SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2011 Hot News > 2011年度キックオフミーティングを実施


2011 Hot News

2011年度キックオフミーティングを実施
チームスピリッツ「熱源」を制定、新主将に升本草原

セコムラグビー部1.待望の新入部員
待望の新入部員、新卒に加え、釜石やサニックスからもやってきた
【PHOTOGRAPHED BY YUKA SHIGA】
セコムラグビー部2.大野尊明氏
今季からチーム代表に就任し全員の前で挨拶する大野尊明氏
 4月16日、セコムラガッツは2011年度シーズンのキックオフミーティングを、埼玉県狭山市のセコムラグビーフィールドで行いました。
 すでに2月19日から全体練習はスタートしていましたが、新入部員7名(1名は練習生扱い)を迎え、新チームの正式な船出となりました。
 冒頭、今季からチーム代表に就任する大野尊明氏が挨拶し、東日本大震災で被災された方、亡くなられた方ならびにご遺族の方に向け黙祷を捧げました。
 大野代表は1977年、セコムの前身である日本警備保障(株)に入社。本社人事部次長などを歴任し、現在はセコムグループ社員と家族の福利厚生を支援する(株)ワンダードリームの代表取締役社長を務めています。創部当時から常にセコムラグビー部とは近く、強力な支援者として、陰日向となってサポートしていただいた経緯もあり、チームにとっては非常に心強い存在です。
 続いて、チームディレクターの安藤敬介(選手兼任)から新たに制定したチームスピリッツの説明がありました。これまでラガッツには「理念」「チームスピリッツ」「ラガーマンスピリッツ」の3本がありましたが、いずれも強化時代に日本一をめざすために定めたもの。現在のチームが共有し、一つになって目標を達成していくためにはどこかギャップを感じる内容となっていました。
セコムラグビー部3.新しいチームスピリッツ
ウエイトルームに設置されたラガッツの新しいチームスピリッツ
セコムラグビー部4.今季のチームスローガン「RESPECT」
今季のチームスローガン「RESPECT」を説明する渡邉庸介監督
セコムラグビー部5.新キャプテン升本草原
新キャプテンに指名された升本草原(写真右)、飛躍を誓う年に
 そこで、今シーズンから「熱源〜チームに熱を、サポーターに活力を〜」と題した4項目を新たに制定。安藤チームディレクターは「ラガッツが存在する限り、絶対にぶれない活動の柱を作りたかった。社員やファンに感動や活力を与える存在、社員や地域が共有できるコミュニティツール、そして困難に立ち向かう姿勢を示せる存在というのが、背伸びではない今のラガッツの本当の意味での立ち位置になる」とし、「これが企業スポーツとしてのラガッツの存在意義、これから半永久的に活動の旗印にしていきたい」と選手たちに訴えかけました。
 続いて新人選手が紹介されました。法政大からセコムに入社し、埼玉のクラブチームでプレーしていたHO寺山真司が加入したほか、日体大で昨季不動の5番を背負った立道裕昭。大阪の古豪・興國高ラグビー部でプレーした各務広晃は高専卒での入社。ラガッツに“ティーン”が入部は久々のこと。その同窓の田陵平。高校時代はボクシング部に所属し、大阪でランカー2位の実力者。ラグビーは未経験者なので、今季は練習生としてチームの活動に参加します。
 中途入社組ではトップリーグ所属・福岡サニックスブルースからSH池田健斗、トップイーストリーグ所属・釜石シーウェイブスからHO吉田竜二、関東社会人1部リーグ所属・富士ゼロックスからPR木下貴之がそれぞれセコムへの入社を決め、ラガッツの門を叩きました。
 グラウンドレベルを率いるのは3季目となる渡邉庸介(選手兼任)。新キャプテンには升本草原を指名。今季からバイスキャプテンを廃し、フォワードリーダーに西川匠、バックスリーダーに今村六十をそれぞれ据える布陣としました。
 今季のチームスローガンは「RESPECT」に決定。渡邉監督は「あえて直接テクニカルの部分には関係のないスローガンとした。まずチームを尊敬しましょう、チームメートを尊敬しましょう。そして社員や周りの方から尊敬される人間になりましょう。言うのは簡単で、でもこれをやりきった時の成果は必ずついてくると思っている。個人の努力次第、しんどいときにはリスペクト、熱源を常に思い出して頑張っていこう」と話しました。
 最後に荒川泰部長が挨拶に立ちました。
「強化中止から3年目。今年は一つの区切りで、勝負の年という思いがある。これまでもいろいろなことが起こり、幾度も動揺が走り、チームがバラバラになりそうなときもあった。それでも、苦境を乗り越える術を自分たちで見つけてきた。もうたいていのことが起きても、このチームは大丈夫だと思っている。セコムの理念には「泥水を逃げずに飲む」という教えがある。始めのうちは泥水で腹もこわしていたが、もうそれに耐えられるぐらい、みんなの心と体はタフになった。敬介が中心となって作った『チームスピリッツ』に基づいた活動をして、結果を残す年にしてほしい」。
 オフに手術した人間も多く、新人のユニットもこれから。震災の影響で春合宿は遠出を避け、4月29日〜5月1日、5月3〜4日の狭山合宿へと切り替えました。春シーズンは試合形式のオープン戦よりも合同練習が中心となる見通しです。グラウンド練習は毎週火・木曜の21時〜、土曜の11時をベースに活動していきます。
 今シーズンもラガッツをよろしくお願いします。
【the author BRAVO.K】
火傷するほど熱いラガッツの今シーズン、その火ぶたが切って落とされた
セコムラグビー部6:笑顔のラガッツ一同
ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部