セキュリティ・防犯・警備のセコム。幅広いセキュリティサービスで防犯対策をサポート!

防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

走り続けるSECOM 過去に協賛・支援したスポーツイベントのご紹介

「東京マラソン2015」オフィシャルパートナーとして協賛

TOKYO MARATHON 2015
TOKYO MARATHON 2015

昨年のフィニッシュゲートのようす
©Tokyo Marathon Foundation

 2015年2月22日(日)に開催される「東京マラソン2015」(主催:一般財団法人東京マラソン財団)にオフィシャルパートナーとして協賛しました。
 東京マラソンは、2015年で9回目の開催で、参加ランナー約36,000人、ボランティア約10,000人、沿道に駆け付ける応援者が100万人以上と多数の方が参加する日本最大規模のマラソン大会です。
 世界最高峰の6大会(東京、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティ)で構成する「ワールドマラソンメジャーズ」の加入大会としても3回目の大会となりました。

大会要項

大会名称 東京マラソン2015(英文名:Tokyo Marathon 2015)
兼第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)男子マラソン代表選手選考競技会
兼ワールドマラソンメジャーズシリーズ
主催 一般財団法人東京マラソン財団
開催日時 2015年(平成27年)2月22日(日)
午前9時9分
車いすスタート
午前9時10分
マラソン・10kmスタート
午前10時50分
10km競技終了
午後4時10分
マラソン競技終了
コース

マラソン:東京都庁〜飯田橋〜皇居前〜日比谷〜品川〜銀座〜日本橋〜浅草雷門〜築地〜豊洲〜東京ビッグサイト(日本陸上競技連盟/AIMS 公認コース)

10km:東京都庁〜飯田橋〜皇居前〜日比谷公園

定員
マラソン
:35,500人
10km
:500人

東京箱根間往復大学駅伝競走「箱根駅伝」の事業協賛社に決定

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走

 2015年1月2日(金)〜3日(土)に開催される「第91回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(主催:関東学生陸上競技連盟)に事業協賛し、大会の警備や自動体外式除細動器「AED」の提供を通じて、大会の「安全・安心」な運営支援を行いました。
 ご存じの通り「箱根駅伝」は東京・大手町(読売新聞社前)を出発し、鶴見、戸塚、平塚、小田原の各中継所を経て、神奈川県・芦ノ湖(芦ノ湖駐車場入口)までを結ぶ、往復200kmを超える大学駅伝競走で、日本のお正月を彩る風物詩です。2014年1月2日、3日に開催された大会では、沿道を中心に約126万人の応援者が駆けつけました。
 お正月の開催で90回を迎えた「箱根駅伝」は、年を追うごとに大会に対する人気が高まり、沿道の応援も過熱の一途をたどっています。一般道での開催であることを考慮し、競技会としてのランナーの安全確保と、安心して観客の皆さんが沿道で応援できる環境づくりを進めるため、今後いっそうの大会に対する警備強化が求められています。
 今回の事業協賛を通じて、セコムは大会の盛り上げを図ることはもちろん、お茶の間で絶大な人気を誇る「箱根駅伝」をこれまで以上に「安全・安心」に開催・運営することを目指し、沿道の警備や、出場チームに「AED」を提供するなど「安全・安心」の面から支援を行い、円滑な競技運営をサポートしました。
 合わせて、関東学生陸上競技連盟が主催する他の大会にも協力し、さまざまな形で学生スポーツを支援していく予定です。

大会要項

大会名称 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走
主催 関東学生陸上競技連盟
開催日時 2015年1月2日(金)〜3日(土)
コース 往路 大手町 読売新聞社前 − 日比谷 − 西新橋 − 三田 − 品川 − 六郷橋 − 鶴見 − 横浜駅 − 保土ヶ谷 − 戸塚 − 藤沢 − 平塚 − 大磯 − 二宮 − 小田原 − 元箱根 − 箱根町 芦ノ湖駐車場入口
復路 箱根町 芦ノ湖駐車場入口 − 元箱根 − 小田原 − 二宮 − 大磯 − 平塚 − 藤沢 − 戸塚 − 保土ヶ谷 − 横浜駅 − 鶴見 − 六郷橋 − 品川 − 三田 − 西新橋 − 日本橋 − 大手町 読売新聞社前

