SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  68 日大  7
オープン戦 第4戦 開催地 日大稲城グラウンド
開催日 2005年5月28日 (土) キックオフ 14:30

勝ち方にこだわれば、大勝にも笑顔なし

ケガから復帰の前田が力強くFWを牽引

写真1
写真2
写真3
写真4

 勝って当然という空気の中で勝つことは、実に体力のいるなりわいだ。日大相手に10トライ、68点を奪っての勝利と云えば聞こえはよいが、前半25分まで0-0だったと知ればどうだろう。課題があるからこそ「今日より明日」であり、突き詰めれば日々の練習でどれだけ壁にぶつかってこれたかがすべてなのである。


 活路は近場のパワープレーから見出した。キックオフから26分を要した先制点は復帰第2戦のFL前田貴洋のトライ。とにかくボールに絡み、惜しまぬタックル。アタックではどんどん前に出る。昨シーズンはケガで棒に振ったが、復帰後すぐにチームに溶け込んだところを見ると、戦術理解度は群を抜いて高いと見ていい。
 一方で前半思うようなプレーができなかったのが、神尾卓志―小原義巧のルーキーHB団。この日初出場となった東海大出身のSO小原は「もっと周りを生かしたかったのに、頭でやろうとしてることと、やってたことが真逆だった。まだラガッツのラグビーを理解しきれていない部分があるので、勉強します」と反省の弁。そんなフレッシュマンに、長年ラガッツ不動の10番として君臨してきた仲野哲也は「タッチは距離も出ていたし、いいキックが蹴れていたと思う。もっと攻撃の流れの中で効果的に使えるようになれば、ゲームメークの幅も広がる」と期待を寄せた。
 後半立ち上がり。「ただガムシャラに走っただけです」と話す北海道育ちの道産子型PR・中井高志がパワフルなランから連続トライを挙げると、FWは一気呵成。トライの山を築いて粘る日大を振り切ると、あとは一方的な展開に。代わって入ったSH大野達也が攻撃のペースを上げ、バックスにも生きたボールを供給。終わってみれば10トライ、前述通りの完勝である。
 OBで、日大のコーチを務める沖村哲生氏(現所沢支社勤務)からは「ラガッツはスペースにボールを運び、選手がそのスペースを理解して、いいスピードで走りこんでくるスタイル。昨年までと精度の高さが格段に違い、意思の高さが伺えた。今年はトップリーグでも楽しみなチーム」とお褒めの言葉をいただいたが、それも前半からできていれば、という話。「相手がまだ元気な前半スタートの部分で主導権を握ることが必要。立ち上がりよくないのは、うちの悪しき伝統」と小池善行主将も釘を刺した。
 煮え切らない白星から一日が経過した翌29日──。東京・府中競馬場には感動が流れていた。ディープインパクトだ。第72回日本ダービーは、今年の3歳皐月賞馬が単勝1.1倍の圧倒的一番人気。その中で、勇壮なサラブレットとジョッキー武豊は、圧し掛かるプレッシャーに動じることもなく、ただただ強かった。
 才能もあるだろう。だが、真の強さとはそういうことではないはず。昨年のトップイーストでも散々悩まされた「勝って当然」の心理状況、試合運び。競技の特性上、ターフ(芝生)の上を駆けるという以外に共通項は見出せないが、ラガッツもいつかはあの名馬のレベルに近づきたいと願う。その走りはしなやかに、力強く──。人間の心を鷲づかみにする。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   日大
前半 後半 得点 前半 後半
3 7 T 0 1
3 6 G 0 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
21 47 0 7
68 合計 7
11 反則 16

セコムラガッツ position 日大
山賀 敦之 → 中井 高志 (PR) 有馬 昌宏
上野 進 (HO) 小野 晃司
田村 義和 (PR) 高橋 英明
澤口 高正 → 小嶋 辰紀 (LO) 馬渕 武士
丸山 隆正 → 生沼 知裕 (LO) 古賀 太平洋 → 中村 圭太
堀越 健介 (FL) 津田 大二朗 → 蓬莱 賢人
前田 貴洋 (FL) 大山 貴弘 → 石井 拓也
脇屋 洋一 → 小松 元気 (NO8) M.サムエラ → 福田 奨
神尾 卓志 → 大野 達也 (SH) 倉澤 広一
小原 義巧 10(SO) 三友 良平 → 中村 誠一
正木 健介 11(WTB) 石坂 充
遊佐 和彦 → 艶島 悠介 12(CTB) 安井 慎太郎
今井 通 13(CTB) T.タフィア
松田 耕記 14(WTB) 中村 友美
下瀬 央輔 15(FB) 松下 馨
[セコム得点者]
トライ 前田2(前26・後12分)、松田2(前31・後35分)、中井2(後2・5分)、遊佐1(前40分)、下瀬1(後31分)、小松1(後38分)、堀越1(後42分)
コンバージョン 下瀬9/10
[日大得点者]
トライ 中村友(後8分)
コンバージョン 松下1/1

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部