SECOM RUGGUTs

2005年オープン戦

冬シーズン

●第1戦

秋シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦

夏シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦

春シーズン

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  26 東芝府中  19
オープン戦 第1戦 開催地 東芝府中グラウンド
開催日 2005年5月14日 (土) キックオフ 14:00

昨年のトップリーグ王者撃破! 春、最高のスタート

フレキシブルに攻め抜いて創部以来、東芝から初白星

写真1
写真2
写真3
写真4

  同点で迎えた後半ロスタイム42分。最後まで勝利にこだわるラガッツは、自陣から果敢にボールを動かし、最後はWTB正木健介が抜け出して勝ち越しのトライ。直後にノーサイドの笛となり創部以来、練習試合・公式戦を通じて東芝府中から初めての白星を挙げた。
 突如、救世主が現れたわけでもなければ、奇策がズバリはまった偶然の産物でもない。昨シーズン、華々しいビッククラブの陰で下部リーグに留まり、地道に積み重ねてきた練習の成果が早くも形となって現れ始めている。

 東芝戦となれば、ゲームの行方を大きく左右するのがFWの出来。国内でも1、2を争うサイズを擁し、接点での激しいコンタクト、パワープレーに絶対の自信を持つ東芝のエイトに対し、ラガッツは外国人選手をケガで欠き、純和製FWの布陣で真っ向勝負を挑んだ。
 昨シーズンまでFWの核弾頭だったフレティ・マホニが引退、イノケ・アフェアキもチームを去った。もとよりサイズの小さいFWはさらに小型・軽量化。それでも「プレッシャーは感じなかった。セットプレーが安定してたし、十分やれる手ごたえがあった」(LO丸山隆正)。
 東芝がジャパンの遠征で第一列の3人をはじめ、多くのレギュラー陣を欠いていたのは事実。しかしながら、細かいパスをつないで、密集サイドを抜いていくプレーなど「練習してきたことが、ゲームですぐに出せたのは素直にうれしい」(丸山)。開始早々2トライを奪われたが、落ち着いて自分たちの流れを作ると、FWのサイドアタックからゲインを図り、FL小松元気が反撃の口火を切るトライ。その後も一方的に攻め立て、前半を1トライ差のままで折り返した。
 後半に入ると、かさにかかってワイドなアタックを展開するラガッツ。SO鈴木健がゆとりある状況判断で自在にボールを動かし、相手を敵陣深くに釘付けとする。後半28分、ラガッツはWTB堀籠道也がゴール真下に走りこみ同点のトライを挙げると、東芝もすぐさま勝ち越しに成功。このままノーサイドかと思われたが、一度ラガッツに傾いた流れは最後まで変わることなく39分、FBノーマン・リガイリのトライで再び追いつくと、ロスタイムにも1トライを重ね、逆転で勝利を飾った。
 「シーズン初戦にして、非常に素晴らしいゲームができた。ミスもたくさんあったけど、大事なことはこれだけミスをしてもゲームに勝ててしまうということ。一つのタックルミスにうじうじするのではなく、思い切ったプレーをし続ければ、おのずと道は開けるということ」(加藤尋久ヘッドコーチ)。
 バックスリーのトライは見事だったが、この日の主役はやはりFWに尽きる。セットプレーでは、ヤンボールのスクラムを90度回してマイボールに。前後半でフロントロー3人は総入れ替えとなったが、いずれもゲームをコントロールして主導権を握った。また前半にはPR山賀敦之が、自身生涯初というタッチキックを蹴るなど各人のプレー幅も大きく広がりを見せている。
 春、プロローグでは夢でも奇跡でもない東芝撃破の現実。今秋、トップリーグで再び顔合わせとなる第二幕を視野に入れつつ、とても“ナチュラル”なはずなのに、どこか異端な香りが漂うラガッツのラグビーが魅惑の輝きを放つ。

【文責・フォトグラフ=小谷 たけし】

セコムラガッツ   東芝府中ブレイブルーパス
前半 後半 得点 前半 後半
1 3 T 2 1
1 2 G 2 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
7 19 14 5
26 合計 19
15 反則 11

セコムラガッツ position 東芝府中ブレイブルーパス
山賀 敦之 → 千巖 和彦(後0分) (PR) 大室 歩
安藤 敬介 → 川口 和晃(後0分) (HO) 川口 勉 → 猪口 拓(後0分)
石塚 陽介 → 竹内 基詔(後0分) (PR) 櫻井 寿貴
丸山 隆正 (LO) 石澤 健太郎 → 久保 知大(前30分)
澤口 高正 (LO) 藤井 航介 → 渡邉 泰憲(後31分)
堀越 健介 → 生沼 知裕(前30分) (FL) 望月 雄太 → 中居 智昭(後31分)
小松 元気 (FL) 宮下 哲郎
脇屋 洋一 (NO8) N.ホルテン → 横山 恒雄(前15分)
小池 善行 → 大野 達也(後0分) (SH) 吉田 朋生 → 藤井 淳(後0分)
長井 達哉 → 鈴木 健(後0分) 10(SO) 廣瀬 俊朗 → 品川 英貴(後0分)
及川 英典 → 堀籠 道也(後0分) 11(WTB) 佐古 育也
S.バイ 12(CTB) S.マクラウド → 仙波 智裕(後5分)
艶島 悠介 → 今井 通(後0分) 13(CTB) 冨岡 鉄平
正木 健介 → 下瀬 央輔(後0分) 14(WTB) 平田 倫大
N.リガイリ 15(FB) 吉田 大樹
[セコム得点者]
トライ 小松1(前19分)、堀籠1(後28分)、リガイリ1(後39分)、正木1(後42分)
コンバージョン 長井1/1、鈴木健2/3
[東芝府中得点者]
トライ 平田1(前4分)、吉田朋1(前14分)、宮下(1後33分)
コンバージョン 廣瀬2/2、品川0/1

ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部