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 総合成績

順位 大学名 到着時間
1位 青山学院大学 10時間49分27秒
2位 駒澤大学 11時間00分17秒
3位 東洋大学 11時間01分22秒
4位 明治大学 11時間01分57秒
5位 早稲田大学 11時間02分15秒
6位 東海大学 11時間07分08秒
7位 城西大学 11時間08分15秒
8位 中央学院大学 11時間09分18秒
9位 山梨学院大学 11時間10分43秒
10位 大東文化大学 11時間11分15秒
11位 帝京大学 11時間13分30秒
12位 順天堂大学 11時間13分32秒
13位 日本大学 11時間17分59秒
14位 國学院大学 11時間18分12秒
15位 日本体育大学 11時間18分24秒
16位 拓殖大学 11時間18分24秒
17位 神奈川大学 11時間18分47秒
18位 上武大学 11時間18分53秒
19位 中央大学 11時間20分51秒
20位 創価大学 11時間31分40秒
  関東学生連合 11時間19分12秒(参考)

セコム上信越(株)が新潟シティマラソンに協賛

第32回新潟シティマラソン
第32回新潟シティマラソン

昨年の「新潟シティマラソン」の様子

 セコム上信越(株)は、2014年10月12日(日)に開催された「第32回新潟シティマラソン」(主催:新潟市・新潟市陸上競技協会・公益財団法人新潟市体育協会・新潟シティマラソン実行委員会)に協賛しました。
 「新潟シティマラソン」は、毎年10月の「体育の日」前日に開催。フルマラソン・ハーフマラソン・10kmの3種目合わせて、約12,000人のランナーが参加する日本陸上競技連盟公認大会です。
 新潟市の中心市街地「柾谷小路」や国の重要文化財「萬代橋」を通り、日本一の大河「信濃川」や日本海夕日ラインといった新潟ならではの豊かな景色を望みながら走るコースが特徴で、ゲストランナーにはシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんを迎え、ランナーへのハイタッチやコースの並走など大会を盛り上げました。
 セコム上信越では、今回の協賛を通じて、大会の盛り上げを図ることはもちろん「新潟シティマラソン」の沿道の警備などを行い、「安全・安心」で円滑な競技運営をサポートしました。

大会要項

大会名称 第32回新潟シティマラソン
主催 新潟市・新潟市陸上競技協会・公益財団法人新潟市体育協会・新潟シティマラソン実行委員会
開催日時 2014年10月12日(日)
競技時間 フル 午前8時30分〜午後1時30分
ハーフ 午前8時30分〜午前11時15分
10km 午前8時00分〜午前9時40分

ラグビー男子日本代表(JAPAN XV) VS マオリオールブラックス戦 協賛

 2014年11月に日本で開催されるラグビー男子日本代表の強化試合、日本代表(JAPAN XV)対マオリ・オールブラックス戦を、セコムが協賛しました。
日本代表がマオリ・オールブラックスに挑む

日本代表がマオリ・オールブラックスに挑む

 マオリ・オールブラックスは、ニュージーランドの先住民族マオリの血を引く選手たちで構成された代表チームのことです。ニュージーランドの代表チームでは、ナショナルチームであるオールブラックス(世界ランキング1位)に次ぐ実力を持ち、結成以来100年以上の伝統を誇る強豪チームです。
 一方、エディ・ジョーンズ監督率いる男子日本代表は、歴代最多のテストマッチ10連勝中。過去最高の世界ランク10位に上昇するなど好調を維持し、本年のイギリスのワールドカップに向け、強化の上で貴重な機会となりました。

■ 大会名称:日本代表(JAPAN XV)VS マオリ・オールブラックス
■ 主 催:(公財)日本ラグビーフットボール協会
日程 試合結果
11/1(土) 日本代表 21対61 マオリ・オールブラックス
11/8(土) 日本代表 18対20 マオリ・オールブラックス

ページの先頭へ

ホームセキュリティ防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラ防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティ・防犯・警備のセコム。監視カメラなどの防犯グッズからAEDまで幅広いセキュリティサービスで安全対策・防犯対策をサポート。