SECOM RUGGUTs

2002年オープン戦

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  77 JAL  19
2002オープン戦 第2戦 開催地 熊谷Cグランド
開催日 2002年5月25日(土) キックオフ 13:00

関東1部リーグJALに勝利!

写真1

写真2

写真2


  2002プレシーズンマッチ第2戦は関東1部リーグで最近力をつけてきたJALとの対戦。セコムは今年入社のニュープレーヤーを中心にした若いメンバーで試合に挑んだ。
前半で勝負を決めるも課題の残る試合
 前半、連続攻撃から何度も敵陣に攻め込むも、肝心な所でミスが出てなかなかトライを奪うことが出来ない。しかし千巖、安藤、石塚のニュープレーヤーで固めたフロントローがスクラムで優位に立ち始めると、徐々にセコムペースになっていく。
 7分にFW陣のターンオーバーからHBで積極的に攻撃を仕掛け沼田がトライを奪うと、その後はセコムのトライラッシュが始まり計7トライ。前半で勝負を決めた。
 後半に入り4トライ追加するも、気温の暑さからか集中力をなくす場面が何度も見られ、タックルミス、ディフェンスミスからJALに2トライを献上。課題の残る試合となった。

 今回のチームは1、2年目を主体とした若いメンバーに、ケガから復帰したメンバーを加えた編成で挑んだ。
 ほとんどのトライをBKで奪うなど、テンポの良い攻撃を見せてくれた半面、うまくディフェンスされると行き詰まってしまい、戸惑う場面が何度か見られた。今後の反省点として修正して行きたい。
 この試合で畑山選手が昨年負ったケガから復帰。すばらしい動きを見せてくれた。今後に期待したい。


セコムラガッツ   JAL
前半 後半 得点 前半 後半
7 4 T 1 2
7 4 G 1 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
49 28 7 12
77 合計 19

セコムラガッツ position ヤマハ発動機
  千巖 和彦 (PR)   -
  安藤 敬介 (HO)   -
  石塚 陽介 → 田村 勝人 (PR)   -
  S.タアラ (LO)   -
  山崎 洋吾 (LO)   -
  渡邊 庸介 → 岡本 信児 (FL)   -
  都出 清士郎 (FL)   -
  脇屋 洋一 → 小林 拓 (NO8)   -
  小池 善行 → 仲野 哲也 (SH)   -
  沼田 一樹 → 金澤 淳一 10(SO)   -
  及川 英典 → 堀籠 道也 11(WTB)   -
  遊佐 和彦 → 今井 通 12(CTB)   -
  伊藤 善幸 13(CTB)   -
  津田 康太 14(WTB)   -
  畑山 幸彦 → 長井 達哉 15(FB)   -

※セコムメンバーのみ掲載

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部