SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  14 サントリーサンゴリアス  70
オープン戦 第5戦 開催地 サントリー府中グラウンド
開催日 2005年6月4日 (土) キックオフ 14:00

終盤耐え切れず。サントリーの猛攻に大敗喫す

トップリーグ開幕まであと3ヶ月。本番での巻き返し誓う

写真1
写真2
写真3
写真4

 10年前、あなたは何をしていましたか?
 あの頃、今と変わらずラグビーに夢中だった自分には忘れられないゲームがある。──第48回全国社会人選手権大会決勝、サントリー対三洋電機。シナリ・ラトゥ選手(現大東大監督)、セミィ・タウペアフェ選手(現東京ガス)といったトンガパワーの前に前半、なすすべなく大量点を許したサントリーが終盤、奇跡の反撃を見せる。ロスタイム、WTB尾関弘樹選手(現日体大ヘッドコーチ)のトライで2点差とすると、最後の最後に永友洋司選手(現サントリー監督)のキックで同点に追いつき双方優勝、トライ数の差で日本選手権切符をつかんだゲームだ。
 最後まで勝負は捨てない。あきらめない姿に胸が熱くなり、自身スポーツ観戦をしながら初めて涙したゲームは今でも深く脳裏に焼きついている。


 月日は流れ、ラガッツもサントリーと同じトップリーグの一員となった。昨年は夏のオープン戦で初めて勝ち星を挙げるなど、その距離は着実に縮まっている。今年こそ、本番の舞台で越えなければならない大きなヤマだ。
 この日のゲームでは、前半25分まで一進一退の攻防を繰り広げながら、徐々にリードを拡げられ、終わってみれば10トライを許し大敗。「力の差はあまり感じなかったが・・・。今の時期はフィットネスに時間を割いていないので、その部分が最後に出てしまった」(田村義和)。リーグ開幕まで3ヶ月余、サントリーとの対戦となればもう少し先になるだろうか。本番では同じ轍を踏むことは避けたい。あの日のサントリーのように最後まであきらめない粘り、タフな精神力こそが、今やラガッツの代名詞になりつつあるのだから。
 さて、そんなラガッツには<理念>がある。今年20周年を期にあらためて発表した<理念>は「ラガッツはすべてにチャレンジャーである」というもの。それに続いて「チームスピリッツ」、「ラガーマンスピリッツ」(詳しくはウェブサイト内<理念>を参照)がそれぞれ定められている。トップリーグ2度目の挑戦で、上を見晴るかすチームにはなんともふさわしい言葉だ。
 その考えに感銘を受けたと話す一人の女性がいる。セコム柔道部の吉澤穂波選手だ。──女子63kg級では日本で3本の指に入る実力者。北京オリンピックへの期待も大きい有望株は「<理念>を読んで、まるで自分のことのように思えました。今はラグビーという言葉を柔道に、ラガッツという言葉を吉澤に置き換えて、自分自身に言い聞かせています」(吉澤選手)。
 そんなラガッツの魂を肌で感じようと、同じ柔道部の中野公洋子選手、竹林智美選手と共に応援に駆けつけた吉澤選手だが試合は残念な結果に。「負けたのは悔しいですが、一つひとつのプレーで負けていた印象はなかった。トップリーグではがんばってほしいです」とエールを送った。
 時代が変わるとき、いつも世代交代というドラマがある。貴花田(現貴乃花親方)が横綱千代の富士(現九重親方)を下したように、10年前のサントリーもまた、神戸製鋼八連覇の偉業を阻止した。長いシーズンに浮き沈みはあるが、これからトップリーグで白星を重ね、最後は笑顔で終わりたいと目論む勝負の年。この敗戦が歴史を塗り替えるラガッツにとって、忘れがたき戯曲の始まりとなるか。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   サントリーサンゴリアス
前半 後半 得点 前半 後半
1 1 T 4 6
1 1 G 4 6
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
7 7 28 42
14 合計 70
7 反則 16

セコムラガッツ position サントリーサンゴリアス
山賀 敦之 → 千巖 和彦 (PR) 尾崎 章
安藤 敬介 (HO) 坂田 正彰 → 荒川 弾
石塚 陽介 → 田村 義和 (PR) 池谷 陽輔
澤口 高正 → 丸山 隆正 (LO) 大久保 尚哉
生沼 知裕 (LO) 脇 健太
堀越 健介 (FL) 瀬川 貴久 → 上村 康太
前田 貴洋 (FL) 若松 大志
小松 元気 → 脇屋 洋一 (NO8) B.トンプソン
小池 善行 (SH) 澤木 智之
長井 達哉 → 鈴木 健 10(SO) 菅藤 心
堀籠 道也 11(WTB) 北條 純一
艶島 悠介 12(CTB) R.ニコラス
今井 通 13(CTB) 瓜生 靖治
正木 健介 → 鈴木 貴士 14(WTB) 平 浩二 → 浦田 修平
下瀬 央輔 15(FB) 栗原 徹
[セコム得点者]
トライ 長井1(前38分)、鈴木貴1(後31分)
コンバージョン 下瀬2/2
[サントリー得点者]
トライ 北條3(前30・後21・26分)、トンプソン2(前5・後7分)、澤木1(前24分)、瀬川1(前32分)、ニコラス1(後1分)、浦田1(後36分)、上村1(後38分)
コンバージョン 栗原4/4、ニコラス6/6

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部