SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  27 福岡サニックスブルース  19
オープン戦 第6戦 開催地 広島県総合グランドラグビー場
開催日 2005年6月11日 (土) キックオフ 13:00

1月の借りはきっちり、逆転でサニックス破る

ベテラン上野完全復活!婚約パワーでFWの攻防戦制す

写真1
写真2
写真3
写真4

 2度着陸態勢に入った飛行機は、意を決したように加速度をつけると再び上昇を始めた。置き去りにされる広島市街の風景。Bチームのメンバーとともに当日朝羽田を出発し、現地入りの予定だった筆者だが、空港上空が視界不良のため、着陸を断念。一団は揃って福岡空港への目的外フライトを余儀なくされた。
 思わぬハプニング発生、試合中の写真が一枚もないのはそんな理由があるわけで──。


 今回の広島遠征・西の陣は連戦、それぞれのメンバーを見れば昨年までとの違いは一目瞭然だ。今年は6月から早々とチームをA・Bに分けたラガッツ。1軍と2軍、あるいは一本目、二本目という呼び方のほうが聞きなれているであろうか。縦割りではなく、本来あるべき姿にチームを編成し、Bはレギュラーの座を奪うため上を脅かす。Aはその突き上げを受けながらポジションを死守、ただレギュラーで満足するのではなく、より高みをめざしチャレンジする。両者の力の差が縮まるほどに、チームは強固な一枚岩へと変貌を遂げていく。
 初日の相手は今季ラガッツとともにトップリーグへ再昇格を果たした福岡サニックスブルース。1月のトップチャレンジシリーズで0−34と予期せぬ完敗を喫して以来の対戦だ。前回同様、序盤から激しい密集サイドでのやりあいが勃発。ラガッツはHB団がリズムよく球をさばけず、徐々にFW近辺の局地戦へと引きずり込まれる。「セットプレーでは劣勢だった。3番の石塚もスクラムで苦戦していたし、ラインアウトも遠藤さん(哲選手)のリードが良くて、やりづらかった。ただうちはボールを動かし続けていたので、そこをうまくついて効果的にトライが取れた」(HO上野進)。
 3-14とリードされて迎えた29分、LOセネ・タアラがインゴールに飛び込んで追撃態勢に入ると、後半10分には自陣からラインにクロスで入ってきたCTB艶島悠介が独走。パスダミーを交えながら60mを走りきり逆転に成功する。その後も足の止まった相手を尻目にワイドにボールを展開し27−19で勝利。辛酸をなめた「駒沢の悲劇」からわずか5ヶ月できっちりと借りを返した。
 収穫だったのはFW陣の健闘。中でもHO上野の復活には目を見張るものがある。キャプテン経験もあるベテランは、先の日大戦に続きチームを牽引。昨年はケガに次ぐケガで、シーズン後は引退も考えたほどだが「身体の調子も以前の状態に戻りつつある。自分の思い通りに身体が動けて、今はラグビーがとても楽しい。チームに強烈なライバルが二人もいるのでまずはレギュラー獲りが先決」とその言葉にも自信があふれる。
 「ゲームの鍵だった肝心のセットプレーでミスが続き、それを引きずってしまった。まだメンタルが弱いなという感じです」と反省を忘れぬところに今季に意気込みを窺わせる上野。その原動力ともなっているのが、私生活を盛り立てる良きパートナーの存在だ。晴れて婚約も決まった円熟のラガーマンは「男として、プレーヤーとしてまだまだこれからが勝負。少しでも長くラガッツでプレーできれば幸せです」ときっぱり。
 花は桜木、男はすすむ。ベテランが元気だとチームも心強い。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   福岡サニックスブルース
前半 後半 得点 前半 後半
1 2 T 2 1
1 2 G 2 0
1 1 PG 0 0
0 0 DG 0 0
10 17 14 5
27 合計 19
6 反則 7

セコムラガッツ position 福岡サニックスブルース
山賀 敦之 (PR) 金 普興
上野 進 → 安藤 敬介(後0分) (HO) 加古川 雅嗣 → 安岡 忠和(後31分)
石塚 陽介 (PR) 篠原 光弘
生沼 知裕 → 丸山 隆正(後26分) (LO) 遠藤 哲
S.タアラ (LO) 佐藤 重明 → 大庭 正裕(後18分)
堀越 健介 (FL) 伊達 肇
前田 貴洋 (FL) 駒井 克信
小松 元気 (NO8) D.ミュア → H.ポヒヴァ(後31分)
小池 善行 (SH) 藪本 貴久 → 徳永 剛(前30分)
鈴木 健 10(SO) 上田 豊
堀籠 道也 11(WTB) 森 大典
遊佐 和彦 12(CTB) 沼田 一樹 → 松尾 博文(後25分)
艶島 悠介 13(CTB) 堀田 雄三
正木 健介 14(WTB) 乾 武志 → 神保 貴行(前34分)
長井 達哉 15(FB) 古賀 龍二
[セコム得点者]
トライ タアラ1(前29分)、艶島1(後10分)、小松1(後24分)
コンバージョン 長井3/3
P G 長井2/2
[サニックス得点者]
トライ 藪本1(前10分)、ミュア1(前18分)、大庭正1(後40分)
コンバージョン 上田2/3

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部