SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2005 Hot News > フィジー・ナンドロガ地区代表へテーピング一式を贈呈


2005 Hot News

フィジー・ナンドロガ地区代表へテーピング一式を贈呈

ノーマン、バイは代表で奮闘、6カ国覇者・ウェールズ追い詰めた

地区代表リナカマ氏
地区代表キャプテン・リシラ選手
 遠く海の向こう──。昨年、NZ・フィジー遠征で対戦し、親交を深めたフィジーのナンドロガ地区代表チームへ、ラガッツからテーピング一式やラグビーボールなどが寄付されました。
 ナンドロガ地区代表チームは、昨年、今年とフィジー国内選手権で優勝を果たすなど、順調な仕上がりを見せています。
 チームを代表してテーピングを受け取ったナンドロガ地区代表の新コーチ、ジョージ・リナカマ氏(元フィジー代表)と、ナンドロガ地区代表キャプテンで、フィジー代表のイサイア・ラシラ選手から「セコムの今後、ますますの発展を心より祈ります。トップリーグでの活躍を期待しています」とお礼とエールをいただきました。

 また、現在フィジー代表で帰国中のノーマン・リガイリ、セレマイア・バイの両選手が12日、イギリスのカーディフ、ミレニアム・スタジアムで行われたウェールズとのテストマッチに出場しました。
 前半、ワールドファイティングブル所属のイフェレイミ・ラワンガがトライを奪い先制したフィジーは、7−0とリードしたまま後半へ折り返します。
 後半には、我らがバイがDGを決めるなど、試合終盤まで今季のシックスネーションズ覇者の強豪ウェールズを追い詰めましたが、最後はウェールズのフライハーフ、ニック・ロビンソンにDGを決められ10−11。わずか1点差で涙をのみました。
 両選手は今月下旬に来日し、トップリーグ後半戦に向けチームに合流します。
リガイリ選手バイ選手

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部