SECOM RUGGUTs

メンバー紹介


インタビュー/コラム

山賀left山賀right
 クローズアップコーナーでは、セコムラグビー部に関係した人物や事柄にスポットをあて、ご紹介して行きたいと思います。
 記念すべき第1回は、セコムラグビー部のスクラムの要である、PRの山賀敦之君にクローズアップしたいと思います。山賀君へのインタヴューは彼の部屋でリラックスした中で行なわれました。いつもピチピチのオールドスタイルのラグビーパンツをはいて試合をする彼は、関東の社会人チームの中で知らない人はいないくらいの有名人です。スクラムの強さも定評があり、今ではセコムラグビー部の中心選手として活躍しています。

.......

◆ ◆
出身は何処ですか?

埼玉県浦和市で生まれ育ちました。小さい頃から落ち着きの無い子で、よく三輪車に乗っては、頭から落ちてケガをしていました。小学校の通信簿はいつも「落ち着きが無い、不器用」と書いてありました。

◆ ◆ なにかスポーツはやっていましたか?
小学校に入って剣道とわんぱく相撲を始めました。近くにあった小松原高校の相撲部で稽古をしていました。一度、当時大関だった北尾と対戦したが、びくともしなかった。最後は十数人で倒しに行ったが、歯が立ちませんでした。剣道の方は鳴かず飛ばずでした。

◆ ◆ 中学校の時は?
中学でも剣道部に入りましたが、完全に幽霊部員でした。友達とカブトムシを取りに行ったり、近くの見沼用水に釣りに行ったりしてました。

◆ ◆ ラグビーを始めたきっかけは?
昔からたまに早明戦とかを見てて興味は持っていたのですが、一番の理由はスクールウォーズを見てですね、高校では絶対にラグビー部に入ろうと思って浦和近辺でラグビー部のある学校を探してみたのですが、なにせ浦和はサッカーの町、唯一浦和高校にラグビー部はありましたが、僕の頭では入れるわけありませんでしたからね、ラグビーマガジンを買って調べてみたら、朝霞の方にラグビー部がある学校がある事が分りまして、自分の中学から1人だけ朝霞西高校に進学しました。

山賀選手1
◆ ◆ 高校生活はどうだった?
高校に入学するとすぐにラグビー部に入りました。そこで恩師である、大倉先生に出会いました。入部すると先輩に「お前は太ってるからプロップだ」と言われて、体重は68kgしかなかったんですけどね、それから今までプロップ一筋です。高校生活はすごく楽しかったです、上下関係も全くありませんでした。2年生から試合に出たのですが、埼工大深谷高と試合をした時にスクラムをメチャクチャ押されましてね、それからですねラグビーを真剣に取り組み始めたのは。
3年生になってからは朝練も始め、練習が終わってから毎日2時間はウエイトトレーニングをしました。そのかいあって、その後は一度もスクラムを押されませんでした。
高校の時の一番の思い出は、「鶴ちゃんのプッツン5」の勝ちぬき相撲のコーナーに出演したことです。1回戦でジミ−大西に勝って、2回戦でボディービルダーにも勝ってしまった、そうしたら決勝戦には本物の相撲取りが出てきて負けてしまいました。こんな感じですから、文化祭の「学校で一番面白い奴コンテスト」では3年連続NO1に選ばれました。

◆ ◆ 大学は?
大倉先生の強い勧めもあって、帝京大学に入学しました。ラグビー部に入部すると回りは有名選手ばかりですごいギャップを感じました。スクラムにも少しは自信があったのですが、全く歯が立たず毎日泣きながら練習してたのを思い出します。練習が終わると部室の掃除やグラウンド整備などがあり、寮に入っていなかった私は毎日終電で自宅に帰っていました。4年生とは怖くて全くしゃべれませんでしたね、その頃の口癖は「すみません」でしたからね。1年生の時は本当に辛くて、シーズン中は、早く負けろといつも思っていました。

山賀選手2
◆ ◆ いつからレギュラーになったの?
3年生の春頃は8本目のチームでやっていました。何をやっても怒られてばかりで、ウエイトトレーニングばかりやっていたので、「お前はウエイト部に行ってしまえ」といつも言われてました。その年の夏合宿での試合で同期のスクラムハーフだった柳田君(現NTT西日本)に操られて、サイド突破を何度もしてちょっと目立ったら2次合宿でいきなり1本目に上がってしまった。自分も皆もびっくりしてました。それからは殆どの公式戦に出場させてもらいました。でも3年の時も、4年の時も選手権で関東学院に負けました。

◆ ◆ 就職は?
最初は芸能人のマネージャーになりたくて、当時の部長だった増村先生に相談したら「いいかげんにしろ」って怒られました。「お前は社会人でもラグビーを続けた方がいい」と言われ、セコムに推薦していただきました。

◆ ◆ セコムはどうだった?
まず同期に元日本代表の藤原君がいて感動しました。それとNO8のマホニとも同期です。マホニは半端無くすごかった。外国人選手との出会いがとても新鮮で楽しかったですね。思い出の試合は3年前の明治生命戦、FWに怪我人や一時退場者が相次ぎ、5人でスクラムを組んだ時があったのですが、それでも押されなかったことが今の自信につながっています。2度とあんな経験はないでしょうね。セコムは毎年レヴェルアップしています。私が入社した時よりも確実に強くなっている。

山賀選手3
◆ ◆ 目標とかありますか?
スクラムには自信がありますが、ペナルティーを取られる事が多々あり、いまだに社会人ラグビーのスクラムに苦戦しています。これからはがむしゃらに押すだけではなく、対戦相手によって組み方を変えられるような、臨機応変なスクラムが組める様になりたいですね。とにかくスクラムを極めたいです。あとベルトレスのラグビーパンツをもっと普及させたいです。昔は皆はいていたのに、今では私だけになってしまいました。もう一度あのパンツを流行らせたいですね。

◆ ◆ ラグビーとは?
スクラムです。あと、人との出会いですかね。
セコムラグビー部をもっともっと応援してください。
[2001.11.14]

.......
【聞き手】セコムラグビー部 元渉外担当 尾崎 貴浩

ページトップへ戻る

SECOM 信頼される安心を、社会へ。 お問い合わせ セコムラグビー部