セコム・プレミアムネット(個人)規約

(提供するサービス)

第1条
セコム株式会社(以下「セコム」といいます)は、お客様に対し、セコム・プレミアムネット(個人)(以下「本サービス」といいます)を提供します。本サービスは、インターネットバンキングにおける不正送金やフィッシングサイトへの誘導等の脅威に対し、安全にインターネットバンキングサイトまたは証券オンライントレードサイトへ接続することを目的とするサービスです。お客様は、セコムの提供するUSBシンクライアントデバイスを利用することで、セコムのクラウド環境を介してインターネットバンキングサイトまたは証券オンライントレードサイトへ接続することができます。
2. 本サービスの契約条件は、本規約によります。
3. セコムは、本サービスの全部または一部をセコムトラストシステムズ株式会社に再委託するものとし、お客様はこれを予め承諾します。

(用語の定義)

第2条
本規約における用語とその意味を以下のとおり定義します。
(1)USBシンクライアントデバイス
セキュアなOS、VPN通信クライアントおよび専用ブラウザを搭載した、セコムが提供するUSBデバイスです。
(2)セコムクラウド
本サービスを提供する為にセコムセキュアデータセンターに設置するVPNゲートウェイ等のハードウェア群、およびソフトウェア群の総称をいいます。
(3)ホワイトリスト
本サービスにてアクセスできる金融機関サイトのFQDNの一覧です。ホワイトリストにあるサイト以外にはアクセスできません。
(4)URLフィルタリング
セコムが設定したホワイトリストとお客様がアクセスしようとしたURLを照合し、一致するアクセスのみを許可することです。
(5)VPN通信
インターネット回線を利用した仮想専用線接続を実現する通信です。USBシンクライアントデバイスとセコムクラウドを安全に通信する為に利用します。
本サービスでは、VPN通信クライアントとセコムクラウドに設置したVPN認証機器の間のSSL-VPN通信のことを指します。
(6)専用OS
USBシンクライアントデバイスにインストールされたOSです。
(7)専用ブラウザ
専用OS上で起動する、セコムが提供する本サービス専用のセキュアなWEBブラウザです。予め本サービスの利用に必要なクライアント証明書がインストールしてあります。
(8)専用ポータルサイト
接続可能なサイトの一覧が掲載されたサイトです。お知らせ事項の確認もできます。お知らせ事項は、セコムが登録・更新します。
(9)お客様
本サービスの利用契約をした個人をいいます。
(10)サイトアクセス情報
お客様が本サービスを利用してセコムクラウドを経由してアクセスした履歴(FQDN情報等)です。
(11)利用端末ID
お客様の使用するUSBシンクライアントデバイスの個別識別子になります。利用端末IDはUSBシンクライアントデバイスに印字されます。
(12)VPN認証
USBシンクライアントデバイスからセコムクラウド接続時の認証をいいます。
(13)データ保存機能用クライアント証明書(PC)
データファイルの保存機能を利用するPC用にセコムが発行する電子証明書を指します。(※データファイルの保存機能については、別紙−1サービス内容の「データファイルの保存場所の提供」を参照ください)
(14)データ保存機能用クライアント証明書(USBシンクライアントデバイス)
データファイルの保存機能を利用するUSBシンクライアントデバイス用にセコムが発行する電子証明書を指します。
(15)USBシンクライアントデバイス用クライアント証明書
セコムクラウドでの認証に使用するセコム発行の電子証明書を指します。
(16)金融機関サイト用クライアント証明書
金融機関サイトへのログイン認証に使用する金融機関発行の電子証明書を指します。

(契約の締結等)

