SECOM RUGGUTs

2002年オープン戦

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  49 ヤマハ発動機  17
2002オープン戦 第1戦 開催地 ヤマハ大久保グランド
開催日 2002年5月18日(土) キックオフ 13:00

進化著しいヤマハに後半逆転勝利!

写真1

写真2


  2002シーズン初の試合の相手は、最近著しい進化を見せるヤマハ発動機。セコムは前日まで合宿をおこなっていた、ヤマハリゾートからバスで大久保グランドに入り試合に挑んだ。
後半、セコムのトライラッシュ
 前半、連続攻撃から何度も敵陣に攻め込むもボディーコントロール、ボールコントロールなどで正確さを欠き、トライを奪えない。逆にターンオーバーからトライを許すなど、ちぐはぐな攻めが目立ち、0-12とリードを許し前半を終える。
 後半、SH小池を除き14人が交代すると、有利に立ったスクラムを起点にリズムのある攻めが見え始め、セコムのトライラッシュが始まる。合宿で練習した継続プレーからの連続攻撃でトライを奪うと、No8前田、CTB遊佐、伊藤らが厳しいディフェンスを披露。ターンオーバーからのカウンターアッタクでもトライを奪うなど、グッドパフォーマンスを見せてくれた。

 今回の試合はチームを均等に分けた縦割りメンバーでおこなったが、前半の反省点を後半に修正するなど、部員全体のレヴェルアップを感じさせてくれた。ただFW周辺のディフェンスやボディーコントロールなど、まだまだ修正すべき点は多く見られた。

セコムラガッツ   ヤマハ発動機
前半 後半 得点 前半 後半
0 7 T 2 1
0 7 G 1 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
0 49 12 17
49 合計 17

セコムラガッツ position ヤマハ発動機
  渡部 英明 → 山賀 敦之 → 千巖 和彦 (PR)   -
  赤嶺 良太郎 → 上野 進 → 安藤 敬介 (HO)   -
  田村 勝人 → 竹内 基詔 → 石塚 陽介 (PR)   -
  山崎 洋吾 → 澤口 高正 (LO)   -
  I.アフェアキ → 生沼 元 (LO)   -
  脇屋 洋一 → 都出 清士郎 → 小林 拓 (FL)   -
  渡邊 庸介 → 岡本 信児 (FL)   -
  F.マホニ → 前田 貴洋 (NO8)   -
  小池 善行 (SH)   -
  金澤 淳一 → 沼田 一樹 → 仲野 哲也 10(SO)   -
  堀籠 道也 → 津田 康太 11(WTB)   -
  今井 通 → 遊佐 和彦 12(CTB)   -
  艶島 悠介 → 伊藤 善幸 13(CTB)   -
  及川 英典 → 栗原 聖 14(WTB)   -
  大野 明人 → 長井 達哉 15(FB)   -

※セコムメンバーのみ掲載

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部