SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  31 早稲田大  43
オープン戦 第3戦 開催地 早稲田上井草グラウンド
開催日 2005年5月21日 (土) キックオフ 14:30

らしさ影を潜め、学生王者の前に沈む

「あの点数を目に焼き付けよう。今日という日を絶対忘れずに」

写真1
写真2
写真3
写真4

 なんという静けさなのだろう。グラウンドではトップリーグに所属する社会人チームと、前年度学生王者が雌雄を決する戦いの真っ最中であるというのに。春うららかな午後の日差しは、絶好の観戦日和。青々と茂った芝生にはきらきらイオンがあふれて目に眩しい。
 さりとて、沈黙の上井草である。序盤から一方的にスコアを重ねていく学生王者。なかなか反撃ができないトップリーガーの意地は、底力はいったいどこへ。早大ファンは終始安堵の表情で戦況を見守っていられたが、好勝負見たさにと、言葉は悪いが「たかが練習試合」に集まった1000人余の観客には拍子抜けの80分である。晴天も手伝って客席からはあくび、いびき、途中退席も。誉れ高きラガッツよ、この負け戦(いくさ)は罪だ。


 都心からおよそ30分。西武新宿線にゴトゴト揺られ、住宅街の間をすり抜けていく。高田馬場から9つ駅をやり過ごすと、そこに上井草はある。駅前には焼肉屋が軒を連ね、アニメタウンと呼ばれる街の商店街には「ガンダム」の顔。駅から程なくの場所にある「いわさきちひろ美術館」には毎日多くの人が見学に訪れる。
 その地に3年前からホームを構えるのが、前年度学生王者の早稲田。昨年の日本選手権ではトヨタ自動車を後半30分までリードし、一昨年の大会でもワールドに5点差と肉薄した。もはやトップリーグ恐れるに足らずの思いは選手、ファンの共通認識だ。
 一方で、我々セコムラガッツには日本ラグビー界を変えるという壮大なテーマがある。学生に社会人ラグビーの違いを見せつけるはずだったこのカード。ただ勝利するだけでなく、プレーヤー自身がゲームを楽しみ、観客を惹きつけるようなラグビーをしなければならなかった。ボールを動かし、スペースを作り、抜いて、走って、それがこの日は思うようにできず苦しんだ。
 前半から攻め込んではミスやペナルティでリズムを乱し、ターンオーバーから失点する悪循環。「バックスは横に動かれてタックルの的が絞れず、相手を見すぎてしまった。だが、それよりも一番よくなかったのはうまくいかないときに修正できなかったこと。ミスして自分たちで雰囲気悪くして。2年前にトップリーグで6連敗した頃に戻ってしまった」(加藤尋久ヘッドコーチ)。
 随所で光るプレーが出ていたのも事実。後半は息切れした早稲田を攻略し、3連続トライで猛追した。一時は31点差がついた大味なゲームをその差11点にまで詰めたが、如何せん序盤の大量失点が響いた。試合後、やり場のない憤りの中で、小池善行主将は静かに、言葉に力を込めて話した。
 「スコアボードを見よう。あの点数を目に焼き付けよう。学生に負けたってことをしっかり受け止めて、反省しよう。そして、今日という日を絶対忘れないでいこう。こんなところでもたついてる時間なんて俺たちにはない」。
 学生に初の「トップリーグ越え」を許したこの日。屈辱、一生の不覚と偉ぶるのではなく、しっかりと敗戦に向き合うラガッツの今後にこそ刮目したい。勲章は無傷では手に入れられないものだから。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   早稲田大
前半 後半 得点 前半 後半
1 4 T 4 3
0 3 G 2 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
5 26 24 19
31 合計 43
10 反則 10

セコムラガッツ position 早稲田大
千巖 和彦 → 山賀 敦之(後21分) (PR) 前田 航平
安藤 敬介 → 川口 和晃(前20分) (HO) 種本 直人
竹内 基詔 → 石塚 陽介(後0分) (PR) 畠山 健介
生沼 知裕 (LO) 内橋 徹
丸山 隆正 → S.タアラ(後13分) (LO) 後藤 彰友 → 豊田 将万(後30分)
澤口 高正 → 前田 貴洋(後2分) (FL) 権丈 太郎
姫野 拓也 (FL) 松本 充 → 松田 純平(前10分)
小松 元気 (NO8) 佐々木 隆道
小池 善行 (SH) 矢富 勇毅 → 茂木 隼人(後17分)
鈴木 健 → 長井 達哉(後0分) 10(SO) 久木元 孝成
堀籠 道也 → 及川 英典(後0分) 11(WTB) 田中 渉太
S.バイ → 今井 通(後0分) 12(CTB) 池上 真介 → 三角 公志(後0分)
艶島 悠介 13(CTB) 今村 雄太
正木 健介 14(WTB) 勝田 譲
N.リガイリ → 下瀬 央輔(後6分) 15(FB) 三原 拓郎
[セコム得点者]
トライ 今井1(前35分)、姫野1(後12分)、正木1(後27分)、艶島1(後38分)、小池1(後43分)
コンバージョン 鈴木健0/1、長井3/4
[早稲田大得点者]
トライ 勝田3(前14・27・後6分)、今村2(前22・後7分)、佐々木1(前37分)、矢富1(後16分)
コンバージョン 矢富4/7

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部