第3条
セコムは、本サービスの申込があったときは、必要な審査・手続きを経た後にその申込を受け付け、USBシンクライアントデバイスの発送をもって承諾の意思表示を行うものとし、この承諾時に本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます)が成立するものとします。
2. セコムは、前各項の規定にかかわらず、お客様が次の各号の何れかに該当する場合には、本契約または変更契約を締結しないことができるものとします。
@ 金銭債務の不履行、その他セコムとの間で締結した契約等に違反したことを理由として過去にセコムとの契約を解除されたことがあるとき
A 金銭債務その他本契約に基づく債務の履行を怠るおそれがあるとき
B 第24条(反社会的勢力の排除)に該当したとき
C その他セコムが不適当と判断したとき
3. セコムは、この規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの提供条件は変更後の規約によります。セコムは変更後の規約を、変更後速やかにお客様に通知します。

(通知)

第4条
本契約に基づきセコムがお客様に対して行う通知その他の連絡は、セコムのホームページによる掲示、電子メール、書面等の方式のうち、適切かつ合理的な方式でこれを行います。
2. 前項の通知その他の連絡は、お客様の届けに従って行います。お客様の届け出た連絡先が事実とは異なるために通知その他の連絡がお客様に到達しなかったときは、その通知等が通常到達すべき時にお客様に到達したものとみなします。
3. 通知その他の連絡を電子メールにより行った場合は、セコムがお客様の届け出た連絡先のアドレスに電子メールを発信した時点、ホームページへの掲載により行った場合は、セコムがホームページに掲載した時点で、当該通知その他の連絡が到達したものとみなします。

(追加業務の料金の支払)

第5条
本契約に定めがない場合でも、お客様の依頼またはお客様の責めに帰すべき事由により、セコムがお客様に対して本サービスの提供を行い、またはそれを継続するために必要な業務、作業その他の行為を行った場合には、セコムはお客様に対して相当の対価を請求することがあります。

(契約期間)

第6条
本契約の契約期間はサービス開始日より1年間とします。

(サービスの開始)

第7条
本サービスは、お客様がUSBシンクライアントデバイスを受領した日から開始します。

(禁止行為)

第8条
お客様は、サービスの利用にあたって以下の行為をしないものとします。お客様が以下の各号に抵触する行為、またはその恐れのある行為を行っているとセコムが確認した場合は、セコムは本契約を直ちに解除することができます。
@セコムクラウド・専用OSの解析等、サービスの目的外利用
A公序良俗に反する行為
B犯罪行為
C他人の著作権等知的財産権、その他の権利を侵害する行為
D他人の財産、プライバシー等を侵害する行為
E他人の名誉を毀損しあるいは誹謗中傷する行為
Fサービスの運営を妨げ、もしくはセコムの信頼を毀損する行為
Gその他、法令に違反する行為

(指定ソフトウェア、通信機器等)

第9条
セコムは、本サービス利用のために必要または適したソフトウェア、通信機器等を指定することがあります。この場合、セコムの指定にかかわらずお客様が他のソフトウェア、通信機器等を用いたときは、本サービスを受けられないことがあります。

(正常作動保持責任)

第10条
お客様は、自己の責任と費用負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、ネットワーク接続業者との契約その他これらに付随して必要となるすべての機器およびサービスを準備するものとします。ただし、サービスによってセコムが準備する場合はこの限りではありません。
2. お客様のシステムの正常作動保持がなされず、セコムのサービス提供に支障があるとセコムが判断した場合は、セコムの要請に基づきお客様は自己の費用負担と責任において必要な処置を速やかに行いセコムに通知するものとします。

(お客様の義務)

第11条
お客様は、セコムから通知書等により通知されたサービスを利用するために必要な情報(ユーザーID、パスワード等を含みます)を管理する責任を負うものとします。
2. お客様は、USBシンクライアントデバイス、ユーザーID等を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
3. お客様のUSBシンクライアントデバイス、ユーザーID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により、お客様または第三者に発生した損害について、セコムはその責任を負わないものとします。

(自己責任の原則)

第12条
お客様は、本サービスの利用に伴い、自己の責に帰すべき事由で第三者に対して損害を与えた場合、または第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。

(サービスの一時的な中断および提供停止)

