SECOM RUGGUTs

防犯対策・セキュリティのセコム TOP > セコムラグビー部 > 2004 Hot News > 上田埼玉県知事にトップリーグ昇格報告


2004 Hot News

上田埼玉県知事にトップリーグ昇格報告

「ラグビーを通じて、県を元気づけていきたい」と意欲

 ラガッツは3月3日、埼玉県庁に上田清司知事を訪ね、来季トップリーグ昇格と昨年10月に行われた埼玉国体総合優勝の報告を行ないました。
 この日の表敬訪問には中村康司部長を始め、渡邉庸介主将、及川英典選手ら7人が出席。埼玉県ラグビー協会副会長を務められる小林哲也県議会議員もお祝いに駆けつけるなど、県の職員から手厚い歓迎を受けました。
 上田知事からは「埼玉県は全国で2番目に人口年齢の若い県。みなさんのあふれる活力で県を元気づけてください」と労いの言葉をいただきました。
知事にサインボールをプレゼント  また参列者の紹介では、山賀敦之選手に対し知事が「名前の通り、山のように大きな方ですね」と冗談をいう一幕も。終始和やかな雰囲気で会談は進み、最後に渡邉主将から選手全員のサインが入った記念のボールが贈られました。
 この模様は、翌日の地元紙で、同日に新ユニフォームを知事に贈呈したサッカーJリーグの浦和レッドダイヤモンズの記事とともに大きく報じられました。
 埼玉県は「ラグビータウン」熊谷市を中心にスポーツ活動の盛んな地域です。来季は、地元狭山を足がかりに世界へ羽ばたかんとするラガッツに、ご期待ください。

上田知事を囲んで記念撮影
ページトップへ戻る


SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部