SECOM RUGGUTs

2001年
東日本社会人リーグ

●第1戦
●第2戦
●第3戦
●第4戦
●第5戦
●第6戦
●第7戦

全国社会人大会

●第1戦


試合日程/結果

セコムラガッツ  42 三洋電機ワイルドナイツ  24
東日本社会人リーグ 第3戦 開催地 盛岡南公園球技場
開催日 2001年10月7日(日) キックオフ 13:00

後半逆転、一気に突き放す

写真1
写真2
写真3
写真4
写真5

 昨年度の東日本リーグ4強の一角、三洋電機はここまでまさかの2連敗、今回メンバーを大幅に入れ替えてきた。FWに佐藤(明)、相馬、ラファエアリ、中村(航)、BKに池田、吉田、ストロングマン、古賀、山内といった代表クラスを揃えた万全の布陣。
対するセコムは先週のサントリー戦から赤嶺が抜け、キャプテンの上野(HO)が復帰、ほぼベストメンバーで難敵、三洋電機に挑んだ。
今シーズン三洋電機とはオープン戦、国体予選と2度戦って1勝1敗。特に春の埼玉ラグビー祭では完敗しており、非常にタフなゲームが予想された。

先制点は三洋電機、前半6分にセコムのディフェンスミスからストロングマンにビッグゲインを許し、最後は吉田に左隅にトライを奪われる。しかしセコムもすぐに反撃、ラックを連取し左に展開、SO仲野が三洋ディフェンスの裏に絶妙のグラバーキックを転がすと、新戦力のWTB栗原がボールをキャッチ、そのまま30mを走りきり左中間にトライ。ゴールも決まって、7−7の同点とする。セコムはその後も敵陣深く攻めこむも、ミスやペナルティでトライを奪えず、逆に三洋電機に2トライ追加されて、8点差で前半を終える。
後半の先制点も三洋電機、SHの池田にPGを決められ、13−24と点差を11点に広げられると、その2分後にもセコムゴール真正面で痛恨のペナルティを犯してしまう、このゴールが決まると、かなりきつい状況になってしまうところだったが三洋はこれを失敗、流れがセコムに傾き始める。
後半18分にPKから得たゴール前ラインアウトから、モールを15m押しこみLOタアラが今季4つ目のトライをあげ反撃開始、25分SH小池がラインアウトから、5人のタックルをかわして左中間にトライ、ついに逆転に成功すると、俄然セコムFWの動きが良くなる。30分にも小池が連続トライあげると、34分にFB長井がPGを成功させ、35−24と11点差とする。
その後のピンチも遊佐、艶島の両CTBがビッグタックルを決めて防ぐと、43分に三洋キック処理のパスを遊佐がインターセプト、40mを走りきり、駄目押しのトライでついにノーサイド。昨年の新日鉄釜石戦以来の東日本リーグ通算2勝目をあげた。
前半BKフロントスリーのコミュニケーションがうまく取れずに、ストロングマンに何度も走られる場面が目に付いたが、後半は艶島、遊佐の両CTBのタックルが決まりだしペースを掴む事ができた、ハーフタイムに前半の反省点をうまく修正できたのが良かった。

セコム、この試合のマンオブザマッチはNO8フレティ・マホニ。三洋電機ペースで進む前半にビッグタックルを連発。後半にも流れを変えるターンオーバーを演出するなど、獅子奮迅の活躍を見せた。他チームのトンガン達が「格が違う」と口を揃えるこの男が調子を上げて来たのは心強いかぎりだ。
次戦は強力FWを持つクボタとの戦い、ここ2年間で1勝1敗の戦積だが、昨年度は完敗している。関東リーグ時代から切磋琢磨してきた相手、場所は昨年と同じ秩父宮ラグビー場、なんとか番狂わせを起こしたい。


【監督の眼】
両チームともに絶対に負けられない試合、前半緊張からか硬さが抜けず細かいミスを繰り返し、リードを許してしまいましたが、後半SH小池の活躍、NO8マホニの迫力あるタックルにチームが勇気づけられ、勢いに乗ったセコムは後半三洋を一気に突き放し、勝利する事が出来ました。次戦は、三洋戦の反省点を克服し、更なる向上を目指し頑張りたいと思います。皆様ご声援よろしくお願い致します。

セコムラガッツ   三洋電機ワイルドナイツ
前半 後半 得点 前半 後半
1 4 T 3 0
1 3 G 3 0
2 1 PG 0 1
0 0 DG 0 0
13 29 21 3
42 合計 24

セコムラガッツ position 三洋電機ワイルドナイツ
  山賀 敦之 (PR)   佐藤 明善
  上野 進 (HO)   藤村 俊明 → 山田 貴志
  竹内 基詔 (PR)   相馬 明和
  澤口 高正 (LO)   佐藤 剛 → 和田 泰輝
  S.タアラ (LO)   福永 昇三
  渡邊 庸介 (FL)   青柳 勝彦
  岡本 信児 → 脇屋 洋一 (FL)   S.ラファエアリ
  F.マホニ (NO8)   中村 航 → 前田 久紀
  小池 善行 (SH)   池田 渉
  仲野 哲也 10(SO)   中村 雅啓 → 山浦 方裕
  笠井 道也 11(WTB)   吉田 義人
  遊佐 和彦 12(CTB)   N.ストロングマン → S.タウペアフェ
  艶島 悠介 13(CTB)   古賀 淳 → 小林 裕一
  栗原 聖 14(WTB)   山内 智一
  長井 達哉 15(FB)   三須 城太郎

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部