第13条
セコムは、 次の各号の何れかに該当する場合で緊急やむを得ない場合には、お客様への事前の通知または承諾を要することなく、本サービスの提供を中断することができるものとします。
@サービス用設備等の故障により保守を行う場合
A技術上の理由でやむを得ない場合
B第10条(正常作動保持責任)第2項の処置が行われない場合
Cその他天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合
2. 前項のほか、セコムは、サービス用設備等の障害等の理由により、本サービスの提供を一時的に中断できるものとします。
3. セコムは、お客様が第15条(契約解除)第2項および第24条(反社会的勢力の排除)に該当すると判断した場合またはお客様が利用料金未払いその他本契約に違反した場合には、お客様への事前の通知もしくは催告を要することなく本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとします。
4. セコムは、本条および第14条(通信利用の制限)による本サービスの中断・停止・制限がなされた場合、その他セコムの責に帰すことができない事由により本サービスを利用することができない状態が生じた場合は、本サービスの提供についての義務を一切免れるものとします。

(通信利用の制限)

第14条
お客様は、天災、事変その他の非常事態の発生により、通信需要が著しく輻輳し、通信の一部または全部を接続することができなくなったときは、本サービスが提供できなくなる場合があることを承諾します。
2. セコムは、お客様がセコムのサービス用設備に過大な負荷を生じる行為をしたときには、本サービスの利用を制限することがあります。

(契約解除)

第15条
お客様またはセコムが本契約に違反した場合、相手方が書面にて相当期間を定めて催告したにもかかわらず、なお違反が是正されないときは、相手方は直ちに、本契約の全部または一部を解除することができるものとします。
2. お客様またはセコムが次の各号の何れかに該当した場合、セコムは直ちに本契約の一部または全部を解除できるものとします。
@故意または重大な過失により他方の当事者に重大な損害を与えた場合
A通知内容等に虚偽があった場合
3.お客様またはセコムが第1項または第2項各号の何れかに該当する事由が生じたときは、本契約に基づき発生した相手方に対するすべての債務について直ちに期限の利益を失い、債務の全額を直ちに弁済するものとします。

(サービスの廃止)

第16条
セコムは、次の各号の何れかに該当する場合、本サービスの全部または一部を廃止するものとし、廃止日をもって本契約の全部または一部を解約することができるものとします。
@廃止日の3か月前までにお客様に通知した場合
A天災地変等不可抗力によりサービスを提供できない場合

(損害賠償の制限)

第17条
セコムは、本契約に基づくサービス提供中、セコムの責に帰すべき事由によりお客様に直接かつ現実に生じた通常の損害について、200万円を限度として、その損害を賠償します。
2. 前項の規定にかかわらず、セコムは、セコムの責に帰すべき事由によりインターネットバンキングを利用する際に必要となるID・パスワード等の盗難等がなされた場合、盗難等がなされた旨の通知をセコムが受領した日(以下「受領日」といいます)の31日以前に生じた損害、および受領日の翌日以後初めて到来する金融機関の営業日の午後12時以降に生じた損害については、その責任を負わないものとします。
3. 前各項に基づく制限は、セコムに故意または重過失があったときは適用されません。

(免責)

