SECOM RUGGUTs

2003年トップリーグ

●第1節
●第2節
●第3節
●第4節
●第5節
●第6節
●第7節
●第8節
●第9節
●第10節
●第12節


試合日程/結果

セコムラガッツ  27 神戸製鋼コベルコスティーラーズ  45
トップリーグ 第4節 開催地 近鉄花園ラグビー場
開催日 2003年11月15日(土) キックオフ 12:00

神戸製鋼に惜敗!

写真1
写真2
写真3
写真4
写真5

 写真6

【加藤尋久ヘッドコーチ】
前半は意図したゲームが出来たが、後半は神戸の力を見せつけられた。オフロードパスなど、つなぎの部分でやられた。サントリー戦でも前半は意図したプレーが出来たので、今後ゲームを通じて成長していきたい。

【澤口高正ゲームキャプテン】
前半はまとまって仕掛けていき、デフェンスも機能できたが、後半は神戸の一人目のアタッカーを倒せずモールで崩された。次は修正していきたい。



3トライ。あと1トライで勝ち点を取れたが・・・
加藤尋久ヘッドコーチ
勝ち点1を取るのも目的かもしれないが、1試合1試合しっかり臨むほうが良いと思う。目先の勝ち点を追うと自分たちを見失ってしまう。確かにここのところずっと3トライをあげているので残念だが、格下のチームが生意気なことを言うようだが力をつけていきたい。

東芝戦の大敗からサントリー、神戸と前進した戦いをしてこれからの手応えは?
澤口高正キャプテン
ワールドカップの期間が空いたので、皆でやり直そうと話した。結果は食らいつくような戦いが出来るようになった。後は自信となるような勝ちが欲しい。

神戸出身の監督としての思いは?
加藤尋久ヘッドコーチ
お世話になったチーム。勝って恩返しをしたかったが、まだまだ。

セコムラガッツ   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
前半 後半 得点 前半 後半
1 2 T 2 5
1 2 G 1 4
1 0 PG 0 0
1 0 DG 0 0
13 14 12 33
27 合計 45

セコムラガッツ position 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
  山賀 敦之 → 千巌 和彦(後19分) (PR)   中道 紀和 → 南條 賢太(後26分)
  安藤 敬介 (HO)   松原 裕司
  田村 勝人 → 竹内 基詔(後20分) (PR)   清水 秀司 → 石井 良昌(後32分)
  澤口 高正 (LO)   小泉 和也 → 林 慶鎬(後36分)
  生沼 元 → S.タアラ(後30分) (LO)   R.ウィリス
  I.アフェアキ (FL)   高森 雅和
  岡本 信児 (FL)   伊藤 剛臣
  F.マホニ → 前田 貴洋(後26分) (NO8)   斉藤 祐也
  鈴木 貴士 (SH)   苑田 右ニ → 西田 陽平(後0分)
  仲野 哲也 10(SO)   今村 友基
  赤木 基浩 11(WTB)   大門 隼人
  艶島 悠介 12(CTB)   元木 由記雄
  今井 通 13(CTB)   吉田 明
  石橋 秀基 14(WTB)   P.ホラ
  長井 達哉 15(FB)   八ッ橋 修身 → 平尾 剛史(後15分)
[セコム得点者]
トライ 赤木1(前半33分)、タアラ1(後半31分)、石橋1(後半40分)
ゴール 長井3
P G 長井1(前半13分)
D G 仲野1(前半35分)

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部