SECOM RUGGUTs

2004年
トップイーストリーグ10

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦

2004年
トップチャレンジシリーズ

●第1戦
●第2戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  50 NTT東日本  14
トップイーストリーグ10 第4戦 開催地 セコムラグビーフィールド
開催日 2004年10月10日(日) キックオフ 14:00

一歩ずつ前へ。手応えつかむ4連勝

シンプルに力強く、集中力で勝った80分間

写真1  つくづく思い知らされることがある。ラグビーは情のスポーツだ、と。昨季からチームに加藤尋久ヘッドコーチを迎え、個々の判断で効率よくボールを動かすラグビーに取り組んでいるラガッツ。だが格闘技であるラグビーにおいては、技術論よりも何より、強靭な精神力が必要不可欠となる。ファイティングスピリット(闘争心)とコンセントレーション(集中力)。だからこそ、一人ひとりがゲームに向けた「いい準備」さえできれば、今リーグ戦での敗北など考えられない。
 開幕4戦目、前節で思わぬ苦戦を強いられたラガッツにとって、戦う理由は容易に探し出すことができた。アニマル浜口よろしく「気合だー!」と叫ばないまでも、選手たちから発せられる気持ちの昂ぶり。毎日繰り返される厳しい練習の成果を披露する場は、前後半合わせてたったの80分間しかない。連日降り続いた雨も上がり、曇天模様の下で行われたゲームは開始5分、チャンネル0(密集サイド)を割って抜け出したLOイノケ・アフェアキのトライで幕を開ける。
写真2写真3
 「スロースターター」と揶揄されるほど、立ち上がりに難があった今季の戦い。この日はキックオフから敵陣に突き進む。前半12分、ゴール前のモールからNo8セネ・タアラが飛び込み2本目。28分にはFB石橋秀基―WTB及川英典―FL渡邉主将と渡りトライを挙げると、34分にはラックから出たボールをCTB今井通がまっすぐに走りきり着実にスコアを重ねていった。「どこが攻めるポイントなのか。その選択がまだまだ。満足いく内容には程遠い」(加藤ヘッドコーチ)としながらも、後半も攻撃の手を緩めず計8トライ。タアラやフレティ・マホニという強力なペネトレーターが前に出て、スペースをTB陣が走り回る。派手なトライシーンの陰では平均身長で下回りながらも空中戦をほぼ完璧に制圧したラインアウトがあり、押して当然といわんばかりのスクラム戦の優位があった。「過去3戦、みんなの心のどこかに勝てるだろうと思っていた部分があったと思う。それを全部捨てさせてプレーした」(渡邉主将)。
写真4
 無論相手も、そんなラガッツにただ手をこまねいていたわけではない。東芝府中から移籍したFLアダム・パーカー選手が獅子奮迅、猛然とボールに絡み、ラガッツがワイドに展開する場面では一発のインターセプトを狙って、オフサイドラインぎりぎりの飛び出しもしてきた。それでも選手たちは慌てず、焦らずあくまでもシンプルに戦った。奪われたボールは取り返す。ボールを持ったら一歩でも前に出る。「気持ちがなきゃ、いいプレーなんてできないんだから。それをみんなで意識すればペナルティだって減るし、やりたいことだってできてくる」(仲野哲也)。
写真5  第4節、他会場では三菱重工相模原と釜石シーウェイブスが全勝同士で激突。思わぬ大差で三菱重工相模原に軍配が上がり、この時点で全勝は2チームだけとなった。  「少しは骨のあるゲームができたけど、前半で勝負を決められた試合。あと一本取れば、というところで逆に取られちゃったでしょ。そこがうちの甘さなんだよ。攻撃の手を緩めないで一気に畳み掛ける。そういう意識があればトライだってもっと沢山取れる」(加藤ヘッドコーチ)。そんなゲームを平然とやってのける。それがラガッツの標榜しているスタイルだ。

【Text by 小谷たけし】


映像 ビデオカメラ 前半28分、
渡邉主将の今季初トライ
映像 ビデオカメラ 前半34分、
今井が抜けてトライ


セコムラガッツ   NTT東日本
前半 後半 得点 前半 後半
4 4 T 1 1
1 4 G 1 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
22 28 7 7
50 合計 14
13 反則 9

セコムラガッツ アキ NTT東日本
トライゴールペナルティゴールドロップゴールプレーヤーノート ポジション トライゴールペナルティゴールドロップゴールプレーヤーノート
    千巖 和彦  (PR)     秋葉 俊和 
    安藤 敬介  (HO)     大内 和樹 
    竹内 基詔  (PR)     山本 和林 
    生沼 知裕  (LO)     G.ヒスロップ 
    I.アフェアキ前5分 (LO)     馬屋原 誠 
    澤口 高正  (FL)     細川 智広 
    渡邉 庸介前28分 (FL)     A.パーカー後18分
    S.タアラ前12,後4分 (NO8)     大沼 照幸 
    大野 達也  (SH)     高木 洋彦 
    小坂 彰伸4/7 10(SO)     山下 広太 
    及川 英典  11(WTB)     菱山 卓 
    遊佐 和彦  12(CTB)     宮本 勝美 
    今井 通前34分 13(CTB)     藤井 洋 
    鈴木 貴士後25,27分 14(WTB)     高井 健治 
    石橋 秀基  15(FB)     長島 修2/2
    小池 善行後38分 16(R)     下山 貴弘 
    仲野 哲也1/1 17(R)     佐子 達仁 
    N.リガイリ  18(R)     今村 尚 
    F.マホニ  19(R)     山崎 隆司 
    脇屋 洋一  20(R)     柴田 智久 
    山賀 敦之  21(R)     T.グラッシー 
    川口 和晃  22(R)     上村 政和 
           認定トライ前38分
凡例
後半12分5.アフェアキ → 19.マホニ 交替 前半39分4.ヒスロップ → 18.今村
後半20分8.タアラ → 20.脇屋 後半0分12.宮本 → 21.グラッシー
9.大野 → 16.小池 後半19分6.細川 → 19.山崎
15.石橋 → 18.リガイリ 9.高木 → 20.柴田
後半30分10.小坂 → 17.仲野 後半28分3.山本 → 16.下山
後半32分7.渡邊 → 22.川口 後半36分8.大沼 → 17.佐子
   後半39分1.秋葉 → 3.山本


ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部