SECOM RUGGUTs

2008 Hot News

キックオフミーティングを実施

 5月7日にラガッツは2008年度シーズンのキックオフミーティングを行いました。
 3月17日からの6週間をウェイト強化期間に充て、まずは戦える身体へと時間と労力を注いだラガッツ。ゴールデンウィーク明けのこの日、ラガッツの選手、スタッフ一同がセコム原宿本社のセコムホールへと集結し、翌日からの本格的なチーム練習を前に意思統一を図りました。
 まずは鈴木貴士キャプテンから今シーズンのターゲットである「トップリーグ昇格」と、チームスローガン「Step Up」の発表がありました。「目標へ向かって一歩一歩階段を登って行って、昨シーズン届かなかったトップリーグ昇格を何としても自分たちの力で達成しよう」と呼びかけました。
 続いて大村チームディレクターよりチーム組織、ベイデンヘッドコーチからは昨シーズンを踏まえてのSWOT分析。チームを、強み=Strengths、弱み=Weaknesses、機会(チャンス)=Opportunities、脅威(不安要素)=Threats、のそれぞれの観点から分析する手法の結果、選手への期待、目指すラグビーについて説明。その後、各担当スタッフの説明、発表を経て、久保田部長から「今日この日が戦う集団としてのラガッツの出発点です」という話で、約90分に及ぶキックオフミーティングは終了。
 トップリーグからリコーブラックラムズ、三菱重工相模原ダイナボアーズという2チームが降格し、熾烈な戦いが予想されるトップイーストリーグ11。勝負の年へ向けて、ラガッツが始動します。
鈴木貴主将 スティービンソンHC
2008年度チームスローガンと鈴木貴士キャプテン
ベイデン・スティービンソンヘッドコーチ

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部