SECOM RUGGUTs

2002年オープン戦

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  21 東芝府中  54
2002オープン戦 第3戦 開催地 東芝府中グランド
開催日 2002年6月1日(土) キックオフ 14:00

東芝府中に完敗!

走るイメージ

  2002プレシーズンマッチ第3戦は昨年度のリーグ戦で完敗している東芝府中との対戦。2002公式戦初戦の相手でもある。先週のJAL戦を若手メンバーで戦った為、今回はベテランプレーヤーを中心にした布陣でスタートメンバーを組んだ。
結果的に大敗も、手応えを感じた試合
 前半、連続攻撃から何度も敵陣に攻め込むも、肝心な所でミスが出てなかなかトライを奪うことが出来ない。しかし徐々にスクラムで優位に立ち始めると、セコムペースとなっていく。
 15分にハーフライン付近にできたラックから左に展開すると、CTB遊佐が縦に抜け出し30mをゲイン、FLマホニ、WTB及川とつなぎ左端に先制トライを奪う。その直後、東芝にモールを押しこまれてトライを奪われるも、23分に再びラックを連取しLOタアラがトライ。14対12とリードして前半を終える。
 メンバーを11人入替えて戦った後半は、完全に東芝ペース。14分にトライを奪われると、ディフェンスが崩れ始めその後5トライを奪われてしまう。終了間際にNo8前田が40mを独走し1トライ返すも及ばず、21対54で敗れた。

 結果的に大敗も、かなりの手応えを感じた試合であった。
 前半の遊佐、艶島が組んだ両CTBのタックルはすばらしく、東芝バックスの攻撃を何度も寸断した。昨年押されたスクラムでも山賀、上野、竹内で組んだフロントロー陣が圧倒。昨年をケガで棒に振った、No8前田、WTB及川も久々にフル出場を果たすなど今後が非常に楽しみである。


セコムラガッツ   東芝府中
前半 後半 得点 前半 後半
2 1 T 2 6
2 1 G 1 6
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
14 7 12 42
21 合計 54

セコムラガッツ position 東芝府中
  山賀 敦之 → 渡部 英明 (PR)   -
  上野 進 → 赤嶺 良太郎 (HO)   -
  竹内 基詔 → 田村 勝人 (PR)   -
  生沼 元 (LO)   -
  S.タアラ → 山崎 洋吾 (LO)   -
  F.マホニ → 岡本 信児 (FL)   -
  渡邊 庸介 → 小林 拓 (FL)   -
  前田 貴洋 (NO8)   -
  小池 善行 (SH)   -
  仲野 哲也 → 沼田 一樹 10(SO)   -
  及川 英典 11(WTB)   -
  遊佐 和彦 → 今井 通 12(CTB)   -
  艶島 悠介 → 伊藤 善幸 13(CTB)   -
  畑山 幸彦 → 堀籠 道也 14(WTB)   -
  長井 達哉 → 金澤 淳一 15(FB)   -

※セコムメンバーのみ掲載

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部