SECOM RUGGUTs

2001年
東日本社会人リーグ

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦

全国社会人大会

●第1戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  103 三菱重工相模原  15
東日本社会人リーグ 第7戦 開催地 東京スタジアム
開催日 2001年12月1日(土) キックオフ 12:00

部員のレヴェルアップを実感した最終戦

写真1
写真2
写真3
写真4

 関東リーグ時代から、何度も苦杯を飲まされている相手、三菱重工相模原。激しいFWとスピードあるBKを持つ好チームだ。ここまで全敗ながら先週のリコー戦では互角の戦いみせるなど、調子を上げてきている。
対するセコムは、キャプテンの上野(HO)が怪我のため欠場も、怪我の癒えたLOセネ・タアラ、FL渡邊らが復帰、更に今シーズン初めて、WTB伊藤がスタメンに入り、ほぼベストメンバーで三菱重工相模原に挑んだ。

前半三菱のキックオフ、開始早々セコムFWがサイドを突破し敵陣に攻め込むも、キックで押し返され、なかなか点が取れない。逆に自陣で反則を犯し、三菱のFB浦田にPGを決められ、先制点を与えてしまう。その後セコムもゴール前ラインアウトからモールを押しこみトライを決め逆転するも、直後セコムがパスアウトしたボールを三菱SO伊藤にインターセプトされリードを許してしまい、いやな雰囲気が流れはじめる。しかし直後のキックオフからセコムにビッグプレーが生まれる。キックオフのボールをLOタアラがクリーンキャッチすると素早く右に展開、仲野−今井とボールが渡り、ライン参加したFB長井にパス、長井はタックルを受けながらも、WTB栗原に芸術的なパスを通し、そのままノーホイッスルトライ、一気にセコムペースとなる。長井はその直後にも、厳しい間合いからのラストパスでトライをアシスト、自らもタイミングの良いライン参加で2トライを上げるなど前半大活躍。セコムはその後、5分おきにトライを奪い、43−10と大きくリードを広げてハーフタイムを迎える。
後半、またも三菱に先制点を与えてしまうが、この試合のセコムには、焼け石に水だった。後半7分にWTB栗原がこの日3本目のトライを決めると、その後交代で入った選手達が大活躍、意気上がるセコムは疲れの見え始めた三菱を尻目に約4分おきにトライを決め、終わって見れば、関東1部リーグ、東日本リーグを通じてセコム初の100点ゲームでノーサイド。リーグ最終戦を最高のかたちで終えることが出来た。

この日のセコムフィフティーンのパフォーマンスはすばらしかった。特に後半交代で入ったリザーブ選手達の動きは、レギュラー選手達の動きを凌ぐものであり、部員全体のレヴェルアップを感じさせてくれた。
セコム、この試合のマンオブザマッチはFB長井達哉。得意のキックは安定性を欠いたが、持ち前の器用なプレーを何度も披露、自らも2トライするなどリーグの得点王争いでも上位につけている。シーズン当初は、不慣れなポジションで戸惑いを見せる場面が目に付いたが、最近のゲームでは、思いきりの良いディフェンス等で期待以上の働きを見せている。
次戦は全国社会人大会1回戦、今シーズンの目標であるベスト8へ向けて前進あるのみだ。


【監督の眼】
ここ数年、接戦を繰り広げてきた三菱重工相模原に対し大差で勝利できた事は、後に行われる全国大会に向け大きな弾みとなります。しかしこの大勝のなかにも、反省するべきプレーが数多くあるので、残り2週間で修正し、ベストコンディションで全国大会に挑みたいと思います。皆様、ご声援宜しくお願い致します。

セコムラガッツ   三菱重工相模原
前半 後半 得点 前半 後半
7 9 T 1 1
4 6 G 1 0
0 1 PG 1 0
0 0 DG 0 0
43 60 10 5
103 合計 15

セコムラガッツ position 三菱重工相模原
  渡部 英明 → 山賀 敦之 (PR)   千田 国明 → 高橋 勝朗
  赤嶺 良太郎 (HO)   辻 毅彦 → 虻川 聖二
  竹内 基詔 → 田村 勝人 (PR)   鈴木 利洋
  澤口 高正 (LO)   浅利 通明 → 赤根谷 直樹
  S.タアラ → 生沼 元 (LO)   青柳 武
  渡邊 庸介 → 浅野 和義 (FL)   貝塚 勇 → 松井 剛平
  岡本 信児 (FL)   相良 南海夫
  F.マホニ (NO8)   S.カレタ
  小池 善行 → 鈴木 修 (SH)   秋山 剛規 → 木村 亮
  仲野 哲也 10(SO)   伊藤 英樹
  伊藤 善幸 11(WTB)   岩倉 大志 → 松永 武仁
  今井 通 12(CTB)   佐々木 健次 → 石井 晃
  艶島 悠介 → 遊佐 和彦 13(CTB)   福士 勇二
  栗原 聖 → 笠井 道也 14(WTB)   山本 肇
  長井 達哉 15(FB)   浦田 昇平

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部