SECOM RUGGUTs

2005 Hot News

元南ア代表・エイスが加入

 今季最後の新戦力は元南アフリカ代表のピア・エイスだ。エイスは、2002年に南アフリカ代表スプリングボクスの一員として、スコットランドとのテストマッチに出場した経験を持つ選手。NECグリーンロケッツ所属のヤコ・ファンデル・ヴェスト・ハイゼン選手とも親交が深く、今回はじめての来日となった。FWのフロントロー以外、すべてのポジションをこなす。スピードとアグレッシブなプレースタイルで、同じく新戦力のスコット・カウチ(NZ)とともに、ラガッツのサイズ不足を補う期待の戦力。
 これにより外国人選手は5名となり、選手は総勢47人。この布陣で9月からのトップリーグに万全の態勢で挑む。

ピア・エイス選手
ピア・エイス選手
【本人のコメント】
「トップリーグでプレーすることは光栄であり、私にとって挑戦です。セコムラガッツは積極的で大変すばらしいチーム。相手ディフェンスラインをブレイクしていくプレーで、チームを前進させ、ラガッツをファイナルステージまで導きたい」


★ピア・エイス(本名:エイス・ピエトロス・ヨハネス)
  1976年2月5日、南アフリカ生まれ。29歳。ベン・ビヨンヌ高→グレン大を経て、スーパー12のストーマーズ、ブルズ(南アフリカ)、プレミアシップのリーズ(イングランド)などでプレーし今季からセコムラガッツ。主な代表歴は南アフリカ代表キャップ1。ポジションは、LO/FL/No8。198cm・108kg。
ページトップへ戻る
SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部