SECOM RUGGUTs

2006 Hot News

杉戸町で「ラグビー教室」を開催

若手が中心にたっぷり2時間、優しく丁寧な指導

嬉しいトライ小原選手
女の子ラインアウト
 7月2日(日)、埼玉県北葛飾郡杉戸町のキズーチラグビーフィールドにおいて、「アルゴ交流会」が開催され、ラガッツのメンバーが約120人のスクール生を相手に指導を行いました。
 今回「ラグビー教室」を指導したのは、新人6選手を含む、ラガッツの一員となって2年以内の若い選手、それに阿部祐大普及担当、脇屋洋一アシスタントコーチなど。
 学年ごとにメニューを用意して、フットボールの魅力を余すことなく伝えた選手たち。自身も勉強になることは多かったようで、一様に晴れやかな顔つき、終始和やかな雰囲気のまま、あっという間に時間は過ぎていきました。
 今回参加したスクール生は、首都圏エリアでの開幕戦となるトップリーグ第2節、群馬県太田市で行われる三洋電機ワイルドナイツ戦に観戦に来てくれるそうなので、今度は強いラガッツの姿を披露して、ぜひ勝利をプレゼントしたいところです。
 埼玉県はラグビーが盛んな地域。唯一のトップチームであるラガッツは、ホームグランドを構える県南の狭山、川越、所沢を中心に、埼玉全域を視野に入れて、今後も競技人口の拡大、協議の普及・啓蒙活動に全力を挙げて取り組んでいきます。

写真3.ラガッツの面々 写真4.姫野選手
写真5.鈴木選手アドバイス 写真6.集合写真
写真7.サインをもらって大喜び

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部