第18条
本サービスは、インターネットバンキングにおける不正送金やフィッシングサイトへの誘導等に関する全ての脅威を検知、もしくは排除できるものではなく、不正送金等の防止を保証するものではありません。
2. セコムは、お客様が本サービスを利用して正常にインターネットバンキングサイトまたは証券オンライントレードサイトへ接続したにもかかわらず、セコムの責任によらない事由で生じた損害に対して、その責任を負わないものとします。
3. セコムは、本サービスが利用できなかったことにより、お客様に生じた損害に対して、その責任を負わないものとします。お客様の端末の故障や誤作動による通信障害などにより、本サービス利用の際にお客様に生じた損害、または第三者からお客様に対する請求に対して、セコムはその責任を負わないものとします。
4. セコムの責に帰すことのできないサービス用設備の障害等により、本サービスにおいて記録されたお客様の情報が消失したために発生した損害について、お客様はセコムに何ら責任を求めることができません。
5. 前各項に定めるほか、次の事項については、セコムの責任の対象外とします。
@自然災害、電気・水道・ガス等の社会インフラ停止、戦争、テロ行為その他不可抗力により生じた損害
Aお客様が自己の義務の履行を怠ったために生じた損害
Bお客様のシステム(ハードウェア、ソフトウェアを含みます)に起因して発生した損害
Cセコムの責に帰すことのできない事由により正常な通信が行われない状態で生じた損害
Dセコムにおいて、善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない不正アクセスおよびウイルスに起因して発生した損害
E事故発生時点において、セコムの予想を超えた、暗号アルゴリズム解読技術の向上に起因する損害
Fインターネットバンキングシステムまたは証券オンライントレードシステムが正常に機能していない状況において生じた損害
Gインターネットバンキングシステムまたは証券オンライントレードシステム自体がウイルスに感染していたことに起因して生じた損害

(機密保持)

第19条
お客様およびセコムは、本契約の締結および実施にあたり知り得た相手方の機密情報を契約期間中、契約終了後を問わず、一切第三者に漏洩してはならないものとします。
2. セコムが機密情報を取り扱う場合、管理者を定め、本契約の目的に限り、使用、または利用できるものとします。

(通信記録)

第20条
お客様は、本サービスの利用にあたり、セコムクラウドが以下のログを収集することについて予め承諾するものとします。
@お客様のセコムクラウドアクセス時の許可・遮断を含めたアクセスログ
Aお客様がアクセスしたFQDN情報

(権利の帰属)

第21条
本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、セコムまたは第三者に帰属するものとします。

(権利・義務の譲渡禁止)

第22条
お客様およびセコムは、相手方の承諾を得ずに本契約上の権利・義務の全部または一部を第三者に譲渡することはできないものとします。

(第三者への委託)

第23条
セコムは、本サービスの全部または一部をセコムの責任で第三者に委託することができるものとします。この場合、セコムは、当該第三者に対し、本契約に基づきセコムがお客様に対して負う義務と同等の義務を遵守させるものとし、当該第三者の本サービスの実施に関し、お客様に対し責任を負うものとします。

(反社会的勢力の排除)

第24条
お客様側が暴力団等反社会的勢力であることが判明したとき、もしくは、暴力、脅迫その他の犯罪を手段とする要求、法的な責任を超えた不当な要求を行ったときは、セコムは直ちに本契約を解除することができるものとします。

(準拠法)

第25条
本契約の成立、効力、履行および解釈に関する準拠法は、日本法とします。

(協議等)

第26条
本契約に規定のない事項および規定された項目について疑義が生じた場合は両者誠意を持って協議の上解決することとします。

別紙−1 サービス内容

1.提供時間

本サービスの提供時間については、「9.サービス提供時間」を参照ください

2.提供区域

お客様は、本サービスの提供を受けるにあたり、PC等が良好な通信状態である地域、場所、状況に限り本サービスが提供されるものであることを予め承諾するものとします。

3.提供物

セコムは、お客様に対し以下を提供します。

4.お客様による準備

(1)お客様は、お客様の責任において次の環境を準備するものとします。

5.サービスの提供の前提条件

(1)本サービスの提供は、専用OSの利用を前提としています。

(2)本サービスのネットワーク環境はIPv4(インターネット・プロトコル・バージョン4)のみサポートします。

(3)本サービスは、日本国内において提供されるものとします。

6.サービス内容の詳細

本サービスで提供するサービス内容は以下のとおりです。

(1)USBシンクライアントデバイスの提供
セコムは、セコムにて事前に設定を行ったUSBシンクライアントデバイスをお客様に提供します。
USBシンクライアントデバイスには専用OSがインストールされており、起動後、ご利用環境のネットワーク設定を実施後、専用ブラウザによりホワイトリストの記載先にブラウザアクセスができます。

