SECOM RUGGUTs

2004年
トップイーストリーグ10

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦

2004年
トップチャレンジシリーズ

●第1戦
●第2戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  32 明治安田生命  23
トップイーストリーグ10 第8戦 開催地 県営熊谷ラグビー場
開催日 2004年12月5日(日) キックオフ 14:00

開幕8連勝、3年ぶり100点ゲーム!

次戦、優勝かけた全勝対決へ弾み

 雨上がりの空には、いつにも増して強い風が吹いていた。開幕から8試合目、「この風、ラグビーをエンジョイできる理由が一つ増えたな」。加藤尋久ヘッドコーチが不敵に笑う。キーワードは「北風と太陽」。ラガーマンは五感を研ぎ澄ましてプレーに興じる。目で、耳でフィールドを、そして相手を体感するのだ。「ミッション#8=風を感じろ」。強風が肌をピリッと刺激した。

写真1
 今年も数え切れないほど天気予報が外れた。この日も関東地方の天気読みは見事に外れ、コートを着込んだ観客をじりじりと太陽光線が射す。もう12月なのに妙に暖かい。もとい、暑い。季節外れのお日様は、選手たちの体内に帯びた熱までも包み込んで逃がさなかった。
 開始1分、CTBに入った及川英典が風と共にラインを切り裂く。抜けたらゴールへ一直線。レフリーのトライを告げるくぐもった笛の音が、これから始まるトライショー開演のベルとなった。その後も5分おきのトライラッシュ。今シーズン、未だ白星なしと元気のない相手を尻目に、攻撃の手を緩めない。「どんどん前に出て、これまでよりもリズム良くボールを大きく動かすことができた」(渡邉庸介主将)。
写真2  そして別次元のレヴェルに達する男がマジシャンのようなランを見せる。ノーマン・リガイリ。見ている者にもわからないフィジアンステップ、何もしてないようで相手を置き去りにする。ゆっくり歩いているかのような空気で、気づいたときにはもうゴールラインの中。この凄さ、昨年ヴィリモニ・デラサウ(ヤマハ発動機→カンタベリー州協会)に夢中になったラグビーファンの方には、ぜひともご自身の目で見ていただきたいもの。ラガッツは前半だけで10本、66点。SO長井達哉は、強い風と友達になったかのように、トライ後のキックを確実にポストの間へ通す。それにしても風は一向に止む気配がない。ラインアウトに投げ込んだボールは大きく曲がり、フワッと浮かしたパスはあらぬ方向へと戻される。その中で長井のキックは低く、鋭く、速く。意志を持って真っ直ぐに伸びていた。
 後半に入ってもラガッツの勢いは止まらない。球際の争いで気を吐く両FL、渡邉主将と齊藤泰裕が体を張ってボールを出す。バックスが展開するボールを泥まみれの第3列は再び追いかける。走って、走って追いつくと、自然と楕円球はその手に戻ってくる。「またトライだ。また(齊藤)ヤスだ」。この日3トライの齊藤は、大学時代LOのプレーヤー。長身だが痩身。決してサイズで勝負できる選手ではないが、しつこいタックル、惜しみないサポートでレギュラーポジションを勝ち取った。後半36分、代わって入ったばかりのSO鈴木健がトライを挙げたところでついに得点は100を超える。3年ぶりの3ケタ得点、4年ぶりの公式戦完封勝利のおまけもついて完勝。開幕8連勝でリーグ優勝に王手をかけた。
写真3 写真4 写真5

 「3ケタ取ったことに正直大した意味はない。前半のスコアならもっと取れてもよかったはず。それよりも相手を0点に抑えられたことの方が嬉しい」(渡邉主将)。次週はリーグ最終戦、三菱重工相模原との全勝決戦に向けチームのムードは一気に高まった。風はまだ吹いている。
【Text by 小谷たけし】

セコムラガッツ   明治安田生命
前半 後半 得点 前半 後半
10 6 T 0 0
8 5 G 0 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
66 40 0 0
106 合計 0
6 反則 10

セコムラガッツ アキ 明治安田生命
トライゴールペナルティゴールドロップゴールプレーヤーノート ポジション トライゴールペナルティゴールドロップゴールプレーヤーノート
    山賀 敦之  (PR)     石川 賢太 
    川口 和晃前6分 (HO)     草野 正和 
    石塚 陽介  (PR)     塚原 稔 
    澤口 高正  (LO)     石川 真也 
    I.アフェアキ  (LO)     河久保 淳 
    齊藤 泰裕前30,36,後2分 (FL)     虻川 誠悟 
    渡邉 庸介  (FL)     千田 堯邑 
    小松 元気後28分 (NO8)     辻 孝浩 
    小池 善行後17分 (SH)     中嶋 禎大 
    長井 達哉後21分, 10/13 10(SO)     横戸 了一 
    下瀬 央輔3/3 11(WTB)     石塚 文裕 
    及川 英典前1分 12(CTB)     吉田 晋一郎 
    今井 通  13(CTB)     藤井 大輔 
    正木 健介前40分 14(WTB)     池亀 拓也 
    N.リガイリ前16,19,32分 15(FB)     大芝 智 
    千巖 和彦  16(R)     渓 英二 
    南山 英之  17(R)     田中 孝二 
    生沼 知裕  18(R)     植野 昌洋 
    脇屋 洋一  19(R)     内田 弘憲 
    大野 達也後36分 20(R)     柳 守 
    鈴木 健後36分 21(R)     星井 良介 
    S.バイ後23分 22(R)     上田 太郎 
    認定トライ前22分       
凡例
後半0分5.アフェアキ → 18.生沼 弟 交替 前半20分4.石川 → 18.植野
13.今井 → 22.バイ 前半30分6.虻川 → 19.内田
後半22分6.齊藤 → 19.脇屋 後半0分5.河久保 → 22.上田
10.長井 → 21.鈴木健 後半31分10.横戸 → 21.星井
後半27分9.小池 → 20.大野   
後半36分1.山賀 → 17.南山   
3.石塚 → 16.千巖   


ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部