なプレーで活躍した堀越は、「少しずつだけど、ラガッツのラグビーにもフィットしてきた」と自信を覗かせる。この日もスピードに乗ってボールをもらい、ビックチャンスを演出した。「まだ完全についていけてないから、一人で孤立したり、浮いてしまうことも多い。そこは修行です」と気を引き締めてみせた。
 一方で4トライの荒稼ぎを見せた鈴木貴士も硬い表情を崩さない。「フリーでボールもらったのに落としたり、今日はレベルが低かった。あと3本は取れた」と反省顔。チームは前後半それぞれ6トライずつをマークし78−7と大勝したが、「もうちょっとできたんじゃないかと思う。結局ハーフタイムで修正したかったことが最後までやりきれなかった」(加藤尋久ヘッドコーチ)。
 さて、開幕が近づいてきた。チームはどれくらい強くなったのか。確かに「結果」は証明してくれている。それ以外にも何か、自分たちの自信になるものを。そう思いこの日は後半、カメラのファインダーを覗くのをやめた。チームの傍にある目線を自由に解いて、離れたところから観戦してみた。約1年前の江戸川で対戦した横河電機とのゲームに重ね合わせながら──。
 スコアはほとんど変わらない。思い出されるのはこの日、千巖和彦に代わって後半1番でプレーした石塚陽介のトライシーン。相手メンバーもほぼ一緒だったはず。ラガッツの顔ぶれはどうだろうか。核弾頭、フレティ・マホニがいた。それ以外は新人を除いてほぼ一緒。だが、不思議と二つの映像がうまく重ならない。一体なぜだろう。
 レギュラー陣の大半を休ませてるにも関わらず、昨年以上の差をつけたことは何よりも成長した証のように思える。そうだ、レギュラー陣以外の選手たちだ。普段見慣れてる選手はもちろん、レギュラー獲りをめざす選手たちの体が、一回りも二回りも大きくなっているのだ。昨年と同じ目線では違和感があるのもうなづける。中でも外国人選手が加入し、最激戦区となったバックローには、2年目の小嶋辰紀、ルーキーの姫野拓也、移籍1年目の堀越健介のフレッシュな顔ぶれが揃いそれぞれがトライを競演した。
 夏の終わりに若手がハツラツ、ベテランも充実のラガッツ。収穫の秋が待ちどおしい。
 
【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   横河電機
前半 後半 得点 前半 後半
6 6 T 1 0
4 5 G 1 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
38 40 7 0
78 合計 7
9 反則 8

セコムラガッツ position 横河電機
千巖 和彦 → 石塚 陽介 (後12分) (PR) 藤田 登 → 竹内 健二
上野 進 (HO) 谷口 剛 → 古閑 満
竹内 基詔 → 田村 義和 (後22分) (PR) 坂尾 英之
丸山 隆正 (LO) 山崎 豪 → 加藤 英勲
鈴木 学 (LO) 内藤 公洋 → 宮野 隼
小嶋 辰紀 (FL) 泉山 義文
姫野 拓也 → 前田 貴洋 (後10分) (FL) 安藤 達也
堀越 健介 (NO8) 荒川 治
大野 達也 → 神尾 卓志 (後24分) (SH) 中野 修 → 石橋 章匡
仲野 哲也 → 小原 義巧 (後24分) 10(SO) B.ケリー
下瀬 央輔 11(WTB) 佐藤 幸士 → 池原 忠治
遊佐 和彦 12(CTB) 今野 忍
S.バイ → 松田 耕記 (後0分) 13(CTB) 深堀 敏也
鈴木 貴士 14(WTB) 多賀 秀記
長井 達哉 15(FB) 森 大二郎
[セコム得点者]
トライ 鈴木貴4(前16・24・後8・17分)、大野2(前11・30分)、掘越1(前21分)、下瀬1(前33分)、姫野1(後0分)、遊佐1(後11分)、小嶋1(後14分)、長井1(後40分)
コンバージョン下瀬9/12
[横河電機得点者]
トライ 多賀1(前26分)
コンバージョン 中野1/1
ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部