SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  69 立正大  12
オープン戦 第2戦 開催地 県営熊谷ラグビー場
開催日 2005年5月15日 (日) キックオフ 14:30

元気ハツラツ!小松大暴れの熊谷凱旋

前半だけで5トライ、後輩の度肝抜くパフォーマンス

写真1
写真2
写真3
写真4

 前日、東芝府中を相手に80分戦い抜いた疲れなど微塵も感じさせなかった。立正大から入社し2年目のNo.8小松元気は、奔放な動きでわずか20分の間に、FWプレーヤーとしては驚異的ともいえる5連続トライを記録。接触プレーで頭を強打し、大事をとって前半で退いたが、母校を相手に記憶にも記録にも残る凱旋ゲームとなった。


 二日続けてのオープン戦は「第13回さいたまラグビーフェスティバル」のメインマッチとして組まれた。「さいたまラグビーフェスティバル」といえば昨年、狭山市のセコムラグビーフィールドで「セコムラガッツ狭山祭」として開催された県下のイベント。この日はトップリーグ所属のセコムラガッツ、関東大学リーグ戦1部の立正大や、高校や中学の試合も行なわれ、埼玉県の各カテゴリーのトップチームが一同に介した。
 試合前から気合いがみなぎっていたのが、立正大出身の小松だ。母校との対戦、慣れ親しんだ熊谷の地とあって本人も「最高っす」と上機嫌。「きのうのゲームで足がパンパンですけど、持ち味のスピードプレーで成長した姿を見せたい」と意気込みを語った。
 地元埼玉県を代表する社会人と大学との一戦。だがトップリーグ、ひいては日本一をめざそうというラガッツと、今季初めて関東リーグ戦一部に昇格したばかりの立正大とのゲームでは、さすがにミスマッチの様相を呈した。
 スタメン15人中、実に13人が入社3年目以内というヤングラガッツは、立ち上がりから学生を圧倒する。圧巻だったのは部内の「マン・オブ・ザ・マッチ」にも選ばれた小松のパフォーマンス。前半20分、LO丸山隆正−FL姫野拓也と細かくつないだボールをフォローして得意のランプレーからトライを奪うと、2本、3本と立て続けにトライを連発。「また小松だ、またまた小松」。とうとう前半終了までノンストップで続いたショーは、5連続トライという暴れっぷりで、このゲームを一方的に片付けた。
 当の本人は「残念ながら何一つ覚えてないんです」とゲーム中は脳震とうで全然意識がなかったことを告白。それでも「他のメンバーより気合も乗っていたし、母校の監督・コーチや後輩たちへのいい恩返しになりました」と胸を張った。
 ゲームは後半、小松が引っ込むと、突如エアポケットに入ったようにラガッツの動きも停滞。遊佐和彦、松田耕記の両CTBが執拗にタテをついてスコアを重ねたが、前半の勢いを持続させるには至らず。ミスも多く、地元の子供たちのお手本となるようなラグビーは披露できなかった。
 「今日は小松に尽きる。トライを取ればいいってもんじゃないけど、あの連続トライでチームが勢いづいた。若手からの突き上げで、ポジション争いにも拍車がかかれば」と小池善行主将。
 ケガ組の渡邉庸介、岡本信児、前田貴洋、齊藤泰裕らレギュラー陣に加え、新戦力のスコット・カウチ、堀越健介らがズラリと並び、ポジション争いが最も苛酷なバックロー。その激戦区の中で、周囲を凌駕するニヒルな面持ち、されど元気ハツラツなプレーで大ブレイクした小松が、今年のラガッツのジョーカーとなる。

【文責=小谷 たけし】

セコムラガッツ   立正大
前半 後半 得点 前半 後半
6 5 T 1 1
4 3 G 0 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
38 31 5 7
69 合計 12
10 反則 18

セコムラガッツ position 立正大
中井 高志 (PR) 二田 慎一 → 古屋 久斗(後3分)
川口 和晃 → 上野 進(後30分) (HO) 小林 研太
竹内 基詔 → 石塚 陽介(後0分) (PR) 豊福 浩司 → 松田 憲彦(後35分)
生沼 知裕 (LO) 和田 俊介
丸山 隆正 (LO) M.デビット・キングスランド
小嶋 辰紀 (FL) 日高 功治 → 菊地 剛仁(後23分)
姫野 拓也 (FL) 佐藤 元太
小松 元気 → 脇屋 洋一(後0分) (NO8) 菅原 亮 → 山本 恒太(後21分)
神尾 卓志 (SH) 笠間 輝剛
鈴木 健 → 小池 善行(後20分) 10(SO) 佐藤 浩一
堀籠 道也 → 及川 英典(後23分) 11(WTB) 佐古 育也
遊佐 和彦 → 今井 通(後37分) 12(CTB) 伊藤 直希
松田 耕記 13(CTB) 小林 孝至
正木 健介 14(WTB) 窪田 洋平 → 松坂 直輝(後1分) → 松原 臣吾(後31分)
下瀬 央輔 15(FB) 大沼 将也
[セコム得点者]
トライ 小松5(前20・24・35・38・39分)、松田2(後6・19分)、丸山1(前3分)、堀籠1(後1分)、小池1(後34分)、姫野1(後39分)
コンバージョン 鈴木健7/9、下瀬0/2
[立正大得点者]
トライ 奥田1(前14分)、伊藤1(後14分)
コンバージョン 佐藤1/2

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部