SECOM RUGGUTs

2003年オープン戦

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦
●第8戦
●第9戦
●第10戦
●第11戦
●第12戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  17 ヤマハ発動機(ジュビロ)  76
2003オープン戦 第7戦(40分×3) 開催地 磐田市大久保グラウンド
開催日 2003年8月1日(金) キックオフ 17:00

ヤマハ発動機(ジュビロ)に破れる

写真1

写真2


  今秋から始まるラグビートップリーグに参加するヤマハ発動機とセコムが1日、40分3本の変則で練習試合を行いました。
 現時点でのベストメンバーを組んできたヤマハに対して、セコムはセレクションという位置づけで縦割りのチーム編成で望み、17−76で敗戦。しかし春シーズンに行った6試合よりも内容の濃く素晴らしいゲームができたと思います。

【加藤ヘッドコーチ】
ここに来て各シチュエーションでの判断と決断、実行が大分できるようになってきていて、以前のラグビーに比べ「質」が変ってきた。
【渡邊主将】(この日は怪我で休養)
ことしはまだ個人スキルしかやっていないので結果にはこだわってない。楽しくラグビーをするのが目標。

セコムラガッツ   ヤマハ発動機(ジュビロ)
前半 後半 得点 前半 後半
10 1本目 47
0 2本目 14
7 3本目 15
17 合計 76

セコムラガッツ position ヤマハ発動機(ジュビロ)
  山賀 敦之 → 千巌 和彦 → 渡部 英明 (PR)   -
  上野 進 → 安藤 敬介 (HO)   -
  竹内 基詔 → 田村 勝人 → 石塚 陽介 (PR)   -
  澤口 高正 → 生沼 元 (LO)   -
  都出 清士郎 → I.アフェアキ → 斎藤 泰裕 (LO)   -
  齋藤 泰裕 → 川口 和晃 → 岡本 信児 (FL)   -
  前田 貴洋 → 脇屋 洋一 → 山崎 洋吾 (FL)   -
  S.タアラ → 山崎 洋吾 → 脇屋 洋一 (NO8)   -
  大野 達也 → 鈴木 貴士 → 小池 善行 (SH)   -
  高 彰伸 → 沼田 一樹 → 仲野 哲也 10(SO)   -
  堀籠 道也 → 津田 康太 → 赤木 基浩 11(WTB)   -
  亀岡 孝広 → 遊佐 和彦 → 堀籠 道也 → 畑山 幸彦 12(CTB)   -
  遊佐 和彦 → 伊藤 善幸 → 峰 健洋 → 伊藤 善幸 13(CTB)   -
  及川 英典 → 石橋 秀基 → 及川 英典 → 鈴木 貴士 14(WTB)   -
  畑山 幸彦 → 長井 達哉 15(FB)   -

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部