(2)セコムクラウド環境の提供
お客様のPCにUSBシンクライアントデバイスを接続し、インストールされたOSを起動することにより、セコムクラウドでのVPN認証、URLフィルタリングを実施し、専用ポータルサイトを経由してホワイトリストに掲載された金融機関等のサイトへアクセスできます。

(3)データファイルの保存場所の提供
お客様は、セコムクラウド内に用意したデータ保存場所にインターネットバンキングの利用時に使用するデータファイルおよび金融機関等のサイトより取得したデータファイルを保存できます。金融機関等のサイトより取得したデータファイルは、お客様のPCより印刷できます。データファイルは保存した日時より一定時間後に自動で消去されます。
本機能を利用するために、セコムが提供する2つのクライアント証明書を使用します。

USBシンクライアントデバイス用のクライアント証明書は予めインストールされています。また、USBシンクライアントデバイスには一時フォルダがあり、セコムクラウド内に用意したデータ保存場所とファイルを自動同期することができます。

(4)デバイス内ファイルの更新
セコムが提供したUSBシンクライアントデバイスにあらかじめ搭載したUSBシンクライアントデバイス用クライアント証明書は、有効期限の切れる前に、セコムクラウドから自動的に新しい証明書を取得して更新します。
また、セコムが提供したUSBシンクライアントデバイスにあらかじめ搭載した専用ブラウザ等ソフトウェアは、必要に応じて、セコムクラウドから自動的に新しいバージョンのソフトウェアを取得して更新します。

(5)クライアント認証用電子証明書の管理機能の提供
お客様がアクセスする専用ポータルサイトに掲載された金融機関サイトによっては、電子証明書によるログイン認証を必要とする場合があるため、USBシンクライアントデバイス上の専用ブラウザに対して、クライアント認証用の電子証明書を追加インストールできる機能を提供します。また、追加した電子証明書の照会、削除を行うことができます。
ただし、金融機関サイトによっては、電子証明書を取得できるブラウザ種類が限定されているため、本サービスの専用ブラウザには電子証明書を取り込めない場合があります。

7.サービスの運用

本サービスを提供するにあたっての運用については以下のとおりです。

(1)利用開始日
USBシンクライアントデバイスの利用開始日は、お客様住所にUSBシンクライアントデバイスが届いた日とします。

(2)接続先サイトの変更
お客様は、専用ポータルサイトにて接続可能な金融機関サイトを変更できます。
設定変更の受付は24時間365日で受け付けし、反映されるまでの期間は、上記申請の受付から5〜10営業日とします。反映作業は年末年始、祝祭日以外の平日9時〜17時に実施します。

(3)USBシンクライアントデバイスの初期不良
USBシンクライアントデバイスに初期不良(ログにてセコムクラウドへの正常接続が確認できないケース)がある場合は、お客様に対して、セコムより代替のUSBシンクライアントデバイスを送付します。初期不良のUSBシンクライアントデバイスは、お客様よりセコムへ送付するものとします。その際の送料はセコム負担となります。

(4)USBシンクライアントデバイスの故障・紛失
セコムが提供したUSBシンクライアントデバイスが故障(破損を含みます)した場合、またはお客様が紛失した場合は、「11.お問い合わせ窓口」に記載の窓口に連絡してください。利用端末IDを連絡いただくことにより、該当デバイスの利用停止措置を実施します。
また、お客様に対して、セコムより代替のUSBシンクライアントデバイスを送付します(紛失およびお客様事由による故障の場合は、再発行料として1,500円(税別)/1本をお支払いいただきます)。故障の場合、故障したUSBシンクライアントデバイスは、お客様よりセコムへ送付するものとします。その際の送料は、お客様事由による故障を除き、セコム負担となります。

(5)USBシンクライアントデバイスの利用終了
利用を終了したUSBシンクライアントデバイスは、お客様の責任で廃棄するものとし、貸与、譲渡、売買等を行わないものとします。

