SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2005 Hot News > 狭山市ハーモニーフェスティバル2005に参加

2005 Hot News

狭山市ハーモニーフェスティバル2005に参加

用意した4つのアトラクションに、子供たちも大喜び

 4月24日、入間川河川敷にある狭山市上奥富運動公園で「ハーモニーフェスティバル2005〜夢ある未来のために〜」が開催され、地元セコムラガッツのメンバーも総出で参加しました。
 このテーマパークは、社団法人狭山青年会議所の設立25周年記念事業として催され、音楽やスポーツを通じて、子供から大人にまで夢や希望を与えるというもの。一日限りのイベントでしたが、絶好の天気にも恵まれ、会場にはなんと6万もの人が訪れました。
 会場は7つの広場に分かれており、その中の一つ「夢体感広場」では、さやまラグビースクールとラガッツのメンバーが子供たちとのふれあいの場を提供しました。

 ラガッツが用意したアトラクションは全部で4種類。
1.ラグビーボールを使った「楕円球版ストラックアウト」
2.「障害物競走」〜ラグビーボールをさがせ!〜
3.スクラム&ラインアウト「セットプレー体験」
4.「ハンドリングリレー」

 これら4つをスタンプラリー形式で回ると、最後に外国人選手が待つ景品コーナーへ。記念のセコムグッズのプレゼントと、人気者スコット・カウチ選手との記念撮影というおまけまで付いた、至れり尽くせりの内容です。
 この他にラグビースクールやタッチフットも行なわれ、参加した子供たちからも「ラグビーって面白い」、「またやりたい」と大好評。普段あまり馴染みのない趣向を凝らしたゲームに満足してもらえたようでした。
 別広場では、元読売ジャイアンツの広澤克美氏(現プロ野球解説者)による野球教室なども行なわれましたが、それにひけを取らない盛況ぶり。半日、子供のパワーに圧倒されっぱなしだった選手たちですが「とにかくみんな元気で参りました。でも楽しかったです」(中井高志選手)、「遊びに大人も子供もない。むしろこっちが遊んでもらったようなもん。たくさん友達が増えました」(阿部祐大選手)とまんざらでもなかった様子。
 キャンプ前最後となるオフを、新緑の芝の上、心身ともにリフレッシュして過ごした選手たちは、25日から始まる福島県Jヴィレッジでのスプリングキャンプに向かいました。

next画像をクリックすると別windowにて拡大写真がご覧になれます。

鈴木学選手 澤口選手 阿部選手
リフト体験 山賀選手 都出選手
斉藤コーチ タアラ選手とバイ選手 ラガッツのフロントスリー
ルーキー姫野選手 ストラックアウト 遊佐選手
スクールのみなさんと仲良く一枚
ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部