8.データファイル保存時のID、パスワード

データファイルの保存場所を初回に利用する際のIDは自動生成されます。パスワードについてはお客様にて初回利用時に登録を実施します。

9.サービス提供時間

24時間365日をサービス提供時間帯とします。
ただし、サービス用設備等の障害等の理由により、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。

10.サービス保守/障害対応

計画保守を以下のとおり行います。

@セコムがシステムのハードウェア、ソフトウェア等に関するバージョンアップ、パッチの提供が必要と判断した場合、セコムクラウドに設置されている各システムのバージョンアップ・パッチ適用作業を実施します。本作業時には、提供機能の一部停止を伴う場合があります。

Aメンテナンス実施時間については、セコムが指定するものとします。

Bサービスに影響のあるメンテナンスは、原則メンテナンス予定日の10営業日前までにセコムより通知します。

11.お問い合わせ窓口

セコム・プレミアムネット サポート窓口

@受付時間:24時間365日
問い合わせ対応および各種登録変更対応は、法令で定める祝祭日、および年末年始休日(12/30〜1/3)以外の平日(月〜金) 09:00〜17:00となります。

A受付電話番号: 0120-399-756

B受付メールアドレス: premiumnet@secom.co.jp


別紙−2 動作条件

動作条件

USBシンクライアントデバイスを利用するには以下の条件を満たしたクライアント用PCを用意する必要があります。
サービスの機能拡張などに伴い、今後、動作条件を変更する場合があります。最新の動作条件についてはセコムへお問い合わせください。

■ Windows7 以前用のUSBシンクライアントデバイスの動作環境

項目 スペック ※1
CPU x86 1GHz以上
メモリ 1GB以上
ディスプレイ解像度 1024 × 768以上
LAN(有線) 10Base-T、100Base-TX、1000Base-TX ※2
LAN(無線) IEEE802.11abg
USB USB 1.1/2.0/3.0
ファームウェア BIOSのみ ※3 ※4

※1 動作環境の各項目は専用OSを起動するための最低動作環境となります。端末メーカー仕様により利用できない場合があります。

※2 ネットワークアドレス環境としてIPv6アドレスでの利用はサポートしておりません。IPv4環境をご利用ください。

※3 UEFI搭載のPCには対応しておりません(UEFI搭載のPCをBIOSモードに切り替えたことに伴う事象については責任を負いかねます)。Windows8以降のOSを搭載したPCには対応しておりません。

※4 USB、CDROMドライブをサポートしている必要があります。

・Adobe Flash Playerは対応しておりませんので、Flashムービー等のコンテンツは表示されません。

■ Windows8 以降用のUSBシンクライアントデバイスの動作環境

項目 スペック ※1
CPU x86 1GHz以上
メモリ 1GB以上
ディスプレイ解像度 1024 × 768以上
LAN(有線) 10Base-T、100Base-TX、1000Base-TX ※2
LAN(無線) IEEE802.11abg
USB USB 1.1/2.0/3.0
ファームウェア UEFI のみ ※3 ※4

※1 動作環境の各項目は専用OSを起動するための最低動作環境となります。端末メーカー仕様により利用できない場合があります。

※2 ネットワークアドレス環境としてIPv6アドレスでの利用はサポートしておりません。IPv4環境をご利用ください。

※3 Windows7以前のOSを搭載したPCでは動作致しません。

※4 USB、CDROMドライブをサポートしている必要があります。

・Adobe Flash Playerは対応しておりませんので、Flashムービー等のコンテンツは表示されません。

■ データファイルの保存場所利用時のPC動作環境

OS ブラウザ
IE6 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11 その他
Windows Vista 32bit ×
64bit ×
Windows 7 32bit ×
64bit ×
Windows 8 32bit ×
64bit ×
Windows 8.1 32bit ×
64bit ×

◯ 利用可能
